異なるハードウェアを持つコンピュータにシステムイメージバックアップを復元します

異なるハードウェアでの復元シナリオ

OSを転送します

「すべてのアプリケーションを含むOSを異なるハードウェアを持つ新しいコンピュータにスムーズに転送するためにはどのようにすればいいですか?」。通常のは古いコンピュータからシステムディスクを新しいコンピュータに移動することです。しかし、新しいコンピュータを起動した後、エラーメッセージStop 0x0000007B Inaccessible_Boot_Deviceと示すようにブルースクリーン(BSOD)が発生することがあります。これは、ドライブの問題です。

現在のコンピュータにシステムイメージバックアップを作成することで、OSを転送することができます。その後、ブータブルメディアを使用して、異なるハードウェアを持つ新しいコンピュータを復元します。

多くのコンピュータに同じオペレーティングシステムを展開します

多くの企業が大規模のオペレーティング·システムをアップグレードする方法を探しています、または複数の新しいコンピュータを購入し、ソフトウェアおよびオペレーティングシステムの特別に構成された、ユニークな組み合わせをインストールしたいです。企業システム管理者は、新しいコンピュータ、またはベアメタルマシンにオペレーティングシステムをインストールするための多くの方法を知っているかもしれません。すべてのコンピュータは、同じハードウェアで構築されている場合は、クローニングソフトウェアは多くの労力を節約することができます。しかし、すべてのコンピュータが、異なるマザーボード、CPUなどの異なるハードウェアで構築されている場合は、どのようにしますか?

このシナリオでは、ソースコンピュータでマスターシステムイメージを作成して、NAS/ネットワークに保存します。その後、PXEネットワークブートを使用して、オペレーティングシステムを異なるハードウェアを持つすべての宛先コンピュータに展開します。

システムハードウェアが障害した場合は、災害からインスタントに復元します

システムが正常に作業していることを確認することが重要です。システムは、ソフトウェアまたはハードウェアの障害を受けた場合、マシンのダウンタイムを最小化するには、システムを異なるハードウエアに復元するソリューションが非常に重要です。

また、異なるハードウェアの復元を下記のようなシナリオに適用することができます。物理 - 仮想(P2V)および仮想 - 物理(V2P)の移行、古いコンピュータがクラッシュする前に、コンピュータのハードウェアをアップグレードすることをお勧めします。

AOMEI Backupperで異なるハードウェアの復元の手順は?

AOMEI異なるハードウェア/ユニバーサルの復元機能を使用すると、あるコンピュータで作成したシステムイメージバックアップを異なるハードウェアを持つコンピュータに復元することができます。すべての準備が完了すると、異なるハードウェアの復元に向けの手順は非常に簡単です。 AOMEI Backupper は、Windows 10、Windows 8.1/8、Windows 7、Vista、XP及びWindows Server 2003、2008、2012のすべてのバージョンをサポートしています。

実行する前に:

  • システムイメージバックアップを作成し、保存する場所を確認します。保存する場所がない場合は、 システムバックアップを作成してください。我々は、複数のコンピュータを復元するときに、それは、コスト削減で便利なNASまたはShareネットワークフォルダにシステムイメージを保存することをお勧めします。外付けハードドライブ、CD/ DVD、またはリムーバブルUSBフラッシュドライブも利用可能です。
  • 異なるハードウェアの復元を実行するには、まず、ターゲットコンピュータを起動する必要があります。 AOMEI Backupperの統合のPXEブートツールは、同時にネットワークブートを通じてLAN内の複数のクライアントコンピュータを起動することができます。PXEネットワークブートを使用しない場合は、事前にブータブルCDまたはUSBを作成 してください。

すべての準備が完了すると、異なるハードウェアの復元の手順は、簡単になります。

ステップ 1ターゲットコンピュータを起動します。前述したように、システムの復元のためにターゲットコンピュータを起動する方法が2つあります。一つはPXEネットワークブートで、もう一つは、ブータブルメディアです。どちらを選択しても、異なるハードウェアの復元のプロセスが同じです。ここでは、PXEネットワークブートを例とします。

ヒント: PXEブートを分かっていない場合、 ブータブルメディアを使用して異なるハードウェアを復元する方法ご参照ください。。

PXE Network Booting

ステップ2: システムイメージを検索します。ターゲットコンピュータを復元環境(ここではWindows PEである)にブートした後、AOMEI Backupperが自動的にポップアップします。「復元」タブ - >パスをクリックして、作成したシステムイメージを検索します。

Browse System Backup

この例では、システムイメージが共有ネットワークフォルダに保存されます。「Share/NAS」をクリックして必要な情報を入力します。最後に、「はい」をクリックして続行します。

Share/NAS

System Backup Image on NAS

ステップ3:バックアップポイントを選択し、「次へ」をクリックします。

Restore System Image

ステップ 4: システムイメージを復元する宛先場所を選択して「次へ」をクリックします。

Select Disk

ステップ5:今、復元操作をプレビューすることができます。左下隅には三つのオプションがあります。プログラムは、ターゲットコンピュータのハードウェアは、ソース·コンピューターと異なると検出した場合、「ユニバーサル復元を有効にする」オプションはデフォルトでチェックされます。異なるハードウェアへシステム·イメージを復元する場合、アンチェックしないでください。宛先場所がSSDである場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックすることをお勧めします。最後に、「開始」をクリックして異なるハードウェアの復元を実行します。

Universal Restore

ステップ 6:復元時間は、システムドライブにどのくらいのデータによって決定されます。すべての処理が終了すると、「完了」をクリックします。

Click Finish

注意:

  • ビデオ/サウンドカードドライブ、NICドライブ、ディスプレイドライブなどの一部のドライブは、AOMEIユニバーサルではインストールされません。任意の一つもシステム起動に影響しません、復元が成功した後、手動でWindowsにインストールすることができます。
  • Windowsシステムのインストールの復元を異なるハードウエアを持つコンピュータに復元した後、 Microsoft Windowsとサードパーティー製のソフトウェアが登録コードを再活性化、あるいは入力をお願いすることがあります。事前にソフトウェアベンダーのライセンス契約をご確認ください。