Windows 10でタスクスケジューラでSyncToyを自動実行

どうすればWindows 10でタスクスケジューラでSyncToyを自動実行しますか?この記事を読んで詳しく手順を見てみましょう。

SyncToyについて

Windowsコンピュータを使用する場合、突然のシステム障害で重要なデータが失われた場合に備えて、通常はファイルをバックアップする必要があります。それでは、重要なデータを自動的かつ定期的にバックアップする方法はありますか?

SyncToyは、MicrosoftからリリースされたWindows用の無料のファイル同期ツールです。シンプルな操作インタフェースにより、使いやすく、高度にカスタマイズ可能です。これは、異なるディレクトリのコピー、移動、および同期に関係する重労働のユーザーを支援します。最も一般的な操作はマウスを数回クリックするだけで実行できます。SyncToyには、SynchronizeEchoContributeという3つの同期オプションがあります。

  • Synchronize

NEwと更新されたファイルは両方向にコピーされます。あるフォルダでファイルの名前が変更または削除された場合、その変更は同じファイルが名前変更または削除される他のフォルダにまたがって同期されます。

  • Echo

新しいファイルと更新されたファイルは、左から右にコピーされます。Unlike the two-way process in Synchronizeの双方向プロセスとは異なり、左から右への一方向のプロセスです。つまり、左のファイルの名前の変更や削除は、右のフォルダの変更に影響しますが、その逆はできません。

  • Contribute

新しいファイルと更新されたファイルは左から右にコピーされますが、削除はありません。Echoと同様に、左から右の一方向の処理ですが、削除は除外されます。名前の変更は左から右に繰り返されますが、左のフォルダのファイルを削除すると、右のファイルは削除されません。

これで3つの同期オプションについて明確なアイデアが得られました。状況に応じてどれかを選択できます。

Windows 10でタスクスケジューラでSyncToyを自動実行する方法

さまざまな同期オプションの中から選択しました。ここで問題が発生します。SyncToyの自動同期タスクをツール自体で作成することはできません。Windowsタスクスケジューラを使用すると、Windows 10でSyncToyを自動的に実行できます。以下のガイダンスに従ってください:

1. タスクバーの「検索」ボタンをタップし、検索ボックスに「タスクスケジューラ」と入力します。タスクスケジューラをクリックして開きます。

2. 右側の「アクション」ペインで「基本タスクの作成」をクリックします。

基本タスクの作成

3. ポップアップウィンドウで、タスクの名前と説明を入力して、タスクを簡単に認識できるようにします。

4. 実行するタスクの頻度を選択します。

注意:選択したトリガーに応じて、設定を追加するよう求められます。

5. 「アクション」ステップで、実行するタスクのオプションとして「プログラムの開始」を選択します。

6. 「プログラム/スクリプト」ボックスに、引用符を含めて「C:¥Program Files¥SyncToy 2.1¥SyncToyCmd.exe」と入力します。「参照」ボタンをクリックして、SyncToyCmd.exeを見つけることもできます。「引数の追加」ボックスに–Rを入力して、毎回すべての同期を実行します。

プログラムの開始

注意:

  • 毎回1つの同期だけを実行する場合は、「–R “your sync name”」と入力します。空白が含まれている場合は、必ず引用符で囲んで同期名を入力してください。

  • 「プログラム/スクリプト」ボックスに引用符を残した場合、タスクスケジューラはC:¥Programを残りを引数として実行するかどうかを尋ねます。

7. 「概要」インターフェイスでタスク情報を確認し、「完了」をクリックして変更を保存します。

完了

ご覧のとおり、WindowsタスクスケジューラはSyncToy Windows 10のスケジュールでお手伝いできますが、プロセスは複雑です。また、「SyncToyがフォルダペアの作成に失敗しました」、「SyncToyがすべてのファイルをコピーしていない」、「SyncToyアクセスが拒否されました」などのSyncToyエラーが発生します。自動ファイル同期の簡単な方法はありますか?

ファイルを自動同期する方法

バックアップ、同期、リカバリ、クローン機能を備えたフリーバックアップソフトAOMEI Backupper標準が最善の選択肢になります。ここでは、AOMEI Backupperを使用してスケジュールされたファイル同期タスクを作成する方法を詳しく説明します。

1. AOMEI Backupperをダウンロード、インストール、起動します。左ペインの「バックアップ」をクリックし、下にスクロールして「同期」を選択します。

同期

2. タスクに名前を付けて、他の同期タスクと区別できるようにします。「フォルダの追加」をクリックします。

タスクに名前を付け

3. ポップアップウィンドウで「ブラウズ」をクリックして、同期するフォルダを選択します。

同期するフォルダを選択

4. フォルダの保存先を選択します。一番下の「スケジュール」にチェックを入れてください。

保存先を選択

5. ポップアップウィンドウで、実行するタスクの頻度を選択します。AOMEI Backupperが提供するオプションで追加設定を追加することができます。「はい」をクリックして変更を保存します。

スケジュール設定

6. 「開始」ボタンをクリックして操作を実行します。

開始

注意:

  • ファイルの同期を行った後、元のフォルダ名を変更しないでください。そうしないと、プログラムはもう同期できません。

  • AOMEI Backupperは現在、ソースフォルダから宛先フォルダへの一方向の同期のみをサポートしています。

  • 一般的なスケジュールされた同期タスクでは、ソースフォルダ内のファイルを削除すると、そのフォルダ内のファイルは削除されません。目標を達成するには、「リアルタイム同期」機能を使用してください。

  • リアルタイム同期を使用してフォルダをネットワークドライブに同期させる場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要があります。

まとめ

Windowsタスクスケジューラを使用すると、Windows 10のSyncToyを自動的に実行するようにスケジュールできます。自動同期を簡単にするために、AOMEI Backupperを選択する必要があります。「Windows 10のバックアップ0バイト」、「Windows Server 2016を修復」などのより実用的な機能を所有しています。