システムクローン/システム移行

よりよいスピードとパフォーマンスのために新しいドライブを変更するまたは単に別のドライブにオペレーティングシステムを移行する場合(SSDへの移行など)、システムクローンは、目的を実現することができる優れた機能です。これは、ターゲットドライブにオペレーティングシステムにとって必要なすべての関連するパーティションをクローンします。

オペレーティングシステムをクローンするには

  1. 1. 「クローン」を選択してから「システムクローン」を選択します。
  2. システムクローン

  3. 2. ターゲットパーティション(クローン先のパーティション)を選択して、「次へ」をクリックします。選択した場所は、使用中のパーティションである場合、ウィンドウはポップアップを表示してこのパーティションが削除または上書きされることを提示します。続行するには、「はい」をクリックしてください。
  4. クローン先

  5. 3. 操作概要ウィンドウをビューすると2つのオプショナル機能があります。「セクタ単位のクローン」をチェックして使用されているか否かに関係なく、システムパーティションのすべてのセクタをコピーしますが、多くの時間がかかります。また、ターゲットパーティションがSSDにある場合、パフォーマンスを最適化するには「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」オプションをチックします。
  6. 操作概要

  7. 4. 「開始」 をクリックして操作を実行します。

スクリーンショットが付いた詳細については、システムクローンのやり方をご参照ください。

ヒント:
  • 手動でシステムパーティションを選択する必要がありません、プログラムはデフォルトでパーティションを選択します。
  • ソースディスクを宛先ディスクにしてはいけません。選択するディスクの容量がシステムパーティションを収容できることを確保してください。
  • クローンが成功に実行された後、コンピューターをシャットダウンします。BIOSに入って最初のブートデバイスとしてクローンされたシステムディスクを設定してから宛先ディスクからブートするにはコンピューターからソースドライブを削除してコンピューターを再起動した方がいいです。その後、二次記憶デバイスとして再度コンピュータにソースドライブを接続することができます。
  • システムクローンはAOMEI Backupper Standardにロックされ、まず、それをロックを解除する必要があります。