【無料】「回復環境が見つかりません」エラーを修正する3つの方法

Windowsで回復を実行しようとしたところ「回復環境が見つかりません」と表示されて復元ができませんでした。最も可能性の高い原因は、Winre.wimファイルに破損しているのです。この記事では、エラーを修正するため3つの対策方法をご紹介します。

Windows 10で回復環境が見つかりません? !

  • Windows 10 PCをリセットまたは更新しようとすると、「回復環境(RE)が見つかりません」というメッセージが表示されます。Windowsインストールメディアかリカバリメディアを挿入し、PCを再起動するよう求められます。でも私がそういう通りにしていなく、リカバリモードから復元したいです。しかし、「トラブルシューティング」の下にオプションが表示されません。どうすればいいですか?
    回復環境が見つかりません
                                                                                                         ----【あるユーザーからの質問】

通常は、「トラブルシューティング」の下に「PC を初期状態に戻す」と「詳細オプション」2つのオプションがあります。この2つのオプションが表示されないと、Windows 10の「トラブルシューティング」を利用できなくなると説明します。つまり、Windowsインストールメディアかリカバリメディアを挿入しない限り、Windows 10回復オプションのいずれかを使用することはできません。

「回復環境が見つかりません」エラーの起こす原因

このエラーは、「Windows RE環境が無効になった」または「Winre.wimファイルが破損した」によって発生するかもしれません。

豆知識通常、Winre.wimファイルはWindowsのリカバリパーティションに配置されています。隠されたため、ドライブ文字がなくてWindowsのファイルエクスプローラで表示されません。Winre.wimファイルを表示するには、「ディスクの管理」または「Diskpart.exeコマンド」を使用してリカバリパーティションにドライブ文字を割り当てればいいです。

場合によっては、システムディスクにリカバリパーティションがありません。この時Winre.wimファイルは通常、隠しフォルダである「C: ¥Recovery」にあります。

「回復環境が見つかりません」エラーの起こす原因が知った上で、これから「Windows RE環境が無効になった」と「Winre.wimファイルが破損した」のために、プロな解決チュートリアルを詳しく説明します。

「回復環境が見つかりません」エラーを修正する3つの方法

まず、Windows REの状態を確認してみてください。Windows REの場所が見つからない場合は、Winre.wimファイルを探し出すか、別の場所からコピーする必要があります。また、WindowsインストールファイルからWinre.wimファイルを抽出することも必要があります。

方法 1. Windows回復環境を有効にする

回復環境をチェックするには、コマンドプロンプトでコマンド「reagent/info」を実行することができます。

1. Windowsの検索ボックスに「CMD」と入力し、Enterキーを押します。見つけて右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

2. 「reagent/info」と入力し、Enterを押します。

3. 無効になっている場合は、「reactc/enable」と入力して再度有効にしてください。

回復環境の状態を確認

Windows REの状態が有効で、引き続き回復環境が見つからない場合は、Windows REの場所が有効かどうかをチェックする必要があります。Windows REのイメージファイルが破損しているか不足している場合、Windows回復オプションを使用できません。

方法 2. Winre.wimファイルが破損したか見つからないのを修正

▶ Winre.wimが見つからない場合は:

コマンドプロンプトで、「dir /a /s c:¥winre.wim」コマンドと入力してCドライブ上のWinre.wimファイルを検索します。

まれに、Winre.wimファイルが別のドライブに格納されている可能性があります。この時、Cを対応するドライブ文字に変更する必要があります。たとえば、Winre.wimファイルがDドライブに格納されている場合は、「dir /a /s d:¥winre.wim」と入力します。

▶ Winre.wimが見つかり、有効である場合は:

コマンド「reagentc /setreimage /path [path of Winre.wim]」を入力できます。例えば、「Reagentc /setreimage /path C:¥Recovery¥WindowsRE

▶ Winre.wimが破損している場合は:

同じWindowsバージョンを実行する別のコンピュータからWinre.wimファイルをこのコンピュータにコピーします。そして、Install.esdファイルがある場合は、Winre.wimを展開して取得します。取った時「reagentc /setreimage /path [path of Winre.wim]」コメントを実行してWindows回復環境の場所を指定することを忘れないでください。

方法 3. Windowsインストールメディア・リカバリメディアを使用する

Windows 10のリカバリディスクまたはインストールドライブを持っている場合は、このエラーを修正する必要はありません。代わりに、Windows 10を初期状態に戻したり、その他のリカバリオプションを使用したりできます。他には、別のコンピュータからリカバリディスクを作成して回復オプションを使用することもできます。

データ保護|絶対にお見逃しなく

Windows 10のリカバリオプションは時々動作しない場合があるため、システム保護(システムイメージバックアップ)を作成することを検討する必要があります。また、大切なデータを定期的にバックアップする習慣を身につけておくべきです。

                                                     オススメのバックアップソフトAOMEI Backupper Standard(無料)は頼もしくて強力なバックアップフリーソフトです。システム・ディスク・パーティションのバックアップブロックレベルのバックアップなどの様々なバックアップソリューションを提供します。

または、「スケジュール」機能で自動的に毎日・毎週・毎月・イベントトリガーバックアップを設定することができます。気を配ることなく、楽にバックアップを作成するのは可能です。こちらからダウンロードWindows 10、Windows 8.1/8、Windows 7、Windows Vista、XPに対応

【補足】大きな割引で無料版をAOMEI Backupper Professional(有料版)アップグレードすると、差分バックアップ、システムクローン、ユニバーサル復元など、もっと多くの高度な機能を使用できます。また、Windows Server 2003、2008(R2)、2012(R2)、2016のためにAOMEI Backupper Server版(有料)もあります。各AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

✂----------------------------------- システムバックアップの作成 ----------------------------------✂

手順 1. AOMEI Backupper Standard(無料)をダウンロードし、インストールして実行します。

手順 2. バックアップ」タブ下の「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

手順 3. この画面で自動的にシステムパーティションを選択されています。格納するターゲットディスクを選択すればいいです。

ロケーションパス

手順 4. 定期的にバックアップを設定するには、画面の一番下にある「スケジュール」で、「毎日、毎週、毎月...」を設定することができます。その後、「開始」をクリックしてバックアップを実行します。

注:上記の3つの方法で、「回復環境が見つかりません」エラーを修正できない場合は、AOMEI Backupper StandardでCD/DVD/USBを使用してブータブルメディアを作成することもできます。起動問題に遭ったら、直接にブータブルメディアからコンピュータを起動して、そして、システムバックアップからシステムを復元することができます。