Windows 10/8/7で内蔵HDDをクローン・コピーする方法

ノートパソコン、またはデスクトップパソコンのWindows 10/8/7で内蔵HDDをSSDや別のHDDにクローン・コピーする方法についてご紹介します。

なぜ、HDDクローン?

HDDクローンには、特に重要な2つの役割があります。

データを守る

HDDがいつ故障するか分からないので、多くのユーザーはデータを保護するためにバックアップを作成します。そのほかに、内蔵HDDをシンプルにクローンすることもいい選択だと思います。

ディスクバックアップと違って、HDDクローンはもっと簡単かつ直接的な方法です。バックアップの場合、中身を見るためにファイルをマウントしたり、データを使用できるようにイメージを復元する必要があります。しかし、クローンの場合、ソースディスク上のすべてのデータ(隠しパーティション含み)はクローン先にコピーされ、復元とかマウントとかが要りません。

ちなみに、クローン作成プロセス中で、クローンするソースディスクはそのまま保持されるので、クローンしたデータを失うことについて心配する必要がありません。もし、ソースディスクはブートディスクであるなら、クローンしたディスクも起動可能となります。

HDDを大容量または高速ディスクにアップグレードする

ソースディスク(クローン元)をローンしたディスク(クローン先)に置き換えることができます。

最近、SSD(ソリッドステートドライブ)の価格がどんどん下がってきます。たくさんのユーザーはより優れた性能を得るために、HDDをSSDにクローンして、交換しようとします。

内蔵HDDをクローンする時に用意するもの

1.HDDクローンを行うために、まずWindows 10/8/7を実行しているコンピュータが必要です。

2.そして、他のドライブ(SSDまたはHDD)をクローン先として準備する必要があります。

3.クローン先のディスクをコンピュータに接続する必要があります。

デスクトップパソコンである場合、クローン先のディスクをパソコンにインストールすることができます。そのため、SATAケーブルとSATA電源ケーブルが必要です。

内蔵HDDをインストール

ノートパソコンである場合、一般的に1つのドライブベイだけがあるので、外部からドライブを接続するためにUSB-SATA変換アダプターが必要です。もちろん、お使いのノートパソコンにもう1つのドライブベイがあるなら、2台目のHDDやSSDを直接インストールするか、またはUSBポート経由で外部から接続することもできます。

内蔵HDDを接続

4.最後は、ハードディスククローンフリーソフトが必要です。正しいHDDクローンソフトを選ぶのは多くの時間と手間を節約できます。

もちろん、クローン先のSSDやHDDを取り付けるために、ネジ回しなどの道具も必要です。

ハードディスククローンフリーソフト

インターネットで検索したら、内蔵HDDをSSDまたは別のHDDにクローンできるフリーソフトが多くあります。ここではAOMEI Backupperがその直感的なユーザ・インタフェース、信頼性の高い機能なのでとてもオススメです。

Windows 10/8/7でこのソフトウェアを使用すると、クローンタスクを実行するだけでなく、ブータブルメディア(CDまたはUSBメモリ)を作成してからWindowsを読み込まずに内蔵HDDをコピーすることもできます。大容量HDDを小容量ディスク(SSDはほとんどの場合)にクローンする時、AOMEI Backupperはクローン元上のパーティションを自動的に縮小して、隠し回復パーティションを含むすべてがクローンされることを確保します。同時に、クローン元に何の変更を加えません。

SSDの場合、SSDの性能を最適化するためのオプションがあります。また、AOMEI Backupperはシステムディスクを異なるパーティションスタイルのディスクにクローンすることもサポートします。クローン後、両方のディスクが起動可能です。つまり、AOMEI Backupperを使い、MBRディスクをGPTディスク(またはGPTディスクをMBRディスク)にクローンすることができます。

内蔵HDDをクローンする方法

AOMEI Backupper Standardを利用してWindows 10/8/7で内蔵HDDをクローン・コピーするのは数回のクリックだけが必要です。

手順 1. このHDDクローンフリーソフトを無料でダウンロードし、インストールし、起動します。

手順 2. 「クローン」タブ→「ディスククローン」をクリックして内蔵HDD全体をクローンします。

内蔵HDDクローン

手順 3. クローン対象の内蔵HDDを選択してから「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 4. クローン先としてのHDDやSSDを選択してから「次へ」をクリックします。

宛先ディスク

手順 5. 「開始」をクリックして内蔵HDDのクローンを始めます。

開始

通常、クローン完了まで1時間ぐらいかかります。具体的な時間は、移行するデータ量により、異なります。クローンタスクが実行される間に、パソコンを使用して他のことを行うことができます。

データを保護するか、またはHDDを交換・アップグレードするために内蔵HDDをクローン・コピーするほかに、AOMEI Backuppperのバックアップと復元機能を使用してクローンと同じ効果が得られます。バックアップを取った場合、起動問題なしで異なるハードウェアを搭載するパソコンに復元することもできます。