AOMEI ユニバーサル復元の FAQ

Q: システムが他の異なるハードウェアのコンピュータに復元された後、なぜそれが正常に起動できないのですか?

  1. A:ユニバーサル復元」がチェックされたことを確認してください。ソースシステムがインストールされたコンピュータとターゲットコンピュータのハードウェア環境の間で差がある場合、復元されたオペレーティングシステムが正常に起動するには 「ユニバーサル復元」をチェックする必要があります。

  2. 多分コンピュータディスクモード( AHCI IDE RAID)が変更されました。ユニバーサル復元を使用した後、ディスクモードは、変更することはできません。換言すれば、ディスクモードでは、システムの復元中に、ディスクモードがAHCIであれば、復元後のディスクモードを前ように維持してください。AHCIではなければ、システムが正常に起動しません;IDE RAIDも同じです、それらのディスクモードがソースディスクと同じままにする必要があります。(ディスクモードについては、BIOSのマニュアルをご参照ください) 。

  3. AOMEI Linuxブータブルメディアは、ユニバーサル復元をサポートしていませんので、ユニバーサル復元操作はWindowsまたはWindows PEブータブルディアの下で実行することを確認してください。

  4. システムを復元するターゲットコンピュータのBIOSバージョンがInsydeH20 Rev.3.7バージョンより高級である場合、手動でBIOS設定に入て「終了」項目の「OSの最適化の規定値」を設定する必要があります:

    • 復元されたOSは、Windows 7である場合、パラメーターを「 win7のOS 」に設定する必要があります。
    • 復元されたOSは、Windows 8である場合、パラメーターを「 win8 64ビット 」に設定する必要があります。
    • 復元されたOSは、他のWindows システムである場合、パラメーターを「 他のOS 」に設定する必要があります。

    この方法しか、システムに復元された異なるマシンが正常に起動することができません。

Q: それを鼓動する時に、コンピューターは活性化が延滞であるとプロンプトに関する問題

あるコンピューターから他のコンピュータへ正規のWindowsを復元した後、システムは、システムを起動した後に再びアクティブにする必要があるとプロンプトすることが正常です。アクティベーションコードを使用する限界があるという事実のため、再度システムを活性化する必要があります。

Q: ユニバーサル復元を使用した後、再びソフトウェアをアクティブする問題。

あるコンピューターから他のコンピュータへ正規のWindowsを復元した後、課金アプリケーションまたはソフトウェアは、システムを起動した後に再びアクティブにする必要があるとプロンプトすることが正常です。アクティベーションコードを使用する限界があるという事実のため、再度課金アプリケーションまたはソフトウェアを活性化する必要があります。

Q:コンピューターはグラフィックスカード、ネットワークカード及びサウンドカードドライブなどをインストールする問題。

ユニバーサル復元はあるコンピューターから他のコンピューターにシステムを復元した後にシステムを正常に起動することを確保します。グラフィックカード、ネットワークカード、サウンドカードドライブなどのようなシステムブートに関連していない一部のドライブについては、手動でそれらをインストールすることが必要です。