デュアルブート環境のHDDをSSDにクローンするフリーソフト

システムの再インストールなしにデュアルブート環境のHDDをアップグレードしたいですか?ここでは新SSDへデュアルブートHDDのクローンを紹介します。

以下の問題をまだ心配するの?

デュアルブートとは、1台のコンピュータに2つのOSを組み込み、どちらも起動できるように設定すること。起動時にどちらのOSを起動するか選択できます。使用の時に新HDDやSSDへデュアルブート環境のHDDをクローンしたい状況があるかもしれません。

1.特定の状況でこのHDDは小さすぎて、その容量は私のニーズを完全に満たすことができません。普通、より大きなストレージスペースを得るためにデスクトップパソコンは1つ以上のHDDをインストールできますが、ノートパソコンは1つだけの内蔵ハードディスクをインストールできます。そのため、容量の問題はほとんどのユーザーがよく遭えることになります。この問題を解決するために、大容量HDD(ハードディスクドライブ)またはSSD(ソリッドステートドライブ)へデュアルブート環境のHDDをクローンできます。

2.HDDは十分優れていません。HDD内のデータはランダムアクセスメモリ(RAM)に格納されるので、データを失う可能性は低いです。しかし、別の問題は生じます。その実行速度は遅いです。HDDと比べてSSDは不揮発性メモリであり、高速のアクセス時間と遅延時間の低減はその典型的なメリットです。それでSSDへデュアルブートのHDDクローンは最優先順位の選択です。

3.HDDには何かエラーが発生します。コンピュータを一定期間使用した後、いくつかの不合理なリスクに直面しているかもしれません。例えば、ハードウェアやファイルシステムの障害、ウイルス、ハッカーの攻撃です。これらの全ての問題は予想できないものです。そのため、定期的にデータをバックアップするのは素晴らしい方法です。もし事前にデータを既にバックアップしたら、新しいHDDやSSDにそれを復元できます。或いは新HDDやSSDへデュアルブート環境のHDDをクローンすることもできます。

4.OSを再インストールするのは普通のユーザーにとってちょっと面倒です。インストールの間で、できることは数時間以上待っていることしかありません。そして日常生活で使用するアプリケーションをインストールしたり、ファイルを設定したりします。OSの再インストールを回避するために、HDDを他のディスクにクローンすべきです。AOMEI Backupperは良い選択かもしれません。

デュアルブートHDDをクローンできるか?

遭った問題を検討した後、デュアルブート環境(デュアルブートシステムはWindows XP、Windows 7、Windows 8またはLinuxなど間の2つかもしれない)のHDDをクローンする方法は何ですか?次はそれを紹介します。

AOMEI BackupperはWindowsが識別できる全てのファイルシステムをサポートします。例えば、Ubuntuファイルシステム、Ext3、Ext4などです。1つのOSから起動したい場合、システムクローンを使用してWindowsシステムをクローンできます。そしてパーティションクローンを使用して関連するファイルシステムをクローンします。詳しく知りたいなら、システムクローンをクリックしてください。

前のようにOSシステムをそのまま利用したいですが、1つのOSはクローン後に起動できないなら、どうすればいいですか?そのOSが起動できない原因は主にOSまたはブートファイルだけをクローンすることです。セクター単位のクローンを使ってOSとブートファイル両方をクローンする必要があります。未使用領域を含めるHDD全体をクローンします。

SSDへデュアルブートHDDクローンの簡単な方法

AOMEI Backupperはディスククローンに対応する機能を提供しました。実行しているOSを中断せずに1つのディスクから別のディスクにクローンできます。もちろん、1つのOSを維持したい場合、パーティションクローンを選択して新HDDやSSDにクローンできます。ご存知のように、HDDからSSDへのクローンは元のディスク上のデータを丸ごとSSDに転送することを意味します。実はデュアルブート環境でHDD上のデータを全てSSDにクローンすることもできます。ここではWindows XPとWindows 7を例としましょう:

操作を開始する前に、SSDをお使いのコンピューターに接続してWindowsはそれを認識できることを確認する必要があります。

1.AOMEI Backupper Standardをダウンロードします。そしてWindows XPシステムでそれを起動します。「クローン」タブをクリックして「ディスククローン」オプションを選択します。

ディスククローン

2.クローンしたいソースディスクを選択して「次へ」をクリックします。

ソースディスク

3.SSDを宛先ディスクとして選択します。そして「次へ」をクリックします。このウィザードページで宛先ディスクの上に存在しているデータは上書きされることを知っています。そのため、そこに重要なデータがあるかどうかを確認してください。あるなら事前にそれらをバックアップしたほうがいいです。

宛先ディスク

上書き

4.ソースディスクと宛先ディスクの情報をプレビューし、そしてこのページで設定したい高度オプションをクリックすることもできます。

操作概要

ヒント:「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」前のチェックボックスをチェックすることを忘れないでください。この操作はSSDの読み書き速度を加速できるためです。このオプションを選択すると、AOMEI Backupperはディスククローンのプログラム中でそれを自動的に実行できます。

5.操作を開始します。

進捗状況

6.処理を待っています。終わったら「完了」をクリックします。

詳しい情報についてはディスククローンを参照できます。

注意点:

1. ディスククローンが完了した後、宛先ディスクは上書きされました。その上に重要なデータがあれば、特に個人ファイル、事前にそれらをバックアップしなければなりません。

2. 宛先ディスクの容量はソースディスクより多いべきです。そのため、宛先ディスクに十分な容量があることを確認する必要があります。

3. デュアルブートHDDを新HDDやSSDにクローンする時、いくつかのプログラムはデュアルブートHDDを占有する場合、AOMEI Backupperはコンピューターを再起動してこのタスクを「再起動モード」で完了させるように提示します。