自動バックアップWindows7の2つ基本的な方法

Windows7の「バックアップと復元」で自動的にWindows7をバックアップします

ほぼのユーザーは商業的なバックアップ・ソフトウェアに依頼しますが、Windows内蔵の「バックアップと復元」機能を使用する習慣がありません。それは偶発的な損失や損害から機密文書や個人ファイルを保護することに大きな助けになれます。その前のWindowsシステムバージョンと同じ、Windows 7も個人ファイルとドキュメントを保護できる内蔵の「バックアップと復元」機能を持っています。

Windows 7の「バックアップと復元」のアクセス手順:

  • ステップ1:タスクバーの「スタート」ボタンをクリックして、「コントロールパネル」に移動します。
  • ステップ2:「コントロールパネル」を右クリックして、新しいウィンドウを開きます。
  • ステップ3:その後、「システムとセキュリティ」をクリックして、「バックアップと復元」を選択します。

ユーザーのために「バックアップと復元」が2つのオプションがあります:手動でバックアップするライブラリとフォルダを選択するか、デフォルトで保存しますか。

バックアップの設定
Windows「バックアップと復元」を利用して、Windows7自動バックアップをスケジュールできます。好きなスケジュールを設定して、そしてそれを実施します。バックアップをすると、システムクラッシュに遭われたり、ファイルを不本意に削除したりまたは変更したりする場合、オペレーティングシステムだけでなく、バックアップのパーテイションに位置するファイルとドキュメントも復元することができます。

設定

AOMEI Backupperソフトウェアで自動的にWindows 7をバックアップします

大多数のユーザーは常にWindows「バックアップと復元」の不安定性を訴えたので、第三のプロのバックアッププログラムが必要です。それで、あるユーザーフレンドリーな強力なフリーソフトウェアを非常にお勧めします - AOMEI Backupper

システムバックアップ

AOMEI Backupperは、3つの主なバックアップ・オプション、いわゆるシステムバックアップ、パーティションのバックアップとディスクバックアップを持っています。システムバックアップオプションで自動的にWindows 7をバックアップするのをお勧めします。この機能を使用すると、バックアップタスクの時間を事前に定義することができます。そして、AOMEI Backupperは、複雑なバックアップの配置を可能にするためにスケジュールウィザードを提供しています。

スケジュールオプション

AOMEI Backupperと内蔵の「バックアップと復元」の違い

Windows「バックアップと復元」と言えば、このプログラムの利点は、内蔵されるのでダウンロードしたりインストールしたりする必要がなくて、使用することは非常に便利だということです。このソフトウェアの弱点は、バックアップファイルを暗号化し、圧縮することができないことです。また、非常にシンプル、粗製なバックアップスケジュールだけを実行できます。例えば、一日に二回のバックアップを作成できません。要するに、これは高度的な自動バックアップの設定を完成しません。

そして、AOMEI Backupperに総合的な評価を与え、Windows 7「バックアップと復元」と比べて、より多くのヒト化オプションやバックアップの設定を提供します。それがバックアップ・オプションの種類を提供しているだけでなく、また 差動バックアップと増分バックアップ を行うことができます。またこのソフトウェアがクローンや圧縮、いくつかの他のタスクを可能にします。

Windows「バックアップと復元」は、自動バックアップWindows 7などのタスクをほとんど実行しないユーザーにとって適切です。AOMEI Backupperは、ホームユーザーと企業の両方に、より専門的な無料のバックアップソフトウェアです。今すぐ 無料でダウンロード し、それを試してみよう!