ディスククローンの方法

ディスククローンの使用

ディスククローンは別のディスク上のすべてのデータをコピーすることができます。他の用途は、下記の通りです:

  • ハードディスクのアップグレード:ディスククローンは、オペレーティングシステムやアプリケーションの再インストールすることなく、古くて小さなハードディスクから新しくて大きなハードディスクへアップグレードすることができます。

  • データの移行:これはディスク上の全てのデータを他の場所へ転送することができます。例えば、HDDをSDDへ移行します。

  • ディスクの複製: 現在のシステム上のすべてのデータが重要である場合は、ターゲット·ディスクにソースディスクをバックアップすることは必要です。

  • データの復元: データ復旧時のハードディスクへの二次被害を避けるためには、HDDをクローンし、複製したディスクから必要なものを復元する必要があります。

AOMEI Backupperは実行中のオペレーティングシステムを中断せずにあるディスクを別のディスクへクローンする(ライブディスククローニングと呼ばれている)HDDクローン機能を提供しています。実行中のプログラムを中断することなく、作業しながら、複製することができます。

デフォルトの状態では、本ソフトウェアは、ディスク上の既存のデータのみクローンします(使用されたセクターのみ)。削除されたデータはクローンしません。本ソフトウェアは「セクター単位」オプションを提供しています。このオプションを選択した場合、削除されたかにかかわらず全てのデータが複製されます。

ディスククローン作成の手順

クローンする場合、小さなディスクを大きなものにクローンすることができます。もちろん逆も可能です。前提条件があります。宛先ディスク上のスペースがソースディスク上のすべての有効データを収容することができます。宛先ディスクに十分なスペースがない場合、AOMEI Backupperは、宛先ディスクのスペースが十分であるかどうかをチェックします。十分ではない場合は、事前にプロンプトを表示します。

ディスククローンの詳細手順を見てみましょう。このツールを ダウンロード、インストールして起動。ここではディスク0をディスク1にクローンすることを例とします。

ステップ1: 「クローン」タブの「ディスククローン」オプションを選択します。

Disk Clone

ステップ 2:ソースディスク(ディスク0)を選択して「次へ」をクリックします。

Disk Clone

ステップ3: 宛先ディスク(ディスク1)を選択して「次へ」をクリックします。

Disk Clone

ステップ 4: ソースディスクと宛先ディスクの設定を確認して「開始」をクリックします。 (「宛先ディスク上のパーティションを編集」ボタンをクリックしてパーティションのサイズを変更することができます。「セクター単位」オプションも使用可能です。)

Disk Clone

ステップ5: すべての操作を実行したら、「完了」をクリックします。

Disk Clone

実際には、ディスククローンはまた、「ディスクからディスクへ(Disk2Disk)」と呼ばれています。イメージファイルにディスク上のすべてのデータを保存することができる同様の機能-ディスクイメージがあります。「イメージからディスクへ(Disk2Image)」です。 AOMEI BackupperはDisk2Disk及びDisk2Image両方を実現することができます。将来、ディスクを復元できるように、ディスクをイメージファイルへバックアップすることができます。

注意:
  • ソースディスクを宛先ディスクへクローンした後、宛先ディスク上の全てのデータがカバーされます。そのため、クローンする前に、ターゲットディスクに重要なデータがあるかどうかをチェックしてください。重要なデータがある場合は、別の場所にコピーします。

  • AOMEI Backupperは、Windowsオペレーティングシステムに使用されている場合は、システム·ディスクがソースディスクとして設定することができますが、宛先ディスクとして設定することはできません。システムドライブは、宛先ディスクと要求された場合、AOMEI Backupperの「ブータブルCD」機能がこのタスクを完了することができます。

  • 宛先ディスクがダイナミックディスクである場合は、まず、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する必要があります。