不良セクタのあるHDDをクローンする方法

不良セクタとは?

不良セクタ(不良ブロックという呼び方もある)とは記憶装置の中にあるデータ保管場所において、何らかの理由で正常にデータが読み込めなくなっている部分のことです。つまり、ハードディスク(HDD)記録面の磁力が劣化して、データの読み込みも書き込みも不能になる故障です。ただし、HDD全体の故障ではありません。ご存知のように、セクタとは1回で読み書きできる単位なので、不良セクタはとてもミクロで部分的な故障です。

HDDを使えば使うほど、いつか磁力が弱くなり不良セクタになります。そのため、不良セクタはハードディスクの宿命的な故障と言っても過言ではありません。 実は、HDDにメンテナンス機能が予め搭載されていて、不良セクタが発生した時にこの機能が働きます。不良セクタがあっても、HDDを使っている時、何も問題がなければ正常です。

パソコンは不良セクタを見つけるとその部分を避けることができますが、メンテナンス機能にも限界はあります。許容を超えればHDDが正常に動作しなくなります。具体的にいうと、Windowsロゴで停止したり、自動修復やスタートアップ修復が失敗したり、フォルダが開けないなど現象が現れるかもしれません。もし、不良セクタの劣化が進行すると、最後は末期症状に達し、パソコンは完全に動作不能になり、データ復旧の救出率はだいぶ低下するかもしれません。

急激な悪化に備えて、「最近パソコンの調子が悪いな」と思ったら、不良セクタの発生初期かもしれないけど、chkdskを実行して、エラーをチェックしてください。不良セクタがあることを確認した後、油断せずにまずは不良セクタのあるHDDを他のディスクにクローンしてください。

不良セクタのあるHDDをクローンするツール

不良セクタのあるHDDをクローンできる強力なツールがあれば、不良セクタのクローンはそんなに難しいことではありません。一般的なサードパーティ製ソフトウェアは不良セクタを処理できません。ここでは、AOMEI Backupper Standardという無料HDDクローンソフトを勧めします。

AOMEI Backupper StandardはWindows 10/8.1/8/7/XPに対応し、クローンやバックアップを行う時にデフォルトで不良セクタを無視します。データを失うことなく、不良セクタのあるHDDを簡単かつ迅速にクローンできます。また、クローン元の使用済み領域より大きな空き容量を確保できれば、大容量HDDから小容量SSDへクローンできます。しかし、このフリーソフトはデータディスクに制限がありませんが、システムディスクをGPTからMBRへ、GPTからGPTへクローンできません。こういう場合、有料版 - AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。

次は、このHDDクローンソフトを使って不良セクタのあるHDDをクローンする方法を見てみましょう。この例では、MBRディスクからMBRディスクへクローンするので、無料版を使用するのは十分です。

不良セクタのあるHDDをクローンする手順

クローン先(新しいHDDまたはSSD、USBメモリー、外付けHDDなど)をコンピューターに取り付けます。AOMEI Backupper Standardをダウンロードします。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをインストールして、起動します。「クローン」タブをクリックして、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. 不良セクタのあるHDDをソースディスクとして選択します。

ソースディスク

ステップ 3. 接続した記憶装置をターゲットディスクとして選択します。上述のとおり、クローン先の空き容量は、使用済み領域より大きいか、または等しいだけなら問題ありません。

ターゲットディスク

ステップ 4. 操作概要を確認して、問題なければ「開始」をクリックします。

開始

ヒント:

  • 「セクター単位のクローン」チェックボックスのチェックを外したほうがいいです。これは時間がかかるし、ターゲットディスクへ不良セクタもコピーするかもしれません。
  • ターゲットディスクはSSDの場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」チェックボックスにチェックを入れてください。これは読み込み速度を向上させ、SSDの寿命を延ばすことができます。
  • 「宛先ディスク上のパーティションを編集」はパーティションのサイズを手動で変更できますが、有料版だけで使用可能です。

AOMEI Backupper Standardは不良セクタのあるHDDを他のディスクにクローンできるほかに、システム/ディスク/パーティションのバックアップ&復元、スケジュール/自動バックアップ、増分バックアップなどもサポートしています。また、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードすると、システムのみクローン、差分バックアップ、異なるハードウェアへの復元、コマンドラインユーティリティなど、もっと高度な機能を楽しめます。更に、Windows Server 2003/2008/2012/2016 OSを実行している場合、AOMEI Backupper Serverを選択できます。