Windows 10でネットワーク共有ファイルをバックアップする方法

Windows 10でネットワーク共有ファイルをバックアップするのは重要です

データ損失を起こせる状況が沢山あります。例えば、ソフトウェアまたはハードウェアの故障、ヒューマンエラー、ノートパソコンの盗難、他の予想外の事故です。それらの悪い状況なので、ユーザーにとってファイルバックアップが重要です。ほとんどのユーザーはデータの安全性を維持するためにコンピューターにファイルをバックアップします。

HDDの障害でデータが紛失することを防ぐために一部のユーザーはファイルをネットワークドライブに保存します。しかし、ネットワーク共有ファイルも損失のリスクに直面しなければなりません。そのため、Windows 10/8/7でネットワーク共有ファイルをバックアップするのは必要です。

ネットワークバックアップ解決案

Windows 10でどのようにネットワーク共有ファイルをバックアップしますか。データの安全性を維持するために、ユーザーは常にネットワーク共有ファイルをローカルHDDまたは外付けHDDなどへバックアップします。ここでは、最高のネットワークバックアップソフトウェアAOMEI Backupperを使用して、シンプルな手順でローカルHDD、NAS、DVD/CD、USBフラッシュドライブ、他の外付けHDDにネットワーク共有ファイルをバックアップする方法を紹介します。でも最初、ネットワークファイルをどこへバックアップするかを選択する必要があります。ここではネットワークファイルをローカルHDDにバックアップすることを例としてします。

ステップ1.AOMEI Backupperをインストールして起動します。「バックアップ」タブの下で「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップ

ステップ2.そして、ファイル/フォルダをバックアップするウィンドウに移動します。「1」でバックアップしたいネットワークドライブ上のファイル/フォルダを選択します。「2」でバックアップイメージを保存する宛先を選択します。まず、「ファイルを追加」(フォルダを追加)をクリックします。

ファイルを追加

ポップアップで左側にある「Share/NAS」を選択します。

Share/NAS

そして、共有/NAS管理のウィンドウに移動します。「Share/NASデバイスを追加」をクリックします。ポップアップで、表示名あるいはShare/NASのパスを入力して、Share/NASデバイスを追加します。「はい」をクリックします。

NASを追加

そして、バックアップしたいファイル(フォルダ)を選択できます。上述の手順に従って、複数のファイルとフォルダを選択できます。

ファイル(フォルダ)を選択した後、「2」をクリックして、Windows 10でネットワーク共有ファイルをどこへバックアップするかを選択します。ここではそれをローカルE:\ドライブにバックアップします。

ステップ3.最終、「開始」をクリックして、すべての操作を提出します。

開始

実は、「開始」をクリックする前にバックアップのより多い設定を行えます。例えば、「オプション」を使用して、バックアップのコメントを追加、ファイルを暗号化できます。OMEI Backupperはバックアプファイルスケジュールを提供します。「スケジュール」ユーティリティーを使用して、Windows 10で自動ファイルバックアップを設定できます。また、フルバックアップ、増分、差分バックアップを選択できます。更に、必要ならばAOMEI Backupperを使用して、バックアップからファイルを復元できます。