イメージファイルを圧縮することでディスクスペースを節約します

バックアップするファイルが多くなると、イメージファイルのストレージスペースが小さくなります。データの安全性を確保するために、定期的なデータのバックアップを作成する場合は、イメージファイルのストレージスペースを減らすために画像圧縮機能が必要です。たとえば、Cドライブの容量は20GBですが、イメージファイルが5GBを占めます。これは画像の圧縮効果です。

AOMEI Backupper には3つのレベルでイメージファイルを圧縮する機能があります:圧縮なし、「ノーマル」圧縮、「高いレベル」圧縮。 「ノーマル」オプションがデフォルトとして設定されています。バックアップ中に、圧縮レベルを設定することができます。

  • なし: ソフトウェアは、バックアップ中に画像ファイルを圧縮しません。その利点は、バックアップと復元の速度が早いのですが、欠点はイメージファイルが多くのストレージスペースを占めることです。
  • ノーマル: 推薦された圧縮レベルです。これは、データをノーマル範囲に圧縮します。イメージファイルのバックアップと復元それにストレージスペースの速度については、このレベルは最良のチョイスです。これはスペースと時間にとっても最高のチョイスです。
  • 高いレベル:最大限にイメージファイルを圧縮します。バックアップ時間も圧縮時間もかかります。

操作手順があります。バックアップの種類を選択したら、(パーティションバックアップを例とする)設定ページに入ります。

ソースと宛先パーティションを設定した後、「オプション」をクリックしてイメージファイルを圧縮することができます。

Start Backup

ポップアップインターフェイスには、「詳細」「圧縮」をクリックして、利用可能の三つの圧縮レベルがあります:なし、ノーマルと高いレベル。その後、「はい」をクリックして設定を保存します。

理想的な圧縮率は、バックアップするファイルのファイルタイプと密接な関係があります。たとえば、バックアップするファイルの種類は、JPG、.MP3、.AVIである場合、選択した圧縮レベルは「高いレベル」であっても、イメージファイルのストレージスペースを減少することは難しいです。しかし、バックアップするファイルの種類がTXT、DOC、XLSである場合、圧縮率がはるかに高くなります。