増分バックアップと差分バックアップ

時間の進むにつれて、より多くのデータやファイルがシステムドライブ、データ•パーティションなどに保存されます。データの整合性を確保するには、定期的に変更されたデータをバックアップすることが重要です。

ここには使用可能なオプションが3つあります。フルバックアップ増分スキームおよび差分スキーム。以下の段落は、それらの違いを説明し、バックアップ計画を決定することに役立ちます。

バックアップ

ヒント:増分または差分バックアップの実行方法を表示するスクリーンショットとステップバイステップガイドについては、こちらをクリックしてください:増分および差分バックアップを実行する方法

フルバックアップ

フルバックアップは、バックアップが実行される時に選択したフォルダ、パーティションやハードディスク上のすべてのデータのスナップショットを取得して、イメージファイルに保存します。フルバックアップは、常に増分および差分バックアップの基礎です。フルバックアップは、そのイメージ内のすべてのファイルとフォルダをイメージが作成されたときの状態に復元する時に使用されます。

フルバックアップを実行した後、増分および差分バックアップを作成することができます。これらは、同じデータのフルバックアップよりも作成することが遥かに高速であり、作成したイメージもより小さいです。

フルバックアップ

増分スキーム

増分バックアップが前回の関連するバックアップに基づいて変更され、新しい追加されたファイルのスナップショットを取ります、それはフルまたは増分バックアップと関係ないです。変更されていないデータはバックアップされません。フルバックアップは一連の増分バックアップの開始点です。典型的なセットは、次のようです:

フルバックアップ、基礎として
増分バックアップ1
増分バックアップ2

増分バックアップn

増分バックアップシリーズの全てのイメージファイルがシーケンシャルリレーションシップを共有します。

任意の増分バックアップは実行されたときに、親のフル•バックアップを回収することにより、その間の各増分バックアップによって順番に続くことで全てのデータは状態に回復することができます。

シーケンスには増分イメージファイルの任意の一つが損傷または損失されたら、サブセクエントのイメージファイルが無効になります。

「フルバックアップ+定期に増分バックアップ」は常に使用されるバックアップシナリオです。

増分バックアップ

差分スキーム

差分バックアップはいつも直接にそのオリジナルフルバックアップと関連します。フルバックアップが実行された後、それは追加された、変更されたデータを全てバックアップします。差分バックアップのイメージファイルの一つが損傷または損失されたら、他のファイルに影響しません。

差分バックアップが必要な差分バックアップに続いて親フルバックアップを回収することにより、実行されたときにすべてのデータは状態に戻すことができます。時間の進むにつれて、それぞれがフルバックアップが行われた以降に行われた多くの変更が含まれていますので、それぞれの差分バックアップは、次第に大きくなります。

増分バックアップと比較して、差分バックアップの方が時間とディスクスペースがかかります。

差分バックアップ

フルバックアップ + 増分バックアップまたは差分バックアップ

上記のデモを見ると、「フル·バックアップ+増分バックアップ」または「フル·バックアップ+差分バックアップ」の方法は、単一のフルバックアップより便利であることが分かっています。そのため、フルバックアップをした後に、変更され、新たに追加されたデータやファイルを対処するには増分バックアップまたは差分バックアップを選択することができます。これは、より効率的です。

それに、「フル·バックアップ+増分バックアップ」の方法は、他のアプローチよりも頻繁に使用されています。それは、最後のバックアップ以降に変更されたファイルを扱います。定期的にデータをバックアップする場合、この方法がより素敵で、時間の節約になります。 「フル·バックアップ+差分バックアップ」の方法も素敵なソリューションです。ただし、増分バックアップに比べて、それはより多くの時間がかかりますし、また、イメージファイルを保存するために、より多くのスペースを必要とします。