[超簡単]Windows 10バックアップ管理を自動的に実行!

バックアップの保存先ディスクに十分な空き領域がありません?この記事ではWindows 10でバックアップを自動的に管理する方法を学びます。

問題:バックアップディスクがいっぱいになってきます…

データの損失を防ぐために、バックアップは我々の日常生活でますます重要な役割を果たしています。必要に応じて、システムバックアップ、パーティションバックアップ、ディスクバックアップやファイルバックアップなどを実行できます。

バックアップを長期間実行すると、次の問題が発生する可能性があります:バックアップディスクがいっぱいになってきます

この問題を解決しないなら、バックアップに失敗するかもしれません。次はバックアップに失敗したことがあるユーザからの話です:

1TBのUSBメモリを仕事用PCのバックアップディスクとして使用しています。このUSBメモリはだんだん容量不足になってきますので、手動で古いバックアップを削除する必要があります。

ディスク容量の上限を超えてエラーを発生することなく、Windows バックアップでバックアップを効率よく管理する方法はありますか?

実は、Windows 10でWindowsイメージバックアップを自動的に削除する方法を探しているユーザーが多いです。では、その対処法は一体何でしょうか?

  

Windows 10でバックアップを自動的に管理する方法

Windows 10バックアップで古いバックアップを自動削除するには、ここで効率的な方法を2つ紹介します。

方法1:強力なユーティリティを使ってWindows 10のバックアップを管理!

専門的なバックアップソフトAOMEI Backupper Professional版を使用すると、Windows 10のバックアップを簡単に管理できるようになります。このソフトはWindows 10/8/7/Vista/XPのようなすべてのWindows PCオペレーティングシステムをサポートします。

利用可能なバックアップ種類が4つあります:システム/ディスク/パーティション/ファイルバックアップ。我々は必要に応じて選択できます。

イメージファイルが大量保存されているので、バックアップディスクにがいっぱいになったら、[スキーム]機能を使用して古いバックアップを自動的に削除することができます。

これから、AOMEI Backupperを使用してWindows 10でシステムバックアップを作成し、バックアップファイルを自動的に削除するには、以下の手順に従ってください。

ステップ 1. AOMEI Backupper Proの体験版を無料ダウンロード、インストール、起動します。Windows 10を外付けHDDにバックアップすると、外付けストレージをお使いのパソコンに接続してください。

Windows Serverユーザーなら、AOMEI Backupper Server版を強くお勧めします。ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC向けAOMEI Backupper Technician版と台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Backupper Technician Plus版をお勧めします(*クライアントに有償技術サービスを提供できる)。各AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

ステップ 2. バックアップ]をクリックして[システムバックアップ]を選択します。

システムバックアップ

ステップ 3. システムパーティションはデフォルトで選択されています。ここでバックアップファイルを保存する保存先パスを選択します。その後、一番下の[スキーム]にチェックを入れます。

保存先パス

ステップ 4. 表示された画面で[ディスクスペースの管理を有効にする]をチェックし、必要に応じて5つのスキームタイプから1つ選んで古いバックアップの自動削除を設定します。

ディスクスペースの管理を有効にする
ヒント:5つのスキームタイプの違いについては、バックアップスキームを参照してください。

ステップ 5. 操作を確認して[開始]をクリックします。

開始

オプション:バックアップの暗号化を有効にしたり、バックアップイメージファイルの圧縮レベルを設定したり、インテリジェントセクターバックアップまたはセクター単位のバックアップを選択したりすることができます。

スケジュール:バックアップタスクを定期的に実行するように設定できます。6つのモードがあります:毎日、毎週、毎月、イベントトリガー、USBプラグインおよびリアルタイム同期。必要に応じて選んでいいです。

方法2:パソコン内蔵ツールでWindows 10のバックアップを管理

Windows 10/8/7でバックアップファイルをWindows内蔵ツールで自動的に削除する方法を知りたい人もいます。では、次へいきましょう。

1. スタート]ボタンをクリックし、[設定]→[更新とセキュリティ]→[バックアップ]→[バックアップと復元に移動]を順に選択し、バックアップツールを開きます。[領域の管理]をクリックします。

領域の管理

2. [Windowsバックアップディスク領域の管理]画面で、[システムイメージ]の[設定の変更]オプションをクリックします。

設定の変更

3. 次の画面で、[最新のシステムイメージのみを保持し、バックアップの使用領域を最小にする]にチェックを入れます。こうして古いバックアップを自動的に削除し、1つのシステムイメージのみを保存できるようになります。[OK]をクリックして変更を保存します。

最新のシステムイメージのみを保持
注:この方法でシステムバックアップイメージを削除しかできません。

結語

ここまで、Windowsバックアップファイルを自動削除する方法を紹介してしまったのです。上記の2つの方法で自動的にバックアップを管理させることができますが、AOMEI Backupperの方がより柔軟かつ便利だと思われます。

AOMEI Backupperを使用すると、バックアップを異なるハードウェアに復元することもできます。その他に、クローン、同期などの機能をも提供します。

ちなみに、このソフトをSamsung 970 EVOクローンソフトおよびPNY SSDクローンソフトとして使用できます。本当にいいですので、ぜひ試してみてください!


2つの方法・Windows10をUSBにバックアップ・復元! セーフモードでファイルをバックアップする方法[Windows 7/8/10] フリーソフトでNASからNASへバックアップする最善の方法