AOMEI Backupper FAQ

Q: AOMEI Backupperコマンドラインを使用してバックアップする場合他の注意点がありますか?

A: 四つの注意点があります:

  • コマンドラインを使用することによってディスク(CD / DVD )へデータをバックアップすることができません。ディスクへデータをバックアップしたい場合、 AOMEI Backupper GUIを使用してください。
  • ダイナミックボリュームをバックアップしますが、ダイナミックボリュームにはドライブ文字がない場合は、まずそれにドライブ文字を割り当てる必要があります。その後、コマンドラインを使用してそれをバックアップします。
  • AOMEI Backupperコマンドラインプログラムを実行するには、ユーザーが管理者権限を持つ必要があります。非管理者ユーザーであれば、バックアップ•プロセスを完了するには正しいアカウント情報を入力する必要があるとウィンドウはポップアップ表示されます。
  • 共有ネットワークまたはNASへデータをバックアップする場合、ネットワークパスを識別できるように、「\\ 192.168.0.10フォルダ名」 のような有効なIPアドレスを提供する必要があります。

Q: AOMEI Backupperでファイル/フォルダをバックアップする場合他の注意点がありますか?

A: 五点があります:

  • 一時のファイル、ごみファイル及びその他の無駄なデータのバックアップを回避するには、我々は、まず、データをクリーンアップして、それからバックアップを実行することを勧めします。
  • ごみ箱内のファイルとフォルダをバックアップすることはできません。
  • AOMEI Backupperは効果的にNTFS圧縮ファイルEFS暗号化やファイルのようなファイルをバックアップすることができますが、復元後、ファイルはNTFS性がありません。
  • AOMEI Backupperは自動的にNTFSファイルとそのセキュリティ権限と一緒にバックアップすることができます。また、ファイルとそのセキュリティ権限を復元することもできます。
  • 我々は、まず、同じフォルダにバックアップしたいファイルを入れて、それからフォルダをバックアップすることをお勧めします。これらのファイルを保存するには、いくつかのバックアップソースを追加するより、バックアップリストに一つだけのバックアップソースを追加すればいいです。(注意:バックアップリスト内の各単位の項目が、バックアップソースと呼ばれています) 。これで、バックアップ管理がより便利になります。我々は、バックアップリストにあまりにも多くのバックアップソースを追加することを勧めません(例えば、バックアップ元の数は2000以上に達した場合)。

Q: 私はメッセージを受信しました: 「プログラムは、コンピュータを再起動できない場合、または再起動モードに入られない場合、あなたは...ことができます」、この問題を解決するには、私はどうしましょうか?

A: いくつかのファイルまたはパーティションが他のプログラムによって占有されている場合、復元操作が再起動モードで実行されます。しかし、タスクが実行されている間に停電などのようないくつかの不明なエラーでAOMEI Backupperは、自動的に再起動モードに入られない可能性があります。

ソリューション:常にレガシーブートモード(UEFIブートモードではない)に基づいて、Windows PEブータブルディスクを作成したことを確認し、または手動でLinuxブータブルディスクを作成します。これは、データを復元するには、ブータブルディスクからコンピュータを起動することができます。

Q: 私はメッセージを受信しました:「ブータブルUSBまたはディスクを作成することができない場合、...ことができます。」問題を解決するには、どうしましょうか?

A: 「CD / DVDに書き込む」または 「USBブートデバイス」オプションを使用して、ブータブルディスクを作成する場合、作成プロセス中にいくつかの未知のエラーが発生したので、ブータブルUSBドライブまたはブータブルディスクを作成することができません。別の解決策によってこの問題を解決することができます: 「ブータブルメディアを選択」ダイアログ•ボックスで、「 CD / DVDに書き込む」と「 USBブートデバイス」ではなくて、「ISOファイルをエクスポート」を選択して、サードパーティ製の焼くツール を使用して、ISOファイルをUSB 、 CDまたはDVDに焼き込みます。

Q: 私がメッセージを受信しました: 「ブータブルディスクが完了する場合、コンピューターを起動できなければ、あなたは...ことができます 」問題を解決するには、どうしましょうか?

A: 別のソリューションによってこの問題を解決することができます:代わりに、レガシーブートモード( UEFIブートモードではない)に基づいて、 Windows PEブータブルディスクまたはLinuxブータブルディスクを作成します。「ブータブルメディアを選択」ダイアログ•ボックスで、「 CD / DVDに書き込む」と「 USBブートデバイス」ではなくて、「ISOファイルをエクスポートする」を選択して、サードパーティ製の焼くツール を使用して、ISOファイルをUSB 、 CDまたはDVDに焼き込みます。

Q: AOMEI Backupperは、UEFIベースのシステムドライブのバックアップと復元をサポートしていますか?

A: はい、復元後、システムが起動できるのを確保した場合、それは、UEFIブートバックアップと復元を完全にサポートしています。詳細はこちらをクリックしてください。

Q: AOMEI Backupperは、ダイナミックボリュームのバックアップおよび復元をサポートしていますか?

A:はい、ベーシックディスク上のパーティションのバックアップと復元と同様にダイナミックボリュームをバックアップまたは復元することができます。ダイナミックディスクの上のシステムパーティションを復元したい場合、それを元の状態に復元する時、システムは起動可能であることを保証する必要があります。

Q: 私はメッセージを受信しました: 「イメージファイルはダイナミックボリュームに存在するので、Windows PEをベースにしてブータブルCDを作成する必要があります... 」この問題を解決するには、どうしましょうか?

A: 復元のプロセス中に、プログラムはまだターゲットパーティション上で実行してる場合、復元プロセスを完了するには、プログラムは自動的にLinuxブータブルCDまたはWinPEブータブルCDからコンピュータを再起動し、AOMEI Backupperを実行します。ダイナミックパーティション内のイメージファイルはLinuxブータブルCDによって認識されないので、この問題が発生します。 問題を解決するには:

  • ベーシックパーティションへこのイメージファイルをコピーし、それから再度復元します、または
  • WinPEブータブルCDを作成するには、「ユーティリティ」- >「ブータブルメディアの作成」をクリックします。WinPEブータブルCDは、ダイナミックボリューム内のイメージファイルを認識することができます。その後、デスクトップ上のAOMEI Backupperを実行するまたはこのCDを使用して、復元プロセスを完了します。

ブータブルメディアの作成についての詳細はこちら をクリックしてください。

Q: 私は、メッセージを受信しました:「イメージファイルは共有/ NASネットワークに存在しているので、ブータブルCDを作成する必要があります...」問題を解決するには、どうしましょうか?

A: イメージファイルが共有フォルダまたはNASデバイスに保存されている場合、ターゲットパーティションには閉じられない実行中のプログラムがあれば上記のメッセージが受信されます。

問題を解決するには、「ユーティリティ」->「ブーツブルメディアの作成」をクリックしてブータブルCDを作成します。その後、このCDを使用して、コンピュータを起動して、復元プロセスを完了します。

ブータブルCDを使用してシステム復元する詳細については、こちら をクリックしてください。

Q: 私は、メッセージを受信しました:「システムパーティションがダイナミックディスクに存在しているので、ブータブルCDを作成する必要があります... 」この問題を解決するには、どうしましょうか?

A:この問題を解決するには、利用可能な方法が二つあります:

  • Windows PE( LinuxブータブルCDではない)をベースにしてブータブルCDを作成するには、「ユーティリティ」- >「ブータブルメディアの作成」をクリックします。その後、Windowsのデスクトップ上のAOMEI Backupperを開いて、再実行します。
  • まずは、LinuxブータブルCDまたはWindows PEブータブルCDを作成します。その後、BIOSの最初のブータブルデバイスとしてこの作成したCDをセットします。この方法で、コンピュータの電源がオンになった場合AOMEI Backupperが自動的に実行されます。また、復元プロセスを完了するには、主体インターフェイスの「復元」ボタンをクリックしてから「パス:パスを参照してイメージファイルを選択します」をクリックします。

ブータブルCDによっての復元の詳細についてはこちら をクリックしてください。

Q: システムをバックアップしている時、なぜプログラムが4098エラーコードを報告しますか?

A:お使いのシステムがGPTディスクにインストールされることとどれがダイナミックディスクであることを確認してください。プログラムは、ダイナミックディスクの上でGPTシステムをバックアップすることをまだサポートしていません。

Q: システムを復元してる時なぜパーティションのサイズを変更することができませんか?

A:システムパーティションとブートパーティションは異なるパーティションにインストールされた場合、手動で宛先ディスク上のシステムパーティションのサイズを変更することができませんが、そのスペースより小さいパーティションへシステムを復元することができます。復元中、宛先パーティションを調整するには、AOMEI Backupperは自動的にシステムのスペースのサイズを変更しますから。

Q: AOMEIのファイル同期を使用している時に他の注意電がありますか?

A: 四つがあります:

1.同期したいファイルが、深いレベルのディレクトリに保存されている場合は、ソースフォルダのパスが長すぎるようになります。それはターゲットフォルダに同期されたら、復元パスが長すぎるようになる可能性もあります。この状況は、同期が失敗の原因となります。

2. ファイルを同期した後、ターゲット•ファイルとフォルダ上の削除、追加、名前の変更などの変更の一つは、ターゲットファイルまたはフォルダが元のものと一致しない原因になります。この状況は、ファイル管理に悪い影響を与えます。

3. AOMEIファイルの同期は、VSS (ボリュームシャドウコピーサービス)をサポートしています。ですから、AOMEI Backupperが他のプログラムによって占有されているファイルを同期することができます。しかし、お使いコンピュータ内の「ボリュームシャドウコピーサービス」が有効な状態であることを確保する必要があります。

4. AOMEIファイル同期の主な機能は、ユーザーのビジネスファイルとユーザーデータファイルを同期することです。 しかしながら、ソースフォルダには特別なシステムファイルまたは特別なセキュリティ属性があるファイルが含まれている場合(例えば C:\boot\bcd, C:\Windows\CSC)、それらが同期されません。

Q: コマンドラインでドライブ文字を持っていないダイナミックボリュームとパーティションをどのようにバックアップまたはクローンしますか?

A:

1.パーティションにはドライブ文字がない場合は、このパーティションを指定するには、ディスク上のパーティションのインデックスを使用することができます。例えば、パーティションDは、最初のディスクの第2の位置にあり、あなたが「1:2」をドライブ文字Dと交換することができます。そして、プログラムの問合せコマンド「/ L」によってディスクとパーティションのインデックスを見つけることができます。

2.ダイナミックボリュームにはドライブ文字がない場合、まず、ダイナミックボリュームにドライブ文字を割り当て、それから、バックアップを実行します。

Q: バックアップスキームが、無効になったのはなぜですか?

A:

1.それはフルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップまたはバックアップスキームを実行した後に手動でイメージファイルを削除したかもしれません。それでバックアップタスクのバージョンチェーンが損傷され、バックアップスキームを無効させます。

2.または、プログラムその自分自身は、何か違いを持っていますから、この状況で、私達のサポートチームに連絡する必要があります。

Q: なぜイメージファイルをインポートし、タスクを生成することができないのですか?

A:

それはインポートしたイメージファイルの対応するタスクがタスクリストに存在いていますので、新しいタスクが後に生成されません。イメージファイルをインポートする機能は、今のところ対応するタスクを持っていなイメージファイルだけサポートしており、このように、タスクリストに対応するタスクが生成されます。

Q: タスクスケジュールの「詳細」でフルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップを設定した後にタスクスケジュールが実際に実行されなかったのはなぜですか?

A:

1.それは、おそらくスケジュールタスクを作成したが、すぐにバックアップをしなかったのです。どんな操作の種類を設定しても、プログラムは最初にフルバックアップを行って、それから、あなたの設定のバックアップタイプを動作します。

2.それはスケジュールタスクを設定した時に、またスケジュールスキームを設定したかもしれません。もしそうであれば、プログラムは、設定したバックアップの種類を無視しますが、バックアップスキームの設定に従ってバックアップ操作を実行します。