Windows7バックアップと復元ツールの最高の無料代替品

どうしてWindows7バックアップと復元の代替品が必要ですか

Windows7は自分の内蔵バックアップソフトウェア-バックアップと復元があります。それはファイルのバックアップとコピーを実行し、システムイメージを作成できます。Microsoftのバックアップと復元ツールなので、このOSの一部のユーザーは、PCを保護し、ファイルの安全性を維持するのに他のパッケージが必要ないと思っているかもしれません。実は、そのユーティリティーがいくつかの機能に欠けます。例えば、Windowsのバックアップと復元はフルバックアップだけができますが、増分と差分バックアップができません。これも、多くの人はバックアップと復元の代替ソフトウェアを使用する原因の一つです。

更に、Windows7ユーザーの反応によって、災害が発生した後にシステム復元を実行してみる時、それは失敗しました。また、圧縮と暗号化も失敗しました。ファイル圧縮がなしで、バックアップ後に沢山のファイルに直面しなければならないかもしれません。Windows7が自動的に古いバックアップを削除することを期待しないほうがいいです。暗号化がないとは多くの場合に安全性がないという意味です。

Windows7バックアップと復元の代替品

AOMEI Backupper Standardエディションはオールインワンバックアップと回復フリーソフトであり、データとシステムをしっかりと保護できます。それは簡潔かつユーザーフレンドリーなインタフェースを持って、コンピューターの知識が不足でもそれらの機能を順調に操作できます。基本的な操作に加えて、このプログラムを使用して、圧縮、暗号化、自動/スケジュールバックアップ(デーリー、ウィークリー、マンスリー)、増分と差分バックアップ(時間とコンピューターの空間を節約)、ファイル同期(ファイルとフォルダを自動的に外付けHDD、NAS、USB、ネットワーク共有フォルダなどへ同期)、異なるハードウェアの復元、ディスククローン、ワンキーリカバリー などを作成できます。以上が述べた以外、この記事はAOMEI Backupper Standardの圧縮、暗号化、増分と差分バックアップ、いくつかの機能を一つずつ説明します。最初はフリーソフトAOMEI Backupperをダウンロードします。

そして、このソフトウェアをインストールして起動します。バックアップ手順の間に、圧縮レベルを設定できます(システムバックアップを例とします)。

第一:「バックアップ」>「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

第二:ターゲットパスとしての場所を選択します。システム予約済みパーティションとCドライブがデフォルトで選択されます。

バックアップオプション

イメージファイルの暗号化

「オプション」をクルックして、バックアップの設定の下で「普通」を選択します。「バックアップの暗号化を有効にする」をチェックして、パスワードを入力します。

encryption.gif

イメージファイルの圧縮

「圧縮」をクリックして、ある3つのレベルを選択できます。

圧縮

差分と増分バックアップ

「スケジュール」前のボックスをチェックして、「詳細」に入ります。そして、バックアップのモードを設定できます。

詳細

最後:「開始」をクリックして、進行が完了することを待っています。

システムバックアップの進行状況

要するに、Windows7バックアップと復元の代替ソリューション-AOMEI BackupperはWin7内蔵ツールのない機能でコンピューターを管理することができます。簡単な移動でデータとシステムをしっかりと保護できます。他に、このフリーソフトはWindows 8/8.1/10とWindows XP/Vistaもサポートします。