AOMEI PXEブートツールを使用する方法

コンピュータが起動に失敗した場合、通常、我々はコンピュータを起動するためにLinuxマイクロシステムまたはWindows PEマイクロシステムのブータブルCDまたはブータブルUSBフラッシュドライブを使用します。我々はあまりにも多くのコンピュータにシステムをインストールする必要がある場合、例えば、システムをインストールする必要がある100のコンピュータがあり、異なるコンピュータの配置が異なって、例えば、コンピュータにCDドライブまたはUSBフラッシュドライブのポータルがない可能性がありますので、 我々はCDまたはUSBを挿入して、コンピュータを一つ一つブートすることができません。

このような問題をどのように解決しますか?この状態では、AOMEI PXEブートツールがキーです。LAN内(サーバであってもよい)の一台のコンピュータにAOMEI PXEブートツールを実行して、ネットワークから他のコンピュータ(一部のクライアントまたはターゲットコンピュータ)を起動すればいいです。

AOMEI PXEブートツールについて

AOMEI PXEブートツールは、ネットワーク内でマイクロシステムから多数のコンピュータを起動することができます。大まかに言えば、サードパーティ製のツールを使用してWindows PEマイクロシステムを作成することができます。またAOMEI Backupperが提供したツールを使用してブータブルLinuxイメージまたはWindows PEイメージファイルを作成ことができます。AOMEI PXEブートツールを使用し、これらのマイクロシステムから他のクライアントまたはターゲットコンピュータの起動することができます。起動後、提供されたツールを使用してイメージファイルに基づいてバックアップ、復元またはシステムを維持することができます。

AOMEI PXEブートツールの利点

相手のPXE機能と比較すると、AOMEI PXEブートツールは、自分の機能を備えています。

  • AOMEI PXEブートツールは、自分でブータブルマイクロシステムの作成をサポートしています。そのため、強力なLinuxブータブルISOまたはWindows PEブータブルISOイメージを持っていた場合、LAN内のコンピュータを起動することができます。
  • AOMEI PXEブートツールは、LinuxブータブルISOまたはWindows PEブータブルISOイメージを直接に作成することができます。それらを持っていない場合は、AOMEI PXEブートツールでそれらを作成することができます。もちろん、AOMEI Backupperを使用して、ブータブルISOファイルを作成することができます。手順はAOMEI Backupper - >ユーティリティ - >ブータブルメディアの作成です。
  • デスクトップで強力なPEマイクロシステムを使用したい場合は、AOMEIによって提供されたフリーウェアAOMEI PE Builderを使用して、ISOファイルを作成することができます。その後、AOMEI PXE ブートツールでそれを使用することができます。
  • 他のプラグインやプログラムを展開する必要はありません。ただAOMEI Backupperをインストールし、この機能を使用することができます。

AOMEI PXEブートツールを使用するには

AOMEI PXEブートサービスを開始

ステップ 1. 正常に起動できるサーバまたはPCにAOMEI Backupperをインストールして、それを起動します。「ツール」を選択してから「AOMEI PXE Boot Tool」を選択します。


 

ステップ 2. システムをロードする環境を選択して、コンピュータを起動します。


 

三つのオプションがあります。

  • AOMEI WindowsPEシステムからブート:これは、お勧めのオプションです。このツールは、ネットワークブート用のWindows PEシステムを直接に作成することができます。
  • AOMEI Linuxシステムからブート:このオプションは、他のクライアントがネットワークにLinuxシステムイメージをロードすることができます。
  • カスタムイメージファイルからブート:AOMEI PE BuilderまたはバートPEによって作成された特殊なマイクロシステムをロードすることができます。

ステップ 3.「開始」をクリックした後、AOMEI PXEブートツールは、関連するデータを自動的に配置し、ターゲットコンピュータを待機するサービスを開始します。


 

ネットワークブート用のLAN内のクライアントを設定

ネットワークブート用のLAN内のクライアントコンピュータを設定します。クライアントをオープンし、それらはシステムに入る前に、特定のホットキーを押してBIOSに入ります(通常は、ホットキーは、F8またはDELであり、それはご使用するコンピュータモデルによって異なります)。その後、BIOSの設定で「ネットワークブート」を有効にします。 我々はお使いのコンピューターがUEFIモードでブートする場合、BOISで伝統的なブートモード--- 「レガシーブートモード」に設定することを勧めします。

クライアントコンピュータを再起動し、特定のDELキーを押し、「UEFIデュアルBIOS」を入力します。PXEネットワークブート向けの手順に従って操作することができます。

ブートモードの選択
BIOS機能 - > CSMサポート - >ブートモードの選択をクリックして、「Enter」キーを押して「起動モードの選択」に入ると、ポップアップウィンドウが表示され、「UEFIとレガシー」または「レガシーのみ」を選択します。


 

PXEブートオプションを有効にします
矢印を下へドラッグして、「LAN PXEブートオプションROM」を選択し、「有効」に「無効」からそのステータスをオンにします。


 

PXEオプションを最初のブートデバイスとして設定します。
「ブートオプションの優先順位」の「ブートオプション#1」を選択し、Enterを押して「RealtekPXE B02D00」を選択することができます。


 

最初のブートデバイスを設定する代わり
また、コンピュータを再起動し、キー(F12またはF11)を押すと、ウィンドウがポップアップされます。その後、最初のブートデバイス「RealtekPXE B02D00」を選択して、Enterキーを押します。


 

最後に、次のスクリーンショットを見られます。これはあなたのコンピュータがPXEネットワークからブートされることの意味です。ネットワークの速度やブータブルイメージファイルのサイズによっては数分待つ必要があるかもしれません。


 

BIOSの設定についてより多くのケースについてはは、BIOSでPXEブートの設定方法をご覧ください!

サマリー

AOMEI PXEブートソフトウェアは、CD-ROMまたはUSBフラッシュドライブを使用せずにベアメンタルを起動し、システムをインストールまたは維持する環境を提供することができます。このツールを使用して、企業にとっても個人にとっても、システムを維持することが簡単になります。

ヒント:

  • PXEブートプロセスを1-2分待つ必要があります。
  • PXEに適用するすべてのコンピュータは、同じネットワークセグメントになります。
  • サーバーに接続するコンピューターがあまりにも多くて、100台もある場合、ネットワークの速度が遅くなります。ネットワークの負荷を高めるように、グループにネットワークを分割する必要があります。
  • AOMEI PXEブートツールは、現在のUEFIマシンをサポートしていますが、WIMファイルだけUEFI(ISOファイルではない)に使用することができるので、ファイルはISOファイルである場合、我々はレガシーブートモードとしてブートモードを設定することをお勧めします。
  • AOMEI PXE Tootは、DHCPサーバーを含んでいます、お使いのコンピュータには有効なDHCPがなくても、それはまた、うまく動作することができます。(ヒント:DHCPは、LAN内のルータによって提供されています。)
  • 他のトラブルが発生した場合は、本文書にAOMEI PEXブートツールについてのよくある質問をご覧ください。