SanDisk SSDクローンソフトウェアはHDDをクローンします

なぜHDDからSanDisk SSDへデータをクローンしますか

SSDはソリッドステートドライブの略語で、小さなチップでデータを保存します。それは伝統的なHDDより、速く読み込んだり、書き込んだりできます。ユーザーは、伝統的なHDDが金属で覆われたプラットフォームを使用して、働くことを知っています。それが作業する時、プラットフォームはスピンのノイズを立てます。SSDはチップで作業するので、ノイズが聞こえません。現在、SSDは優れた特性でユーザーの間にもっと人気があります。

SanDisk SSDは有名なブランドです。多くのユーザーはSanDiskを使用して、古いHDDを代わりたいです。しかし、ストレージ装置の変更は新しいOSとアプリケーションが必要であることを意味します。それは沢山の時間がかかります。それに、最も重要なことは、古いOSとアプリケーション、全てのデータまでも維持したいなら、どうすればいいですか。幸いなことに、HDDからSanDisk SSDへのクローンを作成することができます。そのため、古いデータを使用できます。同時により速いスピードを取得できます。

SanDisk SSDへHDDをクローンする方法

SanDisk SSDへHDDをクローンするために、2つの方法を紹介します。

方法1:ApricornのEZ Gig IVクローンソフトウェアを使用します

EZ Gig IVクローンソフトウェアは常にSanDisk SSDクローンに使用されます。クローンの前に、いくつかのことを準備する必要があります。

  • SATA-USB変換ケーブル
  • SanDisk SSD
  • コンピューター上の古いデータを持つHDD

ステップ1. まず、コンピューターにSanDisk SSDを接続します。SSDはクローンソフトウェアによって検出されることを確認してください(新しいSanDisk SSDはWindows Explorerに表示されませんがクローンソフトウェアはそれを認識できます)。EZ Gig IVを起動して、3つのシンプルな手順でそれを完成できます。最初はソースディスクを選択します。

EZ Gig IVソース

ステップ2. そして、宛先ディスクを選択します。

EZ Gig IV宛先

ここでは、データの選択ツールを使用して、クローンから選択されたファイルを解除できます。それで大容量HDDから小容量SSDへのクローンができます。

データ選択

ステップ3. そして、クローン開始のボタンを押して、プログレスを起動します。

EZ Gig IVクローン

方法2:AOMEI Backupperフリーソフトを使用します

AOMEI Backupperは無料のクローンソフトウェアです。それはEZ Gig IVと違って、クローンしたい特定のパーティションを選択できます。

ステップ1. その無料エディションAOMEI Backupper Standardをダウンロードします。それをインストールして起動します。「クローン」をクリックして、3つのクローンタイプを表示します。ディスククローン、システムクローン、パーティションクローンです。自分の要求によって、一つを選択できます。SanDisk SSDへ全体のHDDをクローンするために、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ2. そして、ガイダンスに従って、ソースディスクを選択します。

ソースディスク

ステップ3. SanDisk SSDを宛先ディスクとして選択します。

宛先ディスク

ステップ4. ソースディスクと宛先ディスクを選択した後、操作を確認する必要があります。SSDへデータを転送するについて、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」の前にあるボックスをチェックすることを非常に推薦します。それはクローンした後、SanDisk SSDの性能を自動的に向上させます。

開始

ヒント:

  • 宛先ディスク上のパーティションを編集することもできます。そのため、SSDをその最高の状態で使用できます。そうでなければ、後でAOMEI Partition Assistantを使用して、パーティションをリサイズできます。
  • HDDからSSDへ毎バイトをクローンできます。「セクター単位のクローン」前のボックスをチェックします。でも、ソースディスクと少なくとも等しいSanDisk SSDを準備する必要があります。

この2つのSanDisk SSDクローンソフトウェアは自分の利点があります。個人的に言えば、AOMEI Backupperはシステムバックアップ、ユニバーサル復元、ファイル同期などの複数の機能を持って、より強力です。