Windows ServerのHDDを丸ごとコピー(クローン)しましょう

AOMEI BackupperはWindows Serverに対応するHDDクローンフリーソフトであり、ここではWindows Server 2016を例としてWindows Serverのクローン方法を2つ紹介します。

なぜWindows Server 2016クローンが必要?

Windows Server 2016は、マイクロソフト社がWindows NTファミリーの一員として開発し、2016年10月1日に発売したサーバー向けの新しいオペレーティングシステム(OS)です。多くの新機能を追加し、前の各種機能も大幅に改善、強化された。例えば、クラウド対応のOSとしてのMicrosoft Windows Server 2016を使用するとセキュリティを高め、データセンターを進化させることができます。

そのため、多くのユーザーは旧バージョンのWindows ServerからWindows Server 2016へアップグレードしました。でも、どんな優れたシステムを使用してもデータの安全性とセキュリティは最も重要なことで、それを考えなければなりません。ハードディスクが壊れた場合やOS(Windows)がクラッシュした場合、パソコンに保存されたデータを失う可能性があります。事前にWindows Server 2016クローンを行えば、紛失したデータやファイルを取り戻して継続的に使用することができます。

Windows Server バックアップでWindows Server 2016のHDDをクローンする方法

MicrosoftはWindows Serverのクローン(コピー)方法を提供します:Windows Server バックアップ。Windows Server バックアップは、Microsoft管理コンソール(MMC)スナップイン、コマンドラインツール、およびWindows PowerShellコマンドレットで構成されています。Windows Server バックアップによって、日常的なバックアップと回復のニーズに適した包括的なソリューションが提供されるのでそれを使うと、Windows Server 2016のHDDをクローンできます。

Windows Server バックアップでは、サーバー全体(すべてのボリューム)、選択したボリューム、システム状態、または特定のファイルやフォルダーをバックアップできる他に、ベアメタル回復に使用できるバックアップを作成できます。またボリューム、フォルダー、ファイル、特定のアプリケーション、およびシステム状態を回復できます。HDD故障などの障害が発生した場合、ベアメタル回復を実行できます。ベアメタル回復を行うには、サーバー全体のバックアップか、OSのファイルが含まれているボリュームのみのバックアップと、Windows回復環境が必要です。

手順:まずパソコンにWindows Server バックアップを追加します。そして、サーバーマネージャを開き、ツールメニューでWindows Serverバックアップを選択します。Windows Serverバックアップは「単発バックアップ」と「バックアップスケジュール」を提供します。自分の要求によってそれらを選択します。どちらも2つのバックアップの種類を提供します:「サーバー全体」と「カスタム」。HDDクローンのためにカスタムを選択します。「項目の追加」をクリックしてWindows Server 2016の全体ディスクをバックアップします。後で回復を実行してWindows ServerのHDDクローンを完成させます。

項目の追加

しかし、Windows Server バックアップに多くの制限があります。例えば、異なるマザーボードまたは異なるプロセッサを使用する別ディスクにWindows Serverをクローンする場合、失敗するかもしれません。そのため、Windows Server 2016のHDDをクローンするには、Windows ServerのクローンフリークソフトAOMEI Backupper Serverを非常にお勧めします。

AOMEI Backupper ServerでWindows Server 2016のHDDをクローンする方法

AOMEI Backupper ServerはWindows Server 2016/2012 (R2)/2008 (R2)/2003を含むWindows ServerのOS及び全てのWindows PCのOSに対応する素晴らしいソフトウェアです。このソフトを使用すれば、Windows ServerのHDDクローンにほんの少しの手順が必要です。

ステップ 1. このソフトウェアをダウンロード、インストール、起動します。「クローン」→ 「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

ヒント:Windows Server 2016を外付けHDDにクローンしたい場合、外付けHDDをパソコンに接続して 認識できることを確認してください。

ステップ 2. この例でディスク 0をソースディスクとして選択します。「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. HDD全体を保存する宛先ディスクを選択します。ここでディスク 1を選択して「次へ」をクリックします。

宛先ディスク

ステップ 4. 操作概要のページに移動して情報を確認します。問題がないなら、「開始」をクリックします。

操作概要

*上の画面から見て、3つの使用可能なオプションがあります。

  • 宛先ディスク上のパーティションを編集:宛先ディスク上のパーティションを編集したい場合、これをチェックしてください。
  • セクター単位のクローン:ソースディスクと同じバイトが欲しい場合、これをチェックできますが、少なくともソースディスクと同じサイズであるHDDを準備しなければなりません。
  • SSDを最適化するにはパーティションを合わせる:SSDにクローンする場合、これをチェックしてください。これはクローン後、SSDの性能を向上させます。

ステップ 5. 進行状況が100%に達すると、「完了」をクリックします。

このクローンソフトを使用したらWindows Server 2016のHDDクローンはより簡単、シンプル、柔軟でしょう。また、OSのみを移行することができます。同様に必要ならば、HDDをバックアップしたり、復元したりすることができます。