Windowsシステムイメージの作成が途中で止まっている――解決方法

ユーザーからの話:

「これは私の質問:Windows 7でシステムイメージバックアップを作成していて、最初からずっとうまくいけますけど、97%で止まってしまったのです。なぜですか?どうすればいいんですか?」

途中で止まっている

Windowsシステムイメージバックアップの作成が途中で止まっている

オペレーティングシステム(OS)をインストールすると、システムイメージの作成は重要になると殆どのユーザーは知っています。コンピュータを使用すると共に、ウイルス攻撃、システムクラッシュなどが発生する可能性があります。その可能性はシステムに悪い影響を与えます。しかし、オペレーティングシステム(OS)の再インストールは複雑だということは皆が知っています。そして、システムイメージの作成は復元向けの最も便利な方法です。もしシステムに何があったら、複雑なOSの再インストールの代わり、簡単なシステムイメージバックアップの復元で解決できます。Windowsオペレーティングシステム(OS)はシステムイメージバックアップツールを備えています。Windows 7を例として説明します。

スタートメニューで[スタート]->[コントロールパネル]->[システムとセキュリティ]->[バックアップと復元]をクリックし、システムイメージの作成を始めます。

システムイメージの作成

ただし、あなたは上述の問題(97%で止まってしまったこと)に遭うかもしれません。もし任意の特定のパーティションにWindows 7 のシステムファイルが存在するなら、そのパーティションは自動的にWindows 7システムイメージバックアップの対象に選択されます。そしてシステムイメージバックアップの保存場所に絶対選択されません。Windowsシステムイメージの作成が途中で止まっていることになる原因がたくさんあります。一つが発生したら、Windowsシステムイメージの作成が途中で止まります。

Windowsシステムイメージの作成が途中で止まっている――解決方法

幸いなことに、Windowsシステムイメージの作成が途中で止まっている問題を解決できるソフトがあります。AOMEI Backupper Standardと称されるこのソフトはAOMEI Techから開発されて、Windows XP/Vista/7/8/10向けのシステムバックアップソフトです。以下の手順の通りにやってください:

ステップ1. このイメージバックアップの無料ソフトウェアをダウンロード、インストールおよび起動します。[バックアップ] -> [システムバックアップ]をクリックします。

システムバックアップ

ステップ2.システムパーティションが既定に選択されますので、唯一のすべきことはシステムイメージバックアップの保存場所を選択することです。システムイメージバックアップは別のローカルパーティションにも、外付けHDDにも、ネットワークにもバックアップできます。ここではローカルHDD――ドライブE:\をシステムイメージバックアップの保存場所とします。

保存場所

ステップ3. システムイメージの作成を開始する前に、バックアップの[オプション]でコメントを追加するなんてのものを設定することができます。そして、このタスクに[バックアップスケジュール] を設定できます。または[差分バックアップ]へ変更します(AOMEI Backupperは[増分バックアップ]に既定に設定されますので)。すべてを設定してから、[開始]をクリックし始めます。システムイメージの作成が終了してから、[完了]をクリックします。

AOMEI Backupper では、Windowsシステムイメージの作成が途中で止まることを心配する必要がありません。より簡単なステップでシステムイメージを作成しバックアップできます。そのシステムイメージバックアップを復元することもできます。その他に、AOMEI Backupperはデータのセキュリティを維持する機能もたくさん備えています。この無料ソフトは使用に値します。