どのようにNASへWindows Server 2012をバックアップしますか?

NASへwindows server をバックアップする必要性

サーバーコンピュータがウイルス、ディスクやシステムのクラッシュに弱いので、データの管理とアプリケーションのセキュリティを確保するために、内部データをバックアップ/復元できる管理の品質やパフォーマンスの高くて使いやすい物理メディアが必要です。

NAS(ネットワーク接続ストレージ)はケーブルを介して接続するディスクアレイであり、ディスクアレイのすべての主要な特性を持っています。つまり、高容量、高性能、高信頼性です。そして、価格対性能は高いです。特に、SANの高価な価格を負担し、バックアップと復元のコストを削減したい中小企業に最も適しています。

NASのメリット

  • インストールに簡単で速い
  • メンテナンスに容易
  • Superduper スケーラビリティ
  • 速い応答速度と高いデータ帯域幅
  • サーバーに低い要件なので、大幅にサーバーのコストを削減し、より広い範囲で高性能ストレージシステムを普及/適用することに利点を持つ。

NASの機能

  • ファイル共有
  • データバックアップ/ディザスタ復元
  • ネットワーク印刷
  • マルチメディアファイル共有
  • メディアサーバー

AOMEI Backupper ServerでNASへWindows 2012をバックアップします

システム障害やデータ損失を避けるために、バックアップが重要かつ必要です。幸いなことに、ベーシックニーズを満たせるソフトウェアが市場には沢山あります。その中には、AOMEI サーババックアップソフトウェア は、システムとデータの安全性を確保できるベーシック機能と高度な機能を提供しています。

AOMEI Backupper Serverをダウンロードしてインストールして実行します。すると、そのメインインターフェイスが表示されます。

ステップ 1: 「バックアップ」下の「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

ステップ 2: AOMEI Backupperは自動的にシステムパーティションを選択します。「2」をクリックして宛先パーティションを選択します。

Select Location

ステップ 3: 新しいウィンドウで「Share/NAS」をクリックします。

Choose NAS

ステップ 4: 「Share / NASデバイスを追加」をクリックします。

Ass NAS Device

ステップ 5: 最後に、空白を埋めてShare / NASデバイスを追加します。

Complete Blank

すべてが準備した後、所望なパスは、「2」のインターフェイスに表示されます。次は、「開始」をクリックして操作の完了を待ちます。

要するに、AOMEI Backupperは、バックアップ問題の解決には得意です。そして、使いやすいです。あなたがこの前バックアップしたことがなくても心配する必要はありません。このソフトを使用してバックアップも復元操作も決して複雑な操作になりません。