AOMEI Backupperは、ブータブルCDとUSBフラッシュドライブを作成することができます

ブータブルCD

ブータブルCDは、ブータブルオペレーティングシステムを含むスペシャルディスクの一種です。通常の操作システムは、LinuxまたはWindows PEのコンパクト版です。コンパクトオペレーティングシステムをインストールしたディスクはブータブルCDと呼ばれています。

XP、Windows7のようなハードディスクにインストールされたWindowsオペレーティングシステムが起動できない時、システムクラッシュの場合、ブータブルCDを使用してオペレーティングシステムを復元し、ディスク上のオペレーティングシステムを正常に働かせることができます。

AOMEI Backupperは、ブータブルCDまたはUSBフラッシュドライブの2種類の作成をサポートしています。一つは、Linuxブートディスクであり、もう一つはWindows PEブートディスクです。前者は、直接作成できますが、後者は、事前にお使いのオペレーティングシステムにWindows AIKキット をインストールする必要があります。 Linuxブートディスクは、いくつかの欠点があります。ハードウェアRAIDのような一部のハードウェアはサポートされません。ソフトウェアの一部の機能は使用できません。そのためWindows PEブータブルCDを作成することを強くお勧めします。二つのディスクタイプ間の利用可能な機能の比較は以下をご参照下さい。

機能 Windows PE ブータブルCD Linux ブータブルCD
ファイル、フォルダ、ディスクとパーティションをバックアップ
システムバックアップ
システム復元
ファイル、フォルダ、ディスクとパーティションを復元
ディスクとパーティションをクローン
イメージファイルを検索
ハードウェアRAIDをサポート

Windows PEブータブルCDの作成

Windows PEブータブルCDを作成する場合、AOMEI Backupper は、オペレーティングシステムが対応する要件を満たしているかどうかをチェックアウトします。例えば、それはWindowsAIKをインストールする必要があるのでしょうか?それがある場合は、このソフトウェアは、対応する通知を提供します。お使いのOSがVistaまたはWindows 7/8/2008 R2/2011/2012のような上位バージョンである場合、通常、Windows AIKをインストールせずにWindows PEブータブルCDを直接に作成することができます。

下記はAOMEI Backupperでブータブルディスクを作成する手順です。

ヒント: このソフトウェアを ダウンロードし、インストールして起動します。

ステップ 1:「ユーティリティ」タブで、「ブータブルメディアの作成」オプションを選択します。

Create Bootable Media

ステップ2: ポップアップウィンドウで、「Windows PE -Windows PEに基づいてブータブルメディアを作成」オプションを選択して「次へ」をクリックします。

Create Bootable Disc

ステップ 3:操作を確認してから「次へ」をクリックして続行します。

Create Windows PE Disc

お使いのシステムがUEFIブートモード(システムがGPTディスクにインストールされた意味である)である場合は、次の二つのオプションを表示します:

  • UEFIブートモードに基づいてブータブルディスクを作成(お勧め)
  • レガシーブートモードに基づいてブータブルディスクを作成
通常、最初のデフォルトオプションをキップすることをお勧めします。異なるハードウェア配置(UEFIブートをサポートしていないコンピュータ)の複数のコンピュータにブータブルメディアを使用する場合は、より良い互換性のために二番目のオプションをおススメします。

ステップ 4:ポップアップウィンドウで、「DVDドライブ」オプションを選択して「次へ」をクリックします。(注:CD-書き込みプログラムが必要です。そしてCD-ROMドライブにCD/DVDを挿入する必要があります。さもないと「DVDドライブ」オプションが利用できません。)

Burn to CD or DVD

ステップ 5:操作が実行されたら、「完了」をクリックしてインターフェースを終了します。

その後、コンピュータを再起動し、BIOS設定で最初のブートデバイスとしてCD-ROMを設定します。Windows PEディスク上のオペレーティング·システムにアクセスし、AOMEI Backupperによってバックアップと復元を実現します。

ブータブルUSBフラッシュドライブまたはUSBディスクの作成

CD/ DVDを持っていませんが、USBフラッシュドライブを持っている場合は、CD/ DVDの代わりUSBドライブを使用してブータブルUSBを作成することができます。作成方法は、ブータブルCDと同じです。次のスクリーンショットを参照して「USBブートデバイス」を選択してから「次へ」をクリックします。

Create Bootable USB Drive

LinuxブータブルCDの作成

LinuxブータブルCDの使用方法と作成方法はWindows PEブータブルCD/ USBドライブのと同じです。唯一の違いは、Windows AIKのインストール要件、または必要性のいずれかを満たすことなく、いつでもこの種類のCDを作成することができます。LinuxのブータブルCDの互換性が少し劣るかもしれません。

Linuxブータブルディスクの作成の操作プロセスは、Windows PEブータブルディスクの作成のとちょうど同様です。上記の手順を参照することができます。これはスクリーンショットです:


LinuxCD作成するプロセスの間、CDを持っていない場合は、AOMEI BackupperはブータブルUSBドライブを作成することができます。唯一の要件は、ブータブルメディアタイプを選択する際に、USBブートデバイスを選択。USBディスクからオペレーティングシステムを起動、復元操作を実行します。

注意: Linuxブータブルメディアは、EFI/ UEFIブートをサポートしていません。お使いのコンピュータの起動モードがUEFIモードである場合、BOISに入て、BOISブートモードをUEFIからレガシーブートモードに変更。具体的な手順は下記のスナップショットの通りです(また、マザーボードのマニュアルを参照して、設定を変更することができます)。

ブータブルISOファイルの作成

CDまたはUSBディスクを持っていない、ブータブルCDに問題がある場合、ブータブルISOファイルを作成し、 Neroのような書き込むソフトウェアを利用してファイルをCDまたはUSBに焼き込むことができます。

ここでは、ブータブルISOファイルを作成する操作手順を紹介します。

まず, 「ユーティリティ」項目の下の「ブータブルメディアの作成」オプションを選択します。そして、次のウィンドウには、「Windows PE」または 「Linux」項目を選択して、このインターフェイスに到達するまで、「次へ」をクリックします。「ISOファイルをエクスポート」オプションを選択して「次へ」をクリックします。

Export ISO File

最後に,操作が行われたときに「完了」をクリックします。

Finish

ISOファイルを作成した後、 サードパーティ製のツール を使用して ISOファイルをCD/ USBにISO焼き込む方法チュートリアルに従ってCDまたはUSBに簡単に書き込むことができます。また、Windows 7の統合内蔵ユーティリティで、このファイルを右クリック>開く方法>Windowsのディスクイメージバーナーの手順でこのタスクを完了することができます。