「回復環境が見つかりません」というエラーを修正する3つの方法

回復環境が見つかりませんというエラーが発生した場合、Winre.wimファイルに壊れているかもしれますん。ここでは、解決方法を紹介します。

問題

Windows 10 PCをリセットまたは更新しようとすると、「回復環境(RE)が見つかりません」というメッセージが表示します。Windowsインストールまたは回復メディアを挿入し、メディアを使用してPCを再起動するよう求められます。

リカバリモードで起動すると、「トラブルシューティング」の下にオプションが表示されません。通常は、「PCをリセットする」または「トラブルシューティング」の「詳細オプション」を参照してください。つまり、Windows回復メディアまたはインストールディスクを挿入しない限り、Windows 10回復オプションのいずれかを使用することはできません。

原因

このエラーは、Windows REステータスが無効またはWinreであるために発生します。Winre.wimファイルが壊れています。以下のチュートリアルを読んでエラーを修正すると、どのリカバリオプションも使用できます。

Winre.wimファイルは通常、Windowsの復元パーティションにあります。ドライブレターがないため、Windowsのファイルエクスプローラで表示されません。Winre.wimファイルを表示するには、ディスクの管理またはDiskpart.exeを使用して回復パーティションがにドライブ文字を割り当てます。

場合によっては、システムディスクに回復パーティションがありません。Winre.wimファイルは通常、隠しフォルダであるC: \Recoveryにあります。

ソリューション

まず、Windows REの状態を確認した試してみてください。Windows REの場所が見つからない場合は、Winre.wimファイルを探し出すか、別の場所からコピーする必要があります。WindowsインストールファイルからWinre.wimファイルを抽出することもできます。

Windows回復環境を有効にする

軽減されたコマンドプロンプトでコマンド「reagent/info」を実行して、リカバリステータスを確認できます。

1. Windowsの検索ボックスに「CMD」と入力し、Enterキーを押します。結果のコマンドプロンプトを見つけて右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

2. 「reagent/info」(引用符なし)と入力し、Enterを押します。

3. 無効になっている場合は、「reactc/enable」と入力して再度有効にしてください。

回復環境の状態を確認

Windows REの状態が有効で、引き続き回復環境が見つからない場合は、Windows REの場所が有効かどうかを確認する必要があります。このイメージファイルが破損しているか不足している場合、Windows回復オプションを使用することはできません。

Winre.wimが壊れているか紛失しているのを修正

Winre.wimファイルを見つけるために、コンピュータ上のファイルを検索することができます。昇格したコマンドプロンプトで、次のコマンドを入力してC:ドライブ上のWinre.wimファイルを検索します。

dir /a /s c:¥winre.wim

まれに、Winre.wimファイルが別のドライブに格納されている可能性があります。次に、スイッチC:を対応するドライブ文字に変更する必要があります。たとえば、ファイルのD:ドライブを検索するには、「dir /a /s d:¥winre.wim」と入力します(引用符は不要です)。

Winre.wimファイルが見つかり、有効であれば、コマンド「reagentc /setreimage /path [path of Winre.wim]」を入力できます。例えば、「Reagentc /setreimage /path C:¥Recovery¥WindowsRE」

Winre.wimファイルが破損している場合、Winre.wimファイルをこのコンピュータに同じバージョンのWindowsを実行する別のコンピュータにコピーできます。Install.esdファイルがある場合は、そのファイルを展開して、Winre.wimファイルを取得します。

winre.winファイルが取った場合は、「reagentc/setreiamge/path[pash]」コメントを実行してWindows回復環境の場所を指定することを忘れないでください。

代わりにWindowsのインストールメディアまたはリカバリメディアを使用

Windows 10のリカバリディスクまたはインストールドライブを使用している場合は、このエラーを修正する必要はありません。代わりに、Windows 10をリセットしたり、その他のリカバリオプションを使用したりできます。回復オプションを使用するために、別のコンピュータから回復ディスクを作成することもできます。

別の信頼できる回復オプションを追加する

Windows 10のリカバリオプションは時々動作しない場合があるため、システム保護、システムイメージバックアップの別の層を作成することを検討することがあります。また、定期的にデータをバックアップすることは常に良い方法です。

バックアップツールを選択すると、フリーバックアップソフトウェア--AOMEI Backupper Standardが動作します。その簡潔なインターフェイスで、それはWindows 10/8/7にとても親しみがあります。回復オプションに追加することができますので、簡単にバックアップを復元できます。

AOMEI Backupperを使って簡単にシステムバックアップを作成する方法を見てみましょう。

手順 1. このフリーバックアップユーティリティをダウンロードしてインストールします。

手順 2. バックアップタップ下の「システムバックアップ」を選択します。バックアップに含める内容に応じて、ディスクバックアップ、ファイルバックアップ、またはパーティションバックアップを使用することもできます。

システムバックアップ

手順 3. バックアッププロセスを最小限に抑えるため、プログラムは自動的に関連するすべてのパーティションをシステムバックアップのバックアップに含めます。2をクリックして、イメージバックアップを格納するロケーションパスを選択します。

ロケーションパス

手順 4. 必要に応じて、スケジュールされたバックアップを構成するには、ボタンの下にある「スケジュール」リンクをクリックします。その後、「開始」をクリックしてバックアップを実行します。

バックアップが完了したら、CD / DVDまたはUSBディスクを使用してAOMEIブータブルメディアを作成できます。システムが回復環境を見つけられない場合でも、ブート可能なメディアからコンピュータを起動して、プログラムやデータを失うことなくバックアップからシステムを復元することができます。