Windows 7/8/10でファイルとフォルダをクラウドドライブにバックアップします

WindowsでファイルとフォルダをGoogle One、DropboxやOneDriveなどのクラウドドライブにバックアップする方法を学びます。

クラウドドライブについて

身近くの便利:クラウドドライブ

現時点のパソコンユーザーとスマホユーザーは多少でもクラウドドライブを使っています。iCloud、Dropbox、OneDrive、Google One、数えきれないクラウドドライブを選べます。このクラウドの時代はどんなデータでも簡単にアップロードして、頼もしいクラウドなら、心配も一つもありません。それで、どこでもクラウドに格納したデータを簡単にアクセスできます。正に本物のクラウドのように身近くて便利です。

クラウドドライブの制限

私達の生活を変えるクラウドドライブは確かに見えないサーバーですごく便利なサービスを提供していますが、幾つかの制限も存在しています。

最も不便なのはほとんどのクラウドは一つのフォルダを指定して、バックアップして同期したいファイルがここに保存しないと同期できません。つまり、一つの箇所しか利用できないことです。これはあちこちにファイルを作成して保存するユーザーにとってちょっと非常識です。まさか自分で同期したいファイルを一つごとに移行するんじゃないだろう。

それで、場合によってインターネットの接続が不安定または速度が遅いです。こういう時、クラウドドライブのアップロードは非常に遅くて時間がかかります。ユーザーも沢山の時間をかけてアップロードが完了するまで待ちます。

ファイルとフォルダを自動的にクラウドドライブにバックアップします

ファイルを手で同期フォルダに移行するではなくて、便利なツールを持って指定したフォルダかファイルを自動的にバックアップして同期フォルダに移行します。つまり、ツールとクラウドドライブが連携して任意のデータに対してアップロードを行います。

AOMEI Backupper Standardは最も適切なツールです。Windows XP/7/8/10、あらゆるのバージョンを対応していて、スケジュールを作成して定期的に自動バックアップできます。

AOMEI Backupper Standardをダウンロードして開きます。左の「バックアップ」をクリックして、右に表示されている機能を見て、「ファイルバックアップ」と「同期」は今回の記事に使う機能です。

バックアップ

バックアップ同期

2つの機能があるので、ちょっと説明します。「ファイルバックアップ」機能を使って指定したファイルかフォルダをバックアップして作成されたバックアップイメージファイル(全てのファイルとフォルダが一つのイメージファイルに合併します)を指定した場所(もちろんここはクラウドドライブの同期フォルダ)に保存します。

一方、「同期」機能は指定したファイルまたはフォルダをまとめてあるフォルダ(同様にクラウドドライブの同期フォルダです)に同期することです。要するには、ファイルをそのまま一つのフォルダにコピーすることです。

これで、自分の必要なものが分かりますか。同期したいファイルとフォルダがバラバラになってあちこちにある場合は「同期」機能を使ってファイルをまとめてクラウドドライブの同期フォルダにコピーします。ファイルをクラウドドライブにバックアップしたいユーザーなら、「ファイルバックアップ」機能を使ってバックアップ場所をクラウドドライブの同期フォルダに指定して済みます。では、これから、詳しい手順を説明します。

1. 「ファイルバックアップ」と「同期」の手順が基本的に同じですから、ここは「ファイルバックアップ」を例にとって説明します。「ファイルバックアップ」をクリックします。

2. 次のウインドウでまずは目標ファイルとフォルダを指定します。「1」のところに必要に応じて複数のターゲットを追加できます。

バックアップしようとするファイルとフォルダを追加します

3. 次に、2番目の手順はバックアップイメージの保存場所を指定することです。「同期」機能なら、ここは同期先を指定します。ここをクリックして、クラウドドライブの同期フォルダを選択し、または右の矢印をクリックして、ポップアップメニューにクラウドドライブを選択をクリックしてクラウドドライブを指定します。

クラウドドライブをバックアップ場所として指定します

4. もちろん、自動バックアップの機能がないとこのツールを使う意味がない、下の「スケジュール」をクリックして、毎日、毎週や毎月などバックアップの頻度を指定できます。スケジュールを一度作成したら、AOMEI Backupper Standardはこのスケジュールに沿ってバックアップを自動的に行います。

バックアップのスケジュールを作成します

5. 最後に、「開始」をクリックして、バックアップまたは同期を開始します。

便利なクラウドドライブと素晴らしいツールAOMEI Backupper Standardを同時に利用して、ファイルとフォルダを自動的にバックアップまたは同期できます。必要があれば、早速試してみましょう。