2つの方法・Windows10をUSBにバックアップ・復元のため

問題

私は、HP 4GB USBを使ってWindows10をバックアップしようと思っていますが、失敗しました。なぜバックアップをUSBに保存できませんか?USBメモリにシステムをバックアップするのは、パソコンに問題が発生したら、すぐ復元できるようにそう思います。誰かバックアップ方法を知っています?教えていただきありがとうございます。

Windows10をUSBにバックアップ・理由

まず、Windows10をUSBにバックアップする目的を知っておく必要があります。Windows10をUSB、CDのような外付けHDDにバックアップすることはいい方法だと思われています。外付けHDDには、SSD、USBメモリ、CD/DVDおよびその他のストレージデバイスが含まれます。その中でWindows10をUSBにバックアップすると、システムを以前の状態により簡単に復元できます。ただし、USBのみ持ってる場合は、USBにWindows10をバックアップしかできません。

この場合、Windows内蔵プログラムでHP 4GBUSBにWindows10をバックアップすると、「ドライブは有効なバックアップの場所ではありません」という警告が表示されるかもしれません。

ドライブは有効なバックアップの場所ではありません

作成されたシステムイメージはUSBに適用できない場合、システムをUSBにバックアップする方法はありますか?ご心配しないでください~ここではWindows10をUSBにバックアップする簡単な方法をご紹介致します。

Windows10をUSBにバックアップ・方法

我々が知っているように、Windowsの内蔵機能[バックアップと復元]には制限がありますので、サードパーティ製のバックアップソフトウェアに圧倒されます。ここで、最強のWindowsバックアップソフトウェア―AOMEI Backupperを紹介します。このソフトは英語、フランス語、ドイツ語、日本語、繁体字中国語や簡体字中国語などの異なる言語版をリリースしました。

このプログラムは、Windowsオペレーティングシステム(OS)、プログラムやユーザー文書などのコンテンツをバックアップすることができ、今は最も人気のあるバックアップツールとなります。一方、AOMEI Backupperは、直観的なインターフェースと多種多様な機能により、ユーザーに強く推奨されています。

では、Windows10をUSBにバックアップする方法を説明しましょう~

まず、AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロード、インストール、起動します。お使いのUSBをパソコンに接続します。

1 . メインインターフェースで、[バックアップ]―[システムバックアップ]を選択します。

システムバックアップ

2 . [タスク名]ボックスに適切な名前を入力し、他のバックアップを区別します。

タスク名

3 . [2]でUSBメモリを選択し、システムイメージを保存します。

USBメモリを選択

4 . [開始]をクリックし、Windows10をUSBにバックアップします。

Windows10のバックアップを始める

ヒント:

  • AOMEI Backupper Standardは、システムファイルに関連付けられたシステムパーティションを自動的に検出しますので、手動で選択する必要はありません。
  • SSD、NASデバイス、ネットワーク共有やクラウドなどにシステムをバックアップすることもできます。

ここでオプションが3つあります:

オプション:暗号化、分割、圧縮や電子メール通知などの機能を提供しています。

スケジュール:毎日、毎週や毎月などのシステムバックアップスケジュールを設定できます。

スキーム:AOMEI Backupper Professionalはより高度な機能を備えています。例えば、増分バックアップ、差分バックアップ、完全バックアップ、領域管理およびその他のバックアップスキームなどのディスク管理機能。

ちょっと待ってから、Windows10のバックアップをUSBメモリに作成しました。さらに、AOMEI Backupper Professionalを使用すると、OSをSSDにクローン、ファイルを別の場所に同期、異なるハードウェアにシステムを復元、バックアップイメージの結合やコマンドラインのバックアップなどことができます。

関連記事

USBからUSBメモリにデータをコピーする方法-初心者までやれる

Windows 10/8/7でSDカードのパーティションのサイズを安全に変更する方法

[Windows XP/Vista/7/8/10]外付けHDDからシステムイメージを復元する方法