Windows Server 2012 R2 バックアップソフトウェア――高速かつ簡単

Windows Server 2012 R2について

Windows Serverは、中小企業の間で広く使われています。Windows Server 2012 R2と言えば、新たな機能、例えば、企業のデータを利用可能にさせるフォルダー、Server 2012 R2のSMBはSMB3.0より改善されています。そして、SMB 1.0をアンインストールすることができます。すなわち、もし「legacy」がなければ、SMB 1.0をアンインストールすることはできます。

なぜServer 2012 R2をバックアップする

殆どの中小企業は、IT 部門やデータセンターを所有していませんから、Serversは非常に大切なものになります。ユーザーにとって、単一のボックスからIT インフラ全体を操作するツールは不可欠です。幸いなことに、Windows Server 2012 R2 により、ビジネスマンはハードウェアから大いに受益します。

Windows Server 2012 R2は、企業のサーバーです。そのサーバーに企業に関わる重要なデータが保存であります。ただし、ウイルス、ハードウェア破損などの攻撃でデータ損失になる恐れがあります。上述のことがあったら、なんてひどいんでしょう!そんなことを防止するには、Windows Server 2012 R2でデータを予めバックアップしておいたほうがいいです。

AOMEI Backupper Sever

AOMEI Backupper サーバー版はデータ保護に力を注い続けています。このソフトウェアでは、Windows Server 2012 R2 を完全バックアップできるし、要求によって、柔軟にファイルまたはシステムをバックアップできます。

Interface

バックアップ機能の他に、このソフトウェアでは、Windows PE& Linux 起動可能のCD/DVD、 USB フラッシュドライブも作成できるし、Windows、プログラムなどを再インストールせずに、HDDをリリース し、替わることもできます。