Windows10 Anniversary UpdateはLinuxパーティションを削除します

Windows10 Anniversary updateの大きな問題

コンピューターにWindows 10をインストールした多くのユーザーはLinuxのOSもインストールしたかもしれません。彼らはほとんどの時間でWindows 10を使用しますが、時にはLinuxを実行して、物事を行う必要があります。通常に、開発者はWindowsおよびUbuntuのデュアルブートシステムをインストールするのを好みます。その効率はより良いです。でも、多くのユーザーはWindows 10 anniversary updateがLinuxパーティションと他の非Windowsのパーティションを削除することを報告しました。もし、WindowsとLinuxは同じHDDにインストールされたら、Windows 10 anniversary update(バージョン1067)後、Linuxシステムはめちゃくちゃなブートローダのせいで起動できなくなります。もし、Linuxシステムは他のHDDにインストールされたら、更新後、それはそのまま放置されます。そのため、本当にWindows 10の最新バージョンへアップグレードしたい場合、Windows 10 anniversary updateの問題を防ぐために、事前にWindowsおよびLinuxのデュアルブートシステムをバックアップすることを非常に推薦します。

どのようにWindowsおよびLinuxをバックアップしますか

上述のように、WindowsおよびLinuxのデュアルブートシステムを実行したユーザーはより頻繁にWindows 10を使用します。そのため、Windows向けのバックアップソフトウェアを選択したほうがいいです。AOMEI Backupper StandardはWindows 10/8/7向けのバックアップと復元の無料ツールです。それはシステムバックアップ、パーティションバックアップ、ディスクバックアップとファイルバックアップを提供します。また、それはUbuntuファイルシステム、Ext3またはExt4を含む多くのファイルシステムをサポートできます。そのため、デュアルブートシステムのWindows 10 anniversary updateをインストールする前に、それを使用して、フルバックアップを作成できます。

Windows 10およびLinuxのバックアップを作成します:

1.AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、実行します。「バックアップ」タブの下で「パーティションバックアップ」をクリックして、Windows 10をバックアップします。

パーティションバックアップ

2.「1」をクリックして、すべての必要なパーティションをバックアップソースとして選択します。MBRディスクについて、Windows 10のC:ドライブの他に、システム予約済みパーティションを含む必要があります。GPTディスクについて、C:ドライブの他に、EFIパーティションとMSRパーティションを含む必要があります。

パーティションを選択

3.「2」をクリックして、バックアップイメージを保存する場所を指定します。それはWindowsエクスプローラーで検出できる任意のフォルダを宛先場所として選択できます。

宛先場所

4.バックアップに他のパーティションを追加できます。その後、「開始」をクリックして、それを行います。

このバックアッププロセスはバックグラウンドで実行されるので、それは進行中でいる時、コンピューターを使用して、行っている事を続けることができます。もし、十分なバックアップスペースがあるなら、ディスクバックアップを使用して、全体HDDをバックアップすることもできます。Windows 10 anniversary updateはLinuxパーティションを 削除しても、簡単にバックアップを復元できます。そのため、任意のデータが紛失しません。