不良セクタのあるHDDをクローンする方法

不良セクタのあるハードディスク(HDD)をうまくクローン、コピーできませんか?その上のデータを丸ごと移行できませんか?AOMEI Backupperという安全性&信頼性の高いHDDクローンソフトはこれらの問題を解決できます。その「セクター単位のクローン」オプションを選択したら、不良セクタがあっても、HDD全体をうまくクローンして、ディスク上のすべてのデータをコピーすることができます。

不良セクタとは

不良セクタに関する豆知識不良セクタ(不良ブロックという呼び方もある)とは記憶装置の中にあるデータ保管場所において、何らかの理由で正常にデータが読み込めなくなっている部分のことです。簡単に言うと、ハードディスク(HDD)の中のちょっとおかしくなっている部分です。

不良セクタはHDD記録面の磁力が劣化して、データの読み込みも書き込みも不能になる故障です。ただし、HDD全体の故障ではありません。ご存知のように、セクタとは1回で読み書きできる単位なので、不良セクタはとてもミクロで部分的な故障です。

HDDを使えば使うほど、いつか磁力が弱くなり不良セクタになります。つまり、不良セクタはHDDの宿命的な故障と言っても過言ではありません。実は、HDDにメンテナンス機能が予め搭載されていて、不良セクタが発生した時にこの機能が働きます。不良セクタがあっても、HDDを使っている時、何も問題がなければ正常です。

パソコンは不良セクタを見つけるとその部分を避けることができますが、メンテナンス機能にも限界はあります。許容を超えればHDDが正常に動作しなくなります。具体的にいうと、Windowsロゴで停止したり、自動修復やスタートアップ修復が失敗したり、フォルダが開けないなど現象が現れるかもしれません。もし、不良セクタの劣化が進行すると、最後は末期症状に達し、パソコンは完全に動作不能になり、データ復旧の救出率はだいぶ低下するかもしれません。

急激な悪化に備えて、「最近パソコンの調子が悪いな」と思ったら、不良セクタの発生初期かもしれないけど、chkdskを実行して、エラーをチェックしてください。不良セクタがあることを確認した後、油断せずにまずは不良セクタのあるHDDを他のディスクにクローンしてください。Windows 10でHDDのエラーをチェック、修復する方法

不良セクタのあるHDDはコピーできるソフト

ご迷惑:それにしても、ディスククローンを作成する時に不良セクタがあると常にうまくいきません。

😔一般的に、HDDから別のHDDへコピーする時、HDD複製機は不良セクタをスキップし、新しいHDDにコピーしませんが、不良セクタにあるデータなどもコピーされません。HDDからHDDへコピーする理由&方法

不良セクタのあるHDDの全てのデータを別のHDDにコピーしたい場合、優れたディスククローンソフトが必要とされます。不良セクタのあるHDDはコピーできないソフトが多いですが、AOMEI Backupper Standardというディスククローンフリーソフトは不良セクタを無視して、データを失うことなく、HDD全体を丸ごとクローン・コピーすることができます。

                                              🏆パソコンの初心者にもにおススメ👍

不良セクタがあっても、AOMEI Backupper Standardの「セクター単位のクローン」オプションを利用してハードディスク上の全てのデータを新しいHDDに移行することができます。こちらからダウンロード        🌸完全無料🌸Windows10、8.1/8、7、XP、Vistaに対応🌸誰でも簡単に使える

ディスククローンのほかに、AB Standardはシステム/ディスク/パーティションのバックアップ&復元、スケジュール/自動バックアップ、増分バックアップなどもサポートします。

※補足:しかし、システムディスクをMBRからGPTへ、GPTからMBRへ、GPTからGPTへクローンしたい場合、有料版 - AOMEI Backupper Professionalアップグレードしてください。Professional版は、システムのみクローン、差分バックアップ、異なるハードウェアへの復元など、もっと高度な機能を備えています。

企業で台数無制限のPCを守りたい場合、AOMEI Backupper Technicianを選ぶことができます。そのAOMEI Image Deployツールを利用して、ネットワーク経由でサーバー上のシステムイメージを複数のクライアントに展開または復元できます。

AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

不良セクタのあるHDDをクローンする操作手順

🧐次は、このHDDクローンソフトを使って不良セクタのあるHDDをクローンする手順を見てみましょう。>>ちなみに、この例では、MBR(システム)ディスクをからMBRディスクへクローンするので、無料版を使用するのは十分です。

  • ステップ 1. クローン先のMBRディスクをパソコンに取り付けます。AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロード、インストール、起動します。

  • ステップ 2. 「クローン」タブをクリックして、「ディスククローン」を選択します。ディスククローン

  • ステップ 3. 不良セクタのあるHDDをソースディスク(クローン元)として選択します。ソースディスク

  • ステップ 4. 接続したMBRディスクをターゲットディスク(クローン先)として選択します。ターゲットディスク

  • もし、ターゲットディスクにパーティションがあるなら、以下のような画面が表示されます。その上のデータを全て削除、上書きしても構わない場合、「はい」を直接クリックしてください。もし、重要なデータがあれば、「キャンセル」をクリックして、まずはAB Standardでバックアップを取っておいてください。確認

  • ステップ 5. 「セクター単位のクローン」チェックボックスにチェックを入れてください。そうすると、少し時間がかかりますが、ソースディスク上のすべてのセクタがコピーされます。開始

  • ステップ 6. 最後は操作概要を確認して、問題なければ「開始」をクリックします。

  • ヒント:

    ●「宛先ディスク上のパーティションを編集」はクローン先のディスク上のパーティションサイズを手動で調整できますが、有料版だけで使用可能です。

    ●クローン先がSSDである場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」チェックボックスにチェックを入れてください。これは、SSDの読み書き速度を向上させたり、SSDの寿命を延ばすことができます。SSDの寿命を延ばすいくつかの対策

    ●クローン先のディスクの空き容量は、クローン元のHDDの使用済み領域より大きいか、または等しい場合、大容量HDDから小容量HDD/SSDへクローンできますが、「セクター単位のクローン」オプションが使用不可です。大容量HDDから小容量HDD/SSDへクローンするフリーソフト


  • ステップ 7. クローン元はシステムディスクである場合、「完了した時、PCをシャットダウン」にチェックを入れてください。クローンが完了すると、パソコンが自動的にシャットダウンします。クローン完了

後は、不良セクタのあるHDDをPCから取り外して、新しくクローン作製したHDD(またはSSD)を入れ替えます。クローンしたディスクからWindowsが正常に起動することができます。

結論

普通のクローンソフトがあれば、ディスククローンは難しくないことですが、不良セクタのあるHDDを新しいHDDにクローンするのは全く順調に進まないかもしれません。何度も試してもやはり駄目みたいです。その時、強力なディスククローンソフトAOMEI Backupperが必要です。その「セクター単位のクローン」オプションを使うと、不良セクタのクローンは簡単になります。

☆★☆★下記のボタンをクリックすると、その高級版を30日間無料体験することは可能です~!無料体験\( ˆoˆ )/皆さんも是非試してはいかがでしょうか!!