Windows 7システムバックアップの方法

Windows 7が発表された以来、沢山のコンピューターユーザーがそれをインストールします。新しいオペレーティングシステムをインストールする時、イメージファイルにシステムをクローンしたほうがいいです。システムクラッシュやブート失敗などの災害が発生する場合、イメージファイルからシステムを復元することができます。

Windows7にいくつかの素晴らしい改善点があることを知っています。例えば、内蔵の「ディスクの管理」ツールは2つの新機能をもたらします:ボリュームの拡張と縮小。Windows7は、個々のフォルダをバックアップでき、コンピューターのシステムイメージを作成できる両方の機能をサポートします。ここに、それはどのように動作するか見てください:

  1. スタートメニューの検索ボックスに「バックアップと復元」を入力して、「バックアップと復元」のウインドウを開きます。
    バックアップと復元
  2. ウインドウの左側にあるオプション「システムイメージの作成」をクリックします。
    バックアップと復元
  3. 「システムイメージの作成」ウインドウに、バックアップイメージを保存したい場所を選択して、「次へ」をクリックします。外付けドライブを選択することがきるし、複数のDVDに書き込むことができるし、またはネットワークの場所に保存することができます。
    場所を選択
  4. 次のウインドウに、クローンしたいドライブを選択する。通常に、システムドライブ(C:)はフォルトでチェックされています。
  5. クローンドライブを選択
  6. このステップで、バックアップの場所とバックアップしたいドライブを確認して、全てが正しいと「バックアップの開始」をクリックします。
  7. バックアップの開始

Windows 7はパーティションをバックアップできますが、処理中にまだいくつかの制限があります。1つは、Windows 7はシステムイメージにNTFSファイルシステムパーティションだけをクローンできることです。もう1つは、Windows 7 Professional、Ultimate、Enterpriseエディションだけネットワークなどの場所にシステムイメージをバックアップできることです。

AOMEI BackupperでWindows 7システムイメージをバックアップします

この状況で、サードパーティ製のバックアップソフトウェアを使用することを強くお勧めします。AOMEI Backupperは最高のバックアップソフトウェアで、パーティションとディスクをクローンする簡単で便利な方法を提供します。

3つのバックアップ方法を提供します:フルバックアップ、増分バックアップと差分バックアップ。ここでは、参照用の写真です:

主なインタフェース

バックアップ機能以外、イメージファイルからパーティションとディスクの復元、ブータブルディスクの作成、HDDとボリュームのクローンなどの他の機能が沢山あります。

HDDのデータを保護する為に、このフリーバックアップソフトウェアを無料でダウンロードしてください。

関連記事: