異なるハードウェアを搭載するPCまでWindows 7を移行する方法

異なるハードウェアへのWindows 7の移行について

ほとんどのPCのユーザーがWindows 7のシステムイメージを移行元コンピューターだけに復元できることは明らかです。そのため、多くのユーザーは異なるハードウェアへのWindows 7の移行がどんな意味だか分からないかもしれません。

実際に異なるハードウェアへのWindows 7の移行は、異なる構成(例えば、異なるマザーボード、異なるCPU、異なるストレージデバイス)の別のコンピュータにもWindows 7のシステムイメージを復元することを指します。

異なるハードウェアまでWindows 7を移行する状況

会社にとって、コンピューターの良い調子を確認すのとはどんなに重要なことだろう。もし、ある日システムがクラッシュするなら、コンピューターにシステムを復元するのは急務となります。損失を補う時、同じ構成のコンピューターはことをより簡単にさせるかもしれません。でも、異なる構成のコンピューターなら、解決案はWindows 7を異なるハードウェアに移動することになります。具体的な手順は、Windows 7のシステムイメージを作成し、それをNAS、USBまたはDVDに保存し、そしてPXEブートを利用してコンピューターにシステムを復元することです。

ホームユーザーについて、異なる構成がある新しいコンピューターに使い慣れたWindows 7を移動したい場合、あるいは他人のシステムを自分の新しいコンピューターにインストールするつもりがある場合、この方法も適用できます。

AOMEI Backupperで異なるハードウェアまでWindows 7を移行します

Windows 7の内蔵バックアップツールは異なるハードウェアへのシステムの復元を許可しませんが、幸いなことにAOMEIが提供したソフトウェアAOMEI Backupper Professionalは「ユニバーサル復元」という機能を持ちます。ユーザーはそれを使用すると、PXEブートまたはブータブルメディアブートで異なるハードウェアまでWindows 7を移行できます。その操作は簡単です。

行う前に:

  • 操作の前に、移行先コンピューターを開く必要があります。上述のように、AOMEI Backupper StandardはブータブルメディアまたはPXEを利用して移行先コンピューターを開けます。ニーズに応じて1つの方式を選択してください。2つ以上の移行先コンピューターがある場合、PXEブータを使用したほうが良いです。それはPXEが同時に複数の移行先コンピューターを開けるためです。
  • 事前にWindows 7のシステムイメージを作成します。それをことに保存するか覚えてください。イメージをUSBドライブ、DVDなどの外付けドライブに保存する場合、移行先コンピューターが起動した後、外付けドライブを移行先PCに挿入してください。

次はブータブルメディアブートでWindows 7を異なるハードウェアまで移行する手順です。PXEブートを必要とする場合、PXEブートを使用して異なるハードウェアにシステムを移行する方法を参考できます。

ステップ1: 移行先コンピューターを開いた後、AOEMI Backupperはデスクトップに表示されます。「復元」をクリックし、そして「パス」をクリックしてWindows 7システムイメージを探します。

システムバックアップイメージをブラウズ

ステップ2: 「Share/NAS」(Windows 7システムイメージはNASに保存されました)をクリックし、そして情報を入力してシステムイメージを見つけます。

Share NAS

ステップ3: ポップアップでバックアップポイントを選択し、そして「次へ」をクリックして継続します。

システムイメージを復元

ステップ4: 宛先ディスクを選択し、そして「次へ」をクリックして異なるハードウェアへのWindows 7の移行を継続します。

ディスクを選択

ステップ5: 「開始」をクリックします。

ユニバーサル復元

ノート:

  • 操作後、Windowsはもう一度登録コードを入力することを必要とするかもしれません。コードを忘れないでください。
  • ビデオ/サウンドカードドライバ、ディスプレイドライバ、NICドライバはユニバーサル復元によってインストールされることができません。