新しいHDDにWindows7をコピーするフリーウェア

Windows7リリース以来、システムドライブの「ディスク領域不足」の問題がさらに深刻になってきています。多くの新しくリリースされた大きなサイズのアプリケーションのインストールと組み合わせることで、古いディスクの記憶容量は、ほとんどのユーザーの要求を満たせません。この状況で、ユーザーが効果的な対策を考え出す必要があります。そうでなければ、コンピュータの非常に低い実行速度に直面することになります。さらに悪いことに、スペースが極端に低い場合にはシステムが予期せずにクラッシュします。

前述したことの場合、最適なソリューションは、新しいハードドライブにWindows 7のクローンを作成することです。つまり、ハードディスクをアップグレードすることです。良好に動作を実行するには、強力な ディスククローンソフトウェア が必要です。 多くのユーザーが知っているように、サードパーティ製のツール-AOMEI Backupper Standardが、Windows7 を新しいハードディスクに丸ごとクローンすることができます。また、完全なシステムとディスクイメージング機能を提供しています。重要なのは、 このツールは、個人も商用利用もでき、複数の機能を持って、完全に無料のツールです。

強力なツールでハードディスクにWindows7 をコピーします

明確な動作プロンプトとウィザードで、AOMEI Backupperはオールインワンで使いやすいクローニングソフトウェアと見なされてきました。これは、Windows XP、Windows10、Windows8.1、Windows8、Windows 7、Windows VistaおよびWindows XP、64ビットや32ビットなどのすべてのWindows PCシステムをサポートしています。下のスクリーンショットは、メインインタフェースです。
それでは、詳細手順を見てみましょう。

ヒント: システム転送を実行するには、まずAOMEI Backupper Standardをダウロードしてインストールして起動してください。

ステップ1.左の「クローン」 オプションを選択して「ディスククローン」を選択します。

ステップ2.ソースディスク(ここではディスク0)を選択します。そして 「次へ」をクリックします。

ステップ3.宛先ディスク(ここではディスク1)を選択して「次へ」をクリックします。

警告! ターゲットディスクにはデータがある場合、それが上書きされます。また、宛先ディスクのサイズをソースディスクのサイズと同じまたはそれより大きくする必要があります。

4.ソースとターゲットディスクの情報をプレビューします。以下のようにウィザードページで、所望の詳細オプションをセットできます。その後、「開始」をクリックします:

ディスククローンの動作については、簡単に言えば、2つの言葉です:簡単、高効率的。詳細には、簡単という特徴は、全ての動作プロセスは、数回のクリックで達成できることです。そして、すべての操作がユーザの関連するディスクの問題を効率的に解決することができます。

あなたは、同じ問題を心配したら、この強力で、無料のツールを選択して簡単にそれを解決しましょう。ちょうど今、新しいhddにWindows 7をコピーできるこの無料のクローンツールをダウンロードしましょう。

ヒント: ターゲットデバイスがソリッドステートドライブ(SSD)である場合は、SSDにOSを簡単かつ安全に移行することができるAOMEI Partition Assistantを選択してください。

関連リンク: