Windows Server 2008ウィークリーバックアップスケジュールを簡単な方法で作成する

なぜウィークリーバックアップサーバーが欲しいか

ご存知のように、データのバックアップは何より深刻なことです。なぜウィークリーバックアップが、デーリーバックアップやより頻繁なバックアップの代わりに、設定される必要がありますか。サーバーの保護為に、ディスクRAIDアレイ(RIAD 5、RAID 6)やデータベース可用性グループなどの他の製品を持っているなら、デーリーバックアップスケジュールより、むしろウィークリーバックアップサーバーはもっとディスク領域を節約することができます。毎日異なるウィークリーバックアップタイプを実行したい場合、いくつかのウィークリーバックアップタスクを作成できます。

内蔵のツールでウィークリーバックアップスケジュール

Windows Server 2008/2008R2は内蔵のユーティリティーがあって、スケジュールバックアップタスクを設定し、自動にバックアップを実行することができます。しかし、設定されたバックアップタスクが毎日一回や一回以上だけを行うことができます。幸いなことに、windows serverバックアップタスクを設定するために、ある解決方法はタスクスケジュールを使用してWbadminコマンドを実行します。

バックアップスケジュール

1. 検索ボックスで「タスクのスケジュール」を入力して、それを開きます。

2. タスクの作成をクリックして、設定を開始します。

タスクの作成

3. 全般に、タスクの名前を設定し、ユーザーがログオンしているかどうか確認する為に、実行するオプションをチェックします。

バックアップを設定

4. トリガーに、新規をクリックして、バックアップを実行したい日を指定します。

5. 操作に、新規をクリックします。プログラム/スクリプトボックスに「wbadmin」を入力して、引数の追加(オプション)にWBadminバックアップコマンドを入力します。例えば、ドライブG:に全ての重要なボリュームを含むドライブC:をバックアップする場合、次のコマンドを書くことができます:

start backup -backupTarget:G: -include:C: -allcritical

6. ニーズに基づいて、他の設定をシェックします。全てを用意したら、OKをクリックして、ユーザーのパスワードを入力します。

その後、ウィークリーバックアップタスクができます。しかし、NTFSフォーマットのパーティションだけをバックアップに含めることができます。重要なボリュームをターゲット場所として設定することができません。より専門の使いやすいことが必要である場合、AOMEI Backupper Serverみたいなサーバーバックアップツールを試すことができます。

AOMEI Backupper Serverでウィークリーバックアップスケジュールを設定する

AOMEI Backupper Server、サーバーバックアップソフトウェアは、タスクのスケジュールだけでなく、自分の技術を使用して、直接にデイリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガーバックアップスケジュールを作成することができます。このツールは増分と差分バックアップも提供します。それに、Windows Server 2003、2008/R2、2012/R2、SBS 2003、2008、2011とWindows PCのオペレーティングシステムをサポートできます。

1. このサーバーバックアップソフトウェアをダウンロードします。そして、インストールし、起動します。

2. バックアップのタブに、ファイル/フォルダ、システム、パーティションとディスクバックアップから、1つバックアップタイプを選択します。ここはシステムバックアップを例とします。

システムバックアップ

3. 「2」をクリックして、バックアップの宛先場所を選択します。システムバックアップは自動にバックアップソースパーティションを選択します。

宛先

4. スケジュールをクリックして、windows server 2008ウィークリーバックアップスケジュールタスクを設定します。タスクスケジュールを使って、タスクを開始したいまたは増分/差分バックアップを設定したい場合、ポップアップウインドウで詳細をクリックします。古いバックアップを削除して、ディスク領域管理がもっと容量を解放できる為に、スキームをクリックすることもできます。

スケジュール

5. このタスクを確認して、開始をクリックします。

AOMEI BackupperはWindows Pre-OSモード、ブータブルメディア、またはAOMEI PXE Toolを介して、サーバーは起動できない場合までも、復元を実行できます。また、データの安全性を保つ為に、パーティション、ディスクやシステムをクローンすることもできます。