Xbox OneのHDDを換装します

Xbox One SのHDDに十分な空き容量がない場合、AOMEI Backupperを使って新しい大容量HDDまたはSSDに換装する方法を紹介します。

換装の準備

ゲーム機はパソコンと同じ、より多くのゲームがインストールされるにつれて、空き容量は徐々に縮小されます。より大きなストレージデバイスにアップグレードするのはもちろん最善な解決策に違いないんです。

Xbox One SのHDDを換装するため、幾つかのものが必要です。

  • 新しいHDDまたはSSDを買っておくこと。
  • ドライバーとスパッジャーなどのツールとSATAケーブル。
  • Xboxのコンソールで新しいHDD/SSDを初期化できないので、取り付ける前に、パソコンでHDD/SSDをフォーマットする必要があります。さらに、現在のHDD上のデータを新しいHDDにコピーしたいなら、必要なソフトを使用しなければなりません。

Xbox One SのHDDを換装する方法

HDDを換装するため、まずはXboxのHDDを取り外します。上部のプラスチック製のケースを開けてから、ドライバーを使ってネジを外してメタルフタを開けます。ハードドライブベイの固定ネジを外してから、ケーブルの接続を外します。これで、HDDがXboxから取り外せます。

要注意:ケースを開けると保証がなくなるので、これを理解した上で作業します。

次に、データを失わなくて換装するため、取り外したHDDを新しいHDD/SSDにコピーします。必要なものは優れたバックアップとクローンソフトウェアAOMEI Backupper Professionalです。このツールをダウンロードしてインストールします。

取り外したHDDと新しいストレージドライブをパソコンに接続していることを確認して、AOMEI Backupper Professionalを実行します。下記の手順を参照してHDDをクローンします

1. クローンディスククローンをクリックします。

ディスククローンをクリックします

2. Xbox One Sから取り外したHDDをクローニングのソースディスクとして指定します。

ソースディスクを指定します

3. 大容量のHDD/SSDをターゲットディスクとして指定します。このディスクが全部上書きされるので、重要なデータがあれば必ずバックアップします。

ターゲットディスクを指定します

4. 開始」をクリックしてHDDのクローニング作業を実行します。

操作概要を確認します
メモ:

セクター単位のクローンは古いHDDのすべてのセクターを新しいHDD/SSDにクローンします。

SSDと取り替える場合はSSDを最適化するにはパーティションを合わせるをチェックしてパフォーマンスを向上させます。 

クローニングが終わったら、より大きなHDDをXbox One Sに取り付けて、開ける手順と逆の順番でXboxを復旧します。これで、HDDの換装が完了しました。