Windows 10ディスクバックアップを実行する方法

Windows 10ディスクバックアップについて

HDDまたはredundant array of independent disks (RAID)、特にRAID 0の失敗を防ぎ、予測することができないのは事実です。バックアップの作成はデータの保護に不可欠なことになります。OSに加えて、HDDに貴重なデータが沢山保存され、同時に全てのファイルを簡単にバックアップできない場合、ディスクバックアップはコンピューターの全てのデータを保護するのに最高の方法そうです。特に同じディスクに一つ以上のOSをインストールするユーザーにとってそうです。システムに関連するパーティションだけをバックアップするシステムバックアップと比較して、ディスクバックアップは、システムの隠し回復パーティションを含むディスク上の全てのパーティションをバックアップします。

Windows 10ディスクバックアップを実行する必要なもの

バックアップされるソースディスクとディスクバックアップイメージを保存するストレージデバイスが必要です。壊滅的なコンピューターの失敗を回避するために外付けHDDはより良い選択肢です。外付けHDDにバックアップしたくないなら、ネットワークアタッチトストレージ(NAS)もバックアップイメージを保存する宛先パスとして選択できます。Windows 10は内蔵バックアップツール-ファイル履歴を持っています。それは沢山の制限があります。それにそれは全体ディスクをバックアップすることを許可しません。そのため、AOMEI Backupper Standardのようなより合理的なサードパーティ製のバックアップフリーウェアが必要で、Windows 10にディスクをバックアップします。オフラインディスク復元を実行するために、USBディスクまたはCD/DVD-R/RWディスクが必要で、ブータブルメディアを作成します。

AOMEI Backupper StandardでWindows 10ディスクをバックアップします

AOMEI Backupper Standardは、Windows 10/8/8.17/Vista/XP向けの無料ディスクバックアップソフトウェアです。それは、Windowsディスクの管理に表示される任意の場所パスに全体ディスクをバックアップできます。Backupperを使用して、ディスクバックアップの手順は非常に簡単になれます。

Windows 10ディスクバックアップを行う:

1. AOMEI Backupper Standardをインストールして起動します。

2. 「バックアップ」タブで「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

3. 「1」をクリックして、バックアップされるソースディスクを選択します。そして、「2」をクリックして、バックアップイメージファイルを保存するために、宛先ディスクを選択します。

ソースを選択

4. 「開始」をクリックして、バックアップを実行します。

それは、Windows 10のフルディスクバックアップを作成するのに数回だけのクリックが必要です。これはまだ複雑と思ったら、コマンドラインを使用して、完全な無人バックアップを実行することもできます。バックアップの処理が実行される時、コンピューターを依然として使用できます。それはバックアップを始める前にHDDのスナップショットを作成するためです。バックアップが完了した後、スケジュールの差分または増分バックアップを作成できます。それは自動的に新しく追加されたデータをバックアップして、ディスクスペースを節約します。

ディスクバックアップからコンピューターを復元するために、Backupperによって作成されたWindows PEまたはLinuxブータブルメディアに起動して、復元を選択します。ブータブルメディアがない場合、AOMEI Backupper StandardのAOMEI PXE Boot Tool機能を使用して、コンピューターを起動できます。ディスクバックアップから一部のファイルだけを復元したいなら、ディスクバックアップイメージを仮想ドライブとしてマウントできます。それはファイルエクスプローラにアクセスされることができます。そして、ローカルディスクに復元したいファイルまたはフォルダをコピーできます。