AOMEI ユニバーサル復元/異なるハードウェアの使用方法

AOMEI ユニバーサル復元

AOMEI Backupperのユニバーサル復元機能は異なるハードウェアを使用してコンピュータにオペレーティング•システム(OS)を復元することができます。そのため、ハードウェア障害が発生した場合にすぐお使いのOSを復元し、多くのコンピュータに同じオペレーティングシステムを展開することができます。また、物理から仮想へまたは仮想から物理への移行などの他の目的に使用することができます。

AOMEI ユニバーサル復元の作用は:

  • 異なるハードウェアの上でのクラッシュしたシステムのインスタントリカバリ。コンピュータがクラッシュして、それを復元したい場合、AOMEI Backupperでシステムイメージを作成し、これを使用して、システム障害のコンピュータを救出します。
  • 異なるハードウェアを持つマシンへの移行。AOMEIユニバーサル復元を使用して、お使いのコンピュータに別のコンピュータで作成したシステムイメージを復元することができます。
  • システムリカバリのためにリアルから仮想および仮想からリアルへのコンピュータの移行だけでなく、テストや他の目的。異なるシステムをインストールしてソフトウェアまたはその他の機能をテストするには、ソフトウェアテスターは、それを使用して実際のコンピュータと仮想マシン間でシステムをインストールします。
  • ハードウェアが変更されたコンピュータ。マザーボード、CPUなどのようなハードウェアを変更した場合、コンピュータはシステムを再インストールする必要があります。システムを再インストールすることを回避するには、AOMEIユニバーサルリストアを使用してシステムをインストールことができます。
  • システムをインストールする必要があるコンピュータ。LAN内のコンピュータを維持したい場合は、まず、コンピュータをインストールし、それから、このコンピュータのドライブとアプリケーションを設定し、システムイメージをバックアップすることができます。そして、AOMEI PXEブートツール または ブータブルメディアで他のすべてのコンピュータを起動し、AOMEIユニバーサル復元を使用して、システムイメージを復元することができます。異なるコンピュータと配置のため、この方法は、システムとアプリケーションのインストールに多くの時間を節約することができます。

他のコンピュータのシステムイメージで障害コンピュータをどのように回復しますか?

前述したように、、多くの状況にAOMEI ユニバーサル復元をすることができて、異なるハードウェアの上のクラッシュシステムのインスタントリカバリは、良い例です。この手順は2台のコンピュータが必要なので、良好な状態の一つのコンピュータにAOMEI Backupperをインストールし、それを使用してシステムイメージを作成する必要があります。コンピュータがクラッシュしたので、AOMEI BackupperまたはAOMEI PE BuilderでWinPEを作成する必要があります。それは他のコンピュータのシステムイメージを使用して、あなたのコンピュータを起動して、復元することができます。集計では、くつかのツールを準備する必要があります。

ヒント: USBフラッシュドライブにブータブルメディアを作成した後、システムイメージをUSBドライブにコピーすることができます。または、LANにシステムイメージをアップロードすることもできます。

準備ができたら、下記の手順で操作を行います:

ステップ1. お使いのコンピューターにAOMEIブータブルメディアをブートデバイスとして設定して、AOMEI Backupperを起動します。そして、 「復元」オプションをクリックして、復元したいシステムイメージを選択します。

ヒント:バックアップリストにはシステムイメージがいくつかあるかもしれません。復元したいイメージシステムは、他のコンピュータで作成されてたので、「パス」ボタンをクリックして、手動でシステムイメージを追加する必要があります。

ユニバーサル復元

ステップ2. このステップでは、選択できるバックアップ時間点がいくつかあるかもしれません。ちなみに、「システムを他の場所に復元」をクリックすることもできます。クリックした後、一つのパーティションが新しいシステムを格納するために選択されます。上記の手順を終えた後、「次へ」をクリックしてください。

時間点選択

ステップ3. このステップでは、システムイメージを確認し、復元したい場所を選択します。Cドライブ以外の場所にシステムを復元したい場合は、インターフェイスの下部にある「システムを他の場所に復元」をクリックします。現在のシステムパーティションを復元したい場合は、「次へ」をクリックしてください。

場所選択

ヒント: 選択したパーティション内のすべてのデータが、バックアップされていることを確認してください。選択したパーティションが上書きまたは削除されますから。

ステップ4. AOMEIユニバーサル復元は、このステップで動作します。復元したいシステムイメージが他のコンピュータで作成されたので、二つのコンピュータ上のアプリ、ソフトウェアだけなくて、システムさえ違いがある可能性があります。そのため、「ユニバーサル復元を有効にする」をクリックする必要があります。最後に、「開始」をクリックします。

編集

ヒント:選択した宛先パーティションはSSDにある場合は、読み取りと書き込みの速度を向上させるために「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をクリックします。

全体のプロセスは非常に簡単です。 AOMEIユニバーサル復元はAOMEI Backupperの復元の追加機能です。復元のプロセスが前のバージョンの復元操作とは異なりはありません。唯一の違いは、コンピュータに他のコンピュータで作成したシステムイメージを復元することができるということです。この機能は、異なるコンピュータ間で橋のようであり、この機能を利用して、システムをバックアップせずにコンピュータを無期限に修正、インストールすることができます。コンピュータ障害に心配しないでください。

注意: 復元した後、ディスプレイドライブ、NICドライブ、またはオーディオドライブなどの多くのドライブを再インストールする必要があります。そうでなければ、コンピュータのデバイスは正常に使用できません。