解決済み:Windows 10スタートアップ修復が失敗

Windowsスタートアップ修復ができない場合は、主に二つの状況が考えられます。それは、Windows 10スタートアップ修復とWindows 10自動修復ができないことです。どんな状況にあっても、ここで解決策を見つけましょう。

スタートアップ修復ができない

Windows 10には修復ツールがあり、スタートアップ修復はシステム修復オプションメニューの修復ツールの1つとして起動修復機能があります。起動修復を利用して、破損したシステムファイルや無効なブートファイルなどのPCの問題をスキャンし、これらの問題を解決することができます。

Windows 10が起動しない場合は、インストールディスクまたはシステム修復ディスクを利用して、拡張オプションで起動してから、起動修復を実行します。ただし、Windows 10スタートアップ修復が動作しないという問題が発生することもあります。

スタートアップ修復ができないといえば、基本的にはWindows NTのスタートアップ修復ループとWindows 10の自動修復でPCを修復できないという2つのエラーに当てはまっています。ここでは、2つのエラーを1つずつの順に対処方法を紹介します。

1. Windows 10のスタートアップ修復ループ

Windows 10のスタートアップ修復ループは、Windows 10のスタートアップ修復と呼ばれています。このエラーが発生すると、Windows 10は「スタートアップの修復」を何度も起動し、スタートアップ修復をロードする無限ループを表示します。結局、コンピュータ上のものには何もアクセスできません。

2. Windows 10の自動修復

スタートアップ修復は、いくつかの問題を修正するのに役立つと思われますが、いつもうまくいけるとは限りません。 状況によっては、Windows 10の自動修復に失敗したっり、Windows 10の自動修復でPCを修復できなかったりする可能性があります。

解決策

2つのエラーを見つけたら、それを1つずつ修正しましょう。

Windows 10のスタートアップの修復ループを修正する方法

1. 自動再起動を無効にします

この問題が発生したら、自動再起動を手動で無効にします。

自動再起動を無効にするには、まずコンピュータを再起動します。PCが再起動すると、「オプションの選択」というタイトルの画面が表示されます。そこから、トラブルシューティング>詳細オプション>起動設定のメニューオプションに従ってください。

障害発生後の自動再起動を無効にするを選択し、「Enter」を押して、PCが起動するのを待ちます。

自動再起動を無効にする

自動再起動を無効にしたら、Windows 10を正常にロードできるかどうかを確認します。これでも問題が解決しない場合は、引き続き他のソリューションを見つけてみましょう。

2. ブートボリュームでchkdskを実行する

破損したBCD設定または破損したブートパーティションにより、Windows 10スタートアップの修復ループ障害が発生することもあります。 ブートボリュームを確認し、BCDを再構築してみます。

chkdskを実行するには、詳細オプションでコマンドプロンプトを選択します。コマンドプロンプトで、chkdsk C:/f/rと入力して、システムファイルの破損、無効または削除を確認します。

詳細オプション

3. BCDを再構築する

オプションからコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを入力します。

bootrec/fixboot

bootrec/rebuildbcd

BCD再構築する

Windows 10自動修復ソリューションはPCを修復できなかった場合の対策

Windows 10の自動修復が失敗すると、自動修復でPCを修復できませんでしたというメッセージが表示されています。

Windows 10の自動修復に失敗

このような状況に陥ったら、次の解決策を試してみましょう。

1. 「sfc/scannow」コマンドを実行する

まず、「sfc/scannow」コマンドを実行して、ファイルシステムを修復します。

それからコンピュータを再起動してください。オプションでコマンドプロンプトを開きます。

コマンドプロンプトが表示されたら、次のコマンドを入力します。

sfc/scannow/offbootdir=d:\/offwindir= d:\windows

「Enter」を押して、処理が完了したらコンピュータを再起動します。

2. 早期起動アンチマルウェア保護を無効にします

マルウェア対策プログラムをインストールした後に問題に直面した場合は、この解決策で修正されます。 コンピュータを再起動してください。[オプションを選択]というタイトルの画面が表示され、トラブルシューティング>詳細オプション>起動設定の順にクリックします。

最後に、「早期起動アンチマルウェア保護設定を無効にする」を選択します。

Windows 10自動修復ができない

すべての対策で問題を解決できない場合は、他の対策を見つける必要があります。新規インストールでは必ずこの問題を解決できます。ただし、Windowsとプログラムのインストールと構成には多くの時間がかかります。システムの復元をオンにしている場合は、システムの復元を実行してWindows 10の起動修復を簡単に解決できます。

オプションで、「システムの復元」を選択し、指示に従って適切なポイントを選択します。

システムの復元りす

注意事項:システムの復元では、ウイルスやその他のマルウェアが削除または駆除されません。ウイルスはOSに深く統合することができます。システムの復元を実行しても何も助かりません。また、システムの復元は、Windowsシステムファイル、レジストリ設定、プログラムを復元するだけで、削除されたファイルは復元されません。

お使いのコンピュータをより良く保護します

お使いのコンピュータをより良く保護するには、サードパーティのプロフェッショナルバックアップと復元ソフトウェア OMEI Backupperを使用することをお勧めします。Windows 7/8/8.1/10/Visa/XPで使用できます。システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップを作成することができます。

AOMEI Backupperによって作成されたイメージ・バックアップを使用すると、コンピュータを起動できない場合でも、システムを以前の状態に復元できます。この最も重要な点は、異種のハードウェアにも復元できることです。 ここにAOMEI Backupperの主なインターフェースがあります。

AOMEI Backupper

AOMEI Backupperを使用すると、コンピュータをより柔軟に保護することができます。ぜひ、お試してください。