Windows 7でネットワークドライブをローカルディスクにバックアップする方法

Window7でネットワークドライブをローカルにバックアップする理由

ネットワークドライブはネットワーク資源を共有するためのストレージデバイスの一つです。それはサーバー、ネットワークアタッチトストレージ(NAS)、ネットワークコンピューターなどの機能と同じです。しかし、ネットワークコンピューターがオフになると、ユーザーはその上のデータに二度とアクセスできません。ローカルエリアネットワーク(LAN)上のネットワークドライブなら、ファイルをより簡単に共有したり、その大容量を利用してデータを保存したりできます。

残念ながら、Windows7でバックアップのニーズを満たすために、素晴らしいツールを使用したいけど、Microsoftはそのバックアップユーティリティでネットワークストレージのロックを解除する前にUltimateへの更新を要求します。それにしても、サードパーティ製のソリューションを探すことができます。例えば、無料 AOMEI Backupperを使用して、直接にネットワークドライブにデータをバックアップします。

他の方法があります。それはWindows7でネットワークドライブをローカルにバックアップすること(「ネットワークドライブの割り当て」として知られています)です。そうすれば、共有データにアクセスするショートカットも作成します。そして、自分のコンピューターのローカルディスク容量を費やさずにネットワークドライブを簡単に使用して、ファイルを共有し、保存できます。

Windows7でネットワークドライブをローカルにバックアップする方法

ここでは、Window7の共有ネットワークフォルダにアクセスするショートカットを作成する方法を紹介します。コンピュータウィンドウにそれがドライブ文字を含むドライブとして表示されます。

ステップ1:Windowsスタートメニューからコンピューターを開きます。ツールバーのボタン「ネットワークドライブの割り当て」をクリックします。

ネットワークドライブの割り当て

ステップ2:このマップされたネットワークドライブに割り当てたいドライブ文字を選択します。

ドライブ文字を割り当て

ステップ3:マップしたいフォルダをドライブとして選択します。「OK」をクリックします。

フォルダを選択

ステップ4:「ログオン時に再接続する」をチェックします。そうしないと、コンピューターでログオフや再起動をする時、マップされたネットワークドライブは自動的に切断されします(マップ解除)。

ログオン時に再接続する

ノート:常に「他の資格情報を使用して接続する」をチェックしません。既に設定されたデフォルトの情報を代わって、異なるユーザーとしてログオンしたいかぎり、それをチェックします。

ステップ5:「完了」をクリックします。そして、ここで割り当てる文字を持つ新しいドライブを見つけます。

新しいドライブ

マップされたネットワークドライブを使用します

上述のように、ネットワークドライブはその大容量と低い損傷リスクなので、そこにデータを保存するのは素晴らしいです。今、Windows7のバックアップを使用して、システムまたはファイルのバックアップジョブを行えます(Windows7のバックアップは2つのデータの種類だけをバックアップできます)。また、必要ならばAOMEI Backupperを試して、ディスクやパーティションをバックアップできます。もし、ローカルにネットワークドライブをバックアップしなかった場合、または複雑な仕事をしたくない場合、AOMEI Backuuperはバックアップ、クローンと復元の全てを完成できます。次はそのバックアップ機能のスクリーンショットです。

インターフェイス

結論

説明した後、ローカルにネットワークドライブをバックアップする利点が分かりましたかもしれません。より簡単にフォルダを共有し、保存できます。そして、この仕事を完了する方法も明らかになるかもしれません。これを未だ行わないなら、ネットワークドライブにデータをバックアップするのにサードパーティ製のソフトウェアAOMEI Backupperを使っても良いです。