Windows Server 2012 のシステムイメージバックアップを作成する方法?

システムイメージバックアップとは、何ですか

システムイメージバックアップとは、ドライブの完全コピーです。通常に、Windowsを起動するドライブ、システムの設定、プログラムやファイルが含まれます。システムイメージバックアップでコンピュータの内容が完全復元できます。こうして、HDDには障害が起こしたら、再インストールする必要がなくなります。

Windows Server 2012 のシステムイメージバックアップ用のソフトウェアを選択する

Windows Server 2012に内蔵ディスクイメージソフトウェアがありませんから、その用の第三者ソフトウェアは、データ損失の予防には、必要なものになります。ここでは、Windows Server システム向けのソフトウェア――AOMEI Backupper サーバーをお勧めします。商用にもホームにも、利用できます。そして、イメージバックアップも、復元も、ただ数回のクリックだけで作成できます。以下のステップ 通りに、AOMEI Backupper サーバーでシステムイメージバックアップを作成してみてください!

AOMEI Backupperでシステムイメージバックアップを作成する方法?

AOMEI Backupperサーバーをインストールし、起動します。実際には、Windows Server 2012 の他、このソフトウェアは他のシステム――Windows Server 2003/2008や Windows PC システムなどもサポートします。

ステップ1.「バックアップ」ーー「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

ステップ2.よりよい分区のため、タスクを名づけます。C ドライブは、既定にソースディスクと選択 されていますから、「ステップ 2」で、宛先パスを選択するだけで充分です。

オプション

ヒント:下にオプションが3 つありますーー(バックアップ)オプションスケジュール スキーム。自分のニーズに基づいて設定してください。もし、オプションで、「正確なコピーを作成」にしたら、セクターは丸ごとにコピーされて時間がかかります。スキームにしたら、ディスク容量を自動に管理、節約するようになります。

ステップ3.「開始」を クリックし、実行します。操作の完了まで、少々お待ちください。ただ三つの ステップでシステムイメージバックアップを作成できます。超簡単でしょう!一般的には、システムが、ウイルスやハッカーの攻撃、ハードウェア、ソフトウェアの障害、間違った操作やブルースクリーンなどで、破損にならないように、イメージバックアップファイルを準備したほうがいいとお勧めします 。