どのようにHDD/SSDにシステムをクローン/移行をしますか?

システムクローンとシステム移行について

名前が示すように、システムのクローンまたは移行は、元のオペレーティングシステム(OS)と全く同じコピーをハードディスクドライブ(HDD)、ソリッドステートドライブ(SSD)のような別の記憶装置に作成することを指します。重要なことはクローン/移行がWindowsオペレーティングシステムだけでなく、インストールされたアプリケーション、ドライブ、システムドライブ上の更新とカスタム設定もコピーされることです。そのためシステムのクローン/移行はシステムバックアップと似ています。

なぜシステムのクローンまたは移行が必要ですか?

以下の状況で、システムのクローン/移行が必要であるかもしれません:

  • より速い速度とより良い性能のために:現在のハード·ディスク·ドライブ(HDD)の性能に満足していない、古いHDDの代わりにソリッド·ステート·ドライブ(SSD)を使用したいかもしれません。ご存知のようにSSDはHDDより速く読み込みおよび書き込み速度を提供できます。

  • 大きくて新しいハードディスクへアップグレードするために:時間が経つにつれて、全体ディスク容量を占有する大量のデータが集まって来た可能性があります。この場合には、コンパクトなシステムパーティションに同じディスク内の任意の空き領域を割り当てることはできません。その上、より大きなドライブにすべてのデータを転送することは、時間と空間の多くを必要とします。オペレーティングシステムとシステムドライブ内のすべてのアプリケーションをより大きなハード·ディスク·ドライブにクローン/移行することは課題になります。

  • よく調整され、スムーズに実行されるオペレーティングシステムのために:古いコンピューターを置き換えるために、別のコンピュータを購入するつもりですが、まだ古いコンピュータのオペレーティングシステムが好きであれば、Windowsやアプリケーションをインストールせずに他のコンピュータへシステム移行を作成することができます。

AOMEI Backupperを使用してシステムをクローン/移行します

AOMEI Backupperは、フルバックアップソフトウェアだけでなく、強力なクローニングプログラムです。その機能を使って、任意の実行中のプログラムを中断することなく、理想的な宛先パスにシステム/パーティション/ボリュームのクローンを簡単に作成することができます。それが最大程度のダウンタイムを回避することができますので、非常に有用です。システムのクローニングタスクについては、 AOMEIバックアップソフトウェアは、特別に設計された「システムクローン」機能を利用してそれを完璧に完了することができます。

システムクローンを実行する前の準備:

  • 二次記憶装置 - コンピュータに別のHDDまたはSSDを接続し、それを検出できることを確認してください。ラップトップといったら、ラップトップの中により多いディスクをインストールする余分な空間がない場合、SATA-USB変換アダプタが必要です。

  • システムクローンソフトウェア - AOMEI Backupperをダウンロード します。無料AOMEI Backupper Standardエディションは「システムクローン」の機能をサポートできませんが、「システムバックアップ」を使用してシステムイメージを作成し、そしてそれを宛先ディスクに復元することを通して、間接的にシステムクローンを完成できます。

ステップ1:AOMEI Backupper Proをインストールして起動します。ライセンスコードでそれを活性化します。そして「クローン」タブの下の「システムクローン」オプションを選択します。

System Clone

ステップ2:時にはユーザーはどのパーティションを選択する必要があるか分かりません。それはクローン後システムが起動できないことを起こすかもしれません。そのためこのプログラムは自動的にソースパーティションを選択します。十分な大きさのディスクを新しい場所(ここではディスク1)として選択する必要があります。「次へ」をクリックして続行します。

Select Destination Disk

注意: 宛先ディスクの上に一つまたはその以上のパーティションがある場合、AOMEI Backupperはどのパーティションが削除される、「操作を続行しますか」とプロンプトします。「はい」をクリックして続行します。これらのパーティションには重要なデータがある場合、まず「いいえ」をクリックし、操作をキャンセルしてドライブをバックアップ します。

ステップ3: ここは、動作概要ウィンドウです。操作を確認した場合、「開始」をクリックして実行します。

Operation Summary

ヒント: 「セクタ単位のクローン」オプションをクリックすると、それが使用されたか否かに関係なく、システムパーティションのすべてのセクタをコピーすることができます。しかし、それは多くの時間がかかります。また、宛先ディスクがSSDである場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」オプションをチェックしてパフォーマンスを最適化することができます。

ステップ4:システムクローンの進行状況が100%に達すると、「完了」 をクリックしてインターフェイスを終了します。

System Clone Progress

システムクローンが終了したら、直接に宛先ディスクからコンピュータを起動しないでください。新しいHDDまたはSSDでWindowsを起動可能にするために、システムクローンの作成を完了した後、コンピュータをシャットダウンしてください。ソースディスクを切断し、ソースディスクのソケットに宛先ディスクを接続します。ソースディスクは、二次記憶装置として別のソケットにプラグインすることができます。もし、データパーティションとともにシステムドライブを他のディスクにクローンしたいなら、「ディスククローン」を選択してください。