Windows 10を再インストールせず、SSDに移行する方法

より良い性能のため、SSDにアップグレードする

とても古いコンピューターを持っていても、古いHDD(ハードディスクドライブ)をSSD(ソリッドステートドライブ)に置き換えれば、コンピューターの速度を劇的に向上させることができます。普通、SSDは一般的なHDDよりはるかに速いです。

HDDとSSDは異なる種類のディスクで、両方は不揮発性メモリを適用してデータを格納します。でもHDDは磁性体を塗布した円盤であり、この円盤を高速回転し、磁気ヘッドを移動することで、情報を記録し読み出します。一方でSSD(ソリッドステートドライブ)はHDDの代わりになる記憶装置であり、可動部分が存在しなくてメモリチップにデータを格納します。

この方法で、データを読み込み、または書き込む必要がある時、回転する円盤がないため、HDDと比べてSSDはもっと速いローディング速度があります。

コンピューター起動またはプログラムロードを長時間待っていることに疲れてしまい、そしてより速いスピードを求めるWindows 10ユーザーである場合、HDDをSSDに交換・換装することができます。

システム移行 vs クリーンインストール

HDDをSSDにアップグレードするために、一般的に2つの選択があります。1つはWindows新規インストールで、もう1つは再インストールなしでOSをSSDに移動することです。

システム移行後にコンピューターの速度は、システムがHDDにインストールされる時よりも遅いのか心配するかもしれません。それはなかなか見られない状況です。最も可能性の高い原因は新しいSSDがAHCIモードを必要としますがSATAモードをIDEに設定することです。

また、いくつかの古いOSはSSDにとってあんなに相応しくないです。そのため、SSDで最高パフォーマンスを得るために、いくつかのSSD最適化の操作を行う必要があります。Windows 7と違ってWindows 10は既にSSDのために最適化されました。

一般的にシステム移行は簡単に完了できるし、パフォーマンス向上をもたらします。そのため、Windows 10を実行している場合、SSDにOSを移すことを非常にお勧めします。それはシステム構成または再インストールにかかる時間と労力を節約できます。

SSDデータ移行ツール

AOMEI Backupper ProfessionalはPC、ノートパソコン、ワークステーション向けの高度なデータ保護ソフトウェアです。それは再インストールなしでOSとインストールされているプログラムをクローンしてWindows 10をSSDに移行できます。その使いやすいインターフェースはタスクを簡単に完了させることができます。

パーティションスタイルを変換せずにMBRディスクからGPT SSDにOSを移動でき、逆もまた同様です。移行を実行するために、いくつかのボタンをクリックするだけが必要で、このツールは残りの部分を処理します。SSDから起動する前に、ブートモードが正しく設定されることを確認する必要があります。GPTディスクから起動するなら、UEFIモードを有効にする必要があります。MBRディスクの場合、Legacyモードへ変更する必要があります。

無料ソフトウェアを使用するのが好きなら、AOMEI Backupperは無料版を提供して問題なしで大容量HDDをSSDにクローンすることもできます。

Windows 10を小容量SSDに移行する手順

新しいSSDをWindows 10コンピューターに接続した後、以下の手順に従ってWindows 10をSSDに移行できます。SATAケーブルまたはほかのポートを使ってSSDを接続できます。ノートパソコンは1つだけのドライブベイがある場合、SATA USB変換アダプターでSSDを外付けドライブとして接続できます。

ステップ1:AOMEI Backupper Professionalをダウンロードしてインストールして起動します。インターフェイスの左側にある「クローン」をクリックして「システムクローン」を選択します。

システムクローン

ステップ2:SSDへの移行に、このソフトウェアは自動的にWindows 10システムをソースパーティションとしてみなします。そのため、別ディスク(例えば、ディスク1、つまり小容量SSD)上のパーティションを宛先パーティションとして選択すればいいです。そして「次へ」をクリックします。

宛先パーティションを選択

ステップ3:この手順で、ポップアップメッセージを読んだ後、「はい」をクリックして続行します。

はいをクリック

ステップ4:次の画面でSSDのパフォーマンスを向上させるために「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」オプションを選択できます。そして「開始」をクリックします。ちなみに「セクター単位のクローン」オプションは、セクターが使用されたかどうかに関係なく、すべてをクローンすることを指します。これはかなり時間がかかります。

開始

ステップ5:クローン進捗が100%になると、「完了」 をクリックして操作を終了してください。後でSSDの速い速度を楽しむことができます。

完了をクリック

ノート:

Windows 10をSSDに移行することが完了した後、BIOSに入ってシステムをSSDから起動することを設定してください。そしてHDDをバックアップ領域とデータ保存に使用することができます。またAOMEI Backupperを使用してSSDをHDDのパーティションにバックアップできます。

SSDはその速いスピードなので、Windowsユーザーの間ですごく人気があります。そのため、元のHDDにあるシステムとプログラムを再インストールせず、すべてのデータをHDDからSSDに移行するつもりのユーザーがある場合、彼らはどうしますか?心配しないでこの目標を達成するためにまだAOMEI Backupper Professionalを使用することできます。HDDをSSDにクローンして問題を解決できます。

Windows 10のライセンス認証もSSDに移行されますか?

移行後にWindows 10を再アクティブ化する必要があるかどうかを知りたいかもしれません。それは使用するライセンス認証によって異なります。小売またはボリュームライセンスキーはSSDに移行されることができます。つまり、ssdへの移行の後、Windows 10は自動的にアクティブ化されます。しかし、OEMライセンス(プロダクトキー)である場合、電話でWindowsをアクティブ化する必要があります。

一般的に、ノードパソコンはOEMライセンスを使用し、WindowsをプリインストールするデスクトップパソコンもOEMです。自分のライセンス認証がOEMであるかを確認するために、PCを右クリックして「プロパティ」を選択します。プロダクトIDをチェックし、その中に「OEM」という3文字があるなら、それはOEMプロダクトキーです。