【Windows 10】シャドウコピーを利用してファイルの復元

シャドウコピーは、システムの復元だけでなく、削除または失われたファイルの復元にも役立ちます。この記事では、Windows 10のシャドウコピーをよりよく管理する方法を説明します。

ボリュームシャドウコピーとは

Windows 10/8/7で利用可能なボリュームシャドウコピーは、使用中であるディスクボリュームのスナップショット(シャドウコピー)を作成する一つの機能です。ローカルディスク、外付けHDD、またはNASにシャドウコピーを作成・保存できます。

シャドウコピーには、シャドウコピーの作成と保存にNTFSファイルシステムが必要なんです。それで、シャドウコピーを利用する「Windowsバックアップと復元」は、NTFSでフォーマットされたボリュームのみを保護できます。

システム復元ポイントが作成されるたびに、有効なシャドウコピーが作成されます。Windows10システムが正常に行わない場合、システム復元ポイントを利用してWindows 10を以前のバージョンに復元します。

シャドウコピーは、システムの復元以外にも削除されたファイルを復元することもできます。既定では、システム保護はシステムドライブ(Cドライブ)に対して有効になっていますが、Cドライブ以外の他のボリュームを手動で保護することもできます。

シャドウコピーを利用して紛失したファイルを復元する方法

もし紛失したファイルが保存されていたドライブでシャドウコピーが利用できる場合は、以前のバージョンを利用して削除されたファイルを簡単に復元できます。たとえば、デスクトップに保存されたファイルを復元するには、次の手順を実行します。

1. ファイルエクスプローラーでデスクトップフォルダを探します。

2. デスクトップフォルダを右クリックし、プロパティを選択します。

3. 復元したいバージョンのタグを選択し、復元を選択します。

削除されたファイルを復元

もし例のフォルダで紛失したファイルが見つからない場合は、その親フォルダを見つけて以前のバージョンに復元すればいいです。

もし削除されたファイルの宛先を忘れた場合は、無料ツールのShadow Explorerをダウンロードしてみましょう。困っているあなたを助けて、簡単にファイルを復元させます。

Shadow Copy Explorer

シャドウコピーを削除する方法

既定では、Windows 10ではシャドウコピーを保存するためにボリュームスペースの5%を占用することです。シャドウコピーのディスク容量が大きすぎると思う場合は、最新のものを除いてすべてのシャドウコピーを削除してもかまいません。

すべてのシャドウコピーを削除するには、次の手順を実行します。

1. PCを右クリックし、プロパティを選択します。

2. システムの保護を選択します。

3. 設定をクリークします。

4. 新しいポップアップウィンドウで、削除をクリックしてすべてのシャドウコピーを削除します。

最新のシャドウコピーを除いてすべてのシャドウコピーを削除することをお勧めします。最新のシャドウコピーのみを保存するには、内臓されているディスのククリーンアップを使用しましょう。

ボリュームシャドウコピーでバックアップを置き換えない

Windows 10のシャドウコピーは、いくつかの理由でバックアップを置き換えることはできません。

1. シャドウコピーは元のボリュームに保存されるため、ボリュームがクラッシュした場合、シャドウコピーは使用できません。

2. シャドウコピーは、既定では定期的に作成されないことがあります。

3. 貴重なシャドウコピーは、ディスク容量が少ないときに警告することなく削除されてしまう恐れがあります。

4. シャドウコピーは、すべてのファイルの変更を正しく記録できないかもしれません。

それで、システムとデータを安全に守りたい場合は、シャドウコピー以外の実際のイメージバックアップを作成する必要があります。

Windows 10向けの無料バックアップおよび復元ソフトウェア

AOMEI Backupper Standardは、Windows 10/8/7向けの無料バックアップソフトウェアです。システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップを提供するので、システムとファイルを別々にバックアップしたり、システムやファイルを含むハードドライブ全体をバックアップすることができます。

データを常にバックアップするには、スケジュールされたバックアップタスクを設定して、自動的にバックアップを作成させます。ディスクスペースを節約するために、AOMEI Backupperは、最初のフルバックアップ後に増分バックアップを作成し続けます。差分バックアップまたは完全バックアップに変更することも可能です。

スケジュールされたバックアップを毎日、毎週、または毎月の特定の時刻に実行するように設定できます。特定のイベントでバックアップを実行する場合は、AOMEI Backupperを利用して、イベントトリガバックアップタスクを作成すればいいです。

AOMEI Backupperで自動バックアップタスクを作成する方法

1. 無料のバックアップツールをダウンロードしてインストールします。

2. メインインターフェイスで、バックアップ タブをクリックし、システムバッグアップを選択します。ハードドライブ全体をバックアップする場合は、ディスクバックアップを選択します。

システムバックアップ

3. 次の画面では、システム関連のパーティションが自動的に組み込まれていることが見られます。ステップ2をクリックして、バックアップイメージを受け取るロケーションフォルダまたはドライブを選択します。外部ボリュームにバックアップすることをお勧めします。

バックアップの場所

4. 次に、スケジュールをクリックして、設定に基づいてスケジュールバックアップ設定を構成します。その後、開始をクリックしてバックアップを開始します。

Windowsのバックアップとリストアと比較して、AOMEI Backupperはより超高速です。SATA SSDで70GBのデータをバックアップするのに4分ぐらいかかったそうですが、NVME SSDを使用すると、さらに高速になります。

バックアップが完了したら、重大な問題が発生した場合に備えて、起動可能なメディアを作成することが大事なのです。システムが起動しない場合、ブート可能なメディアからPCを起動し、それからバックアップからシステムを復元します。

シャドウコピーが常に機能するとは限りませんので、Windows 10のシャドウコピーと一緒にイメージバックアップを定期的に作成することを強くお勧めします。