どのようにWindows10を外付けハードドライブにバックアップしますか?

Windows10バックアップについて

Windows10をバックアップすることは必要とするときに、それらを復元できるシステム/ブートファイルやアプリケーションのコピーを作成することです。両方のファイルもバックアップした場合のみに、復元した後、システムを正常に起動することができます。

通常、システムがウイルス、ハードウェア障害またはヒューマンエラーの原因でクラッシュした場合に、ユーザーは、Windows10のシステムのバックアップを作成することが必要です。事前にシステムをバックアップしなかった場合、システムがクラッシュしたら、あなたの重要なデータのすべてを永遠に失うことになります。誰もがこの恐ろしいことを体験したくないと思っています。そのため、お使いのシステムに二重の保険を与えるには、事前にWindows10をバックアップする必要があります。

AOMEI Backupper Standardで外付けHDDにWindows10 をバックアップします

AOMEI Backupper Standard はデータ保護に注目している無料のソフトウェアです。それを使用して、外付けハードディスクにWindows10 をバックアップすることができます。これは、内部ディスクが磨耗によって損傷する可能性があるので、内部ディスクにバックアップすることよりもはるかに安全です。

ステップ1: AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、インストールして起動します。インターフェイスの左側にある「バックアップ」 をクリックしてから 「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

ステップ2: AOMEI Backupper Standard は、ソースとしてシステムパーティションを選択しますので、宛先ディスクとしてコンピュータに接続している外付けハードドライブを選択してください、それから 「開始」をクリックします。

開始

ヒント:

「オプション」 (オプションナル)はご自身のニーズに基づいて設定することができます。それは、他のイメージと区別するには、イメージにコメントを追加したり、イメージファイルを 圧縮/暗号化/分割したりすることができます。

ステップ3: 進行状況が100%になると、「完了」をクリックしてタスクを終了します。

完了

通常、事前に外付けハードドライブへWindows10をバックアップしたら、クラッシュしたシステムを救出することができますが、災害が起こって、あなたがシステムをバックアップしなかった場合は、このソフトウェアを使用して、任意のコンピュータで ブータブルメディアを作成して、それを使用してクラッシュしたシステムに入て重要なデータをバックアップすることができます。