Windows Server間でファイルを同期させる2つの方法

Windows Server間でファイルやフォルダを同期させることは、複数のサーバーを持つユーザーにとって非常に便利です。共有されたすべてのファイルやフォルダを楽しむのに役立ちます。

なぜWindows Server間でファイルを同期させたいのですか?

シナリオ:

私は複数のWindows Serverを持っています。Windows Server間でファイルを同期したいと思います。しかし、どういうようにすることはわかりません。教えていただきたいです。

チームと協力している場合は、変更されたファイル、新しく追加されたファイル、または削除されたファイルを変更する場合がありますので、チームのファイルやフォルダを共有にする必要があります。それだけでなく、データ損失防止、ファイル転送、集中ファイル管理は、ファイルを同期させる必要がある理由となります。

ファイルを同期させる方法は?

Windows Server間でファイルを同期するために、2つの方法を示します。一つは、組み込みツールDFS レプリケーションを使用してファイルを同期させることです。もう1つは、バックアップソフトウェアを使用してファイルを同期することです。

方法 1: DFS レプリケーションを使用してWindows Server間でファイルを同期する

DFS レプリケーションは、ファイルとストレージサービスの1つです。このテクノロジは、Windows Server 2003 R2で初めて導入されました。Windows Server 2008/2008 R2/2012で、継続的に改善されています。したがって、Windows Server 2003 R2/2008/2008 R2/2012間でDFSファイル/フォルダの複製を使用することができます。DFSレプリケーションを使用すると、ファイルやフォルダを複数のServerやサイトに効率的にレプリケートできます。また、リモート差分圧縮(RDC)と呼ばれます。この圧縮アルゴリズムを使用してファイル内のデータの変更を検出し、DFSレプリケーションでファイル全体ではなく変更されたファイルブロックのみをレプリケートできます。

Windows Server間でファイルを同期させるための詳細な手順

コンピュータに関する問題を目合うたびに、Windows組み込みツールについて考えるかもしれません。ファイルの同期は例外ではありません。

* 第一は、DFSレプリケーションをインストールする

ステップ 1. サーバーマネージャーのメインページに入り、左側のパネルで「役割」をクリックして、右側のパネルで「役割の追加」にタグを付けます。

役割

ステップ 2. 「サーバーの役割の選択」をクリックし、「ファイルサービス」の前にあるチェックボックスをオンにして、「次へ」をタップします。

サーバーの役割の選択

ステップ 3. 「役割サービス」をクリックし、「DFSレプリケーション」の前にチェックボックスをオンにして、「次へ」をタグ付けします。

DFSレプリケーション

ステップ 4. 役割、役割サービス、または機能をインストールすることを確認して、インストールをクリックします。

インストールをクリック

ステップ 5. インストールが完了するのを確認したら、インストールプロセスを待ってから「閉じる」をクリックします。

インストールが完了

* 第二は、DFSレプリケーションを構成し、最初のファイルレプリケーションを実行する

ステップ 1. 「開始」>「管理ツール」>「DFSの管理」をクリック続けて、「複製」>「DFS管理コ」ンソールで「新しいレプリケーショングループ」を選択します。

ステップ 2. 以下のように「レプリケーショングループの種類」を選択します。

ステップ 3. 「レプリケーショングループの名前とドメインを設定」し、「次へ」をクリックします。

ステップ 4. 「追加」をクリックし、Active Directoryでサーバーを検索し、「ファイルまたはフォルダを共有する」サーバーを選択して「次へ」をクリックします。

ステップ 5. Topology Selectionで「Full Mesh」を選択します。この機能を使用すると、ファイルが更新された場所に関係なく、共有したファイルをすべてのサーバー間で同期させることができます。

注意:この操作を実行するには、少なくとも3台のサーバーが必要です。ハブとスポークを使用する場合があります。しかし、ほとんどの場合、それを使用する必要はありません。

ステップ 6. いつでもファイルを同期させたい場合は、「全帯域幅」を使用するように選択します。

ステップ 7. 最初の同期でファイルが競合しないようにするには、「プライマリメンバー」を選択する必要があります。完全メッシュトポロジはすべてのサーバを等価として扱うため、最初の同期の後、すべてのファイルがほぼ即座に同期されます。

ステップ 8. 「追加」をクリックすると、新しいウィンドウが開き、複製するフォルダを選択して「次へ」をクリックします。ほとんどの場合、デフォルトの既存のアクセス許可が使用できるため、既定の既存のアクセス許可を使用できます。また、カスタムアクセス許可を設定することもできます。

ステップ 9. これで、前に選択したすべてのサーバーが表示されます。ローカルパスが設定されておらず、無効になっていることに注意してください。次に、「編集」をクリックして「有効」を選択し、リモートサーバー上の「ローカルフォルダ」を選択します。

ステップ 10. 選択した内容を確認し、すべての設定を確認して「作成」をクリックします。最終的な結果を待ちます。

上記の手順に従って、複数のサーバー間でファイルを同期することができます。ただし、DFSを正しく使用するには、サーバーをActive Directoryドメインの一部にする必要があります。また、NTFSファイルシステムしかサポートしていないため、FAT、ReFSなどの他のファイルシステムとファイルを同期することはできません。同時に、ファイルを同期すると、エラーコード:1706、エラーコード:9026、エラーコード:9036、エラーコード:9098などのエラーコードが表示されます。

これで、簡単にファイルを同期するのに役立つWindows Serverバックアップソフトウェアが必要になる場合があります。時間と労力を節約するために、AOMEI Backupper Serverでファイルを同期する方法を示します。

AOMEI Backupper Server経由でWindows Server間でファイルを同期する

AOMEI Backupper Serverは、サーバーユーザーの問題を解決するためのバックアップおよび復元ソフトウェアです。それはあなたの問題を解決するだけでなく、バックアップと復元することもできます。ここにより、ファイルやフォルダを簡単に同期することができます。最新のバージョンでは、リアルタイムファイル同期と呼ばれる新しい機能があります。これは、ファイルが変更されたことを監視し、変更が発生するとすぐに、ソースファイルからターゲットパスに新しい追加、変更、または削除されたファイルを同期させるために使用されます。

ファイルを同期するための詳細な手順

ステップ 1. 「共有フォルダを作成」し、ファイルを同期するWindowsサーバーの「アクセス許可を設定」します。

ステップ 2. AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールして起動します。

ステップ 3. 「バックアップ」の「同期」を選択します。

同期

ステップ 4. 「フォルダを追加」をクリックして、同期したいファイルまたはフォルダを選択し、そして「宛先パス」を選択しますから「開始」をクリックします。

開始

ステップ 5. ソースファイルやフォルダをリアルタイムで監視したい場合は「スケジュール」をクリックして「リアルタイム同期」を選択します。この機能を選択すると、ソースファイルまたはフォルダが変更されたときに、変更されたファイルまたはフォルダが直ちに同期されます。

リアルタイム同期

ステップ 6. これまでは、他のサーバー上の共有フォルダにアクセスして、必要なものを確認することができます。共有フォルダを他のサーバーに同期するには、上記の手順を繰り返して、手順1で共有フォルダを追加して、他のサーバー上の移動先パスを選択する必要があります。

まとめ

何らかの理由でWindowsサーバー間でファイルを同期したい場合は、上記の手順に従って目的を実現することができます。AOMEI Backupperサーバーは素晴らしいソフトウェアです。ファイルを同期するの他に、差分バックアップ、ネットワーク共有への増分バックアップ、ファイルバックアップなど、他のバックアップ機能を実現することができます。