USBからUSBメモリにデータをコピーする方法-初心者までやれる

USBメモリからUSBメモリにデータをコピーする必要性

USBメモリはリムーバブルデバイスとして、少量のデータを一つの場所から別の場所へ転送し、データをいつでも手元に置くことができ、非常に便利です。USBメモリは低電力モードを使用し、壊れやすい可動部分を持っていません。そして、容量が小さくて重量が軽い、低価格で購入することができます。通常、USBメモリに保管されているデータを他の場所に移行するには、殆どのPCユーザーは複数のUSBメモリを所有しています。例えば、XboxUSBからUSBにコピーする必要があるかもしれません。

前述の要因により、USBはブータブルデバイスとして使用される最も普遍的なメディアです。 USBは複数のパーティションに分割することができますので、パーティションの1つをブータブルパーティションにし、他のパーティションをデータ保存パーティションにすることができます。別のUSBスティックを使用してPCを起動する必要がある場合は、WindowsでブータブルUSBからUSBメモリにコピーするのです。

USBからUSBにコピーする方法

お使いのUSBメモリに書類、写真、音楽などのデータのみがある場合は、WindowsエクスプローラですべてのデータをUSBからUSBへドラッグ&ドロップすることができます。USB上のデータサイズが大きすぎる場合は、USBからUSBにコピーする操作が非常に遅くなります。USBメモリバックアップのフリーウェアを使用してディスクバックアップを実行し、ターゲットUSBに復元すると、USBのコピー&ペーストより高速になるかもしれません。

しかし、USBがブート可能なドライブであるなら、上述の方法は無効になります。USBからUSBメモリにデータをコピーする用のプロのソフトウェア―AOMEI Backupperプロ版によって、データをブート可能なUSBからUSBメモリに完全にコピーする必要があります。このユーティリティはブートファイルによってWindows 7MBR USBからUSBにコピーすることをサポートします。ブートファイルがあるので、AOMEI BackupperによってUSBからUSBにコピーする最速の方法はディスククローンの作成です。ブータブルUSBにパーティションが1つしかない場合は、そのパーティションのみをクローンできます。USBに二つ以上のパーティションがある場合は、ディスク全体のクローンを作成することをお勧めします。簡潔明瞭なインターフェースのため、手順は非常に簡単です。Windows 7でブート可能なUSBからUSBにコピーする方法については、以下の記事に従ってください。

AOMEI BackupperによってUSBからUSBにコピーする方法を紹介!

まず、これらの2つのUSBをUSBポートに挿入します。WindowsによってUSBの検出を確認してください。

次に、USBからUSBにコピーする前に、AOMEI Backupperをインストールし起動します。 [クローン]をクリックし、[ディスククローン]を選択し、クローン作成の操作を始めます。

ディスククローン

そして、ブート可能なUSBをソースディスクとして選択し、もう1つUSBを宛先ディスクとして選択します。この二つのUSBが紛れたら、ブート可能なUSBメモリ上のものを失います。だから、これらの二つのUSBを慎重に選択してくさい。

ソースディスク宛先

 

最後に、これは操作概要です。宛先USBメモリのパーティションを編集するオプションがありますが、ソースUSBを正確にコピーする場合は[セクタ単位のクローン]をチェックしてください。その同時に、[パーティションを編集]というオプションはなくなります。そして、[開始]をクリックしUSBからUSBにクローンすることを始めます。

開始

ここまでUSBからUSBにコピーする方法はもう教えました。実際には非常に簡単でしょう。もしあなたはUSBからUSBにコピーする方法に困っているなら、上述の手順のようにやってください。

ちなみに、このソリューションはWindows 10、8、XP、Vistaに利用されることもできます。AOMEI BackupperはWindows 7のバックアップと復元に代わって、バックアップ、復元、クローンをサポートする総合的なツールです。そして、フルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップ、スケジュールバックアップもサポートしているため、このソフトを使用して外付けハードドライブに自動的に増分バックアップする ことができます。

とにかく、個人的な場所でも、仕事の場所でも、我々の生活の一部になったUSBはデータを持ち運びできる便利なアイテムです。色々な問題が起こる可能性がありますので、もしUSBからUSBにコピーする方法について問題があったら、この記事を読んで問題を解決できると思っています。