共有ネットワークへWbadminスケジュールバックアップを作成します。

共有ネットワークへWbadmin自動バックアップをスケジュールします

最近、コンピュータネットワークは、非常に高速で発展していますので、ほぼすべての家庭には、少なくとも一台のコンピュータを所有しています。また、中小企業は、サーバー・システムのコンピュータを使用して公務を処理しいます。 Excel、Eord、TXTやPDFドキュメントそれに一部のアプリケーションの増加で、あなたは多分、データの安全性を心配するんでしょう。このような状況で、Windows Server 2008でWbadminで共有ネットワークにスケジュールバックアップを作成することは最高のチョイスです。

Wbadminは、バックアップへのコマンドラインで、Windows 7/8 / Vista、Windows Server2008/2008 R2/ 2012に適用されたツールです。 Wbadminは「Wbadmin enable backup」、「Wbadmin start backup」、「 Wbadmin stop job」、「Wbadmin get versions」、「 Wbadmin start recovery」、「 Wbadmin get status」など多くの機能を持っています。Wbadminはサポートしている機能は異なるバージョンのオペレーティングシステムによって異なります。管理者または管理者グループのメンバーではない場合、任意の操作を実行できません。スケジュールバックアップを作成する場合は、「Wbadmin start backup」の代わりに、「Wbadmin enable backup」を選択してください。

enale-backup

あなたはコマンドプロンプトを使用して、ファイル、フォルダ、ボリューム、システム状態およびアプリケーションなどを定期的にバックアップすることができます。 次はWbadminでスケジュールバックアップを作成することに関する例です。

Wbadmin enable backup
-schedule: 14:00,
-addtarget:\\ share 1\フォルダのバックアップ
-include:E:\ダウンロード-ユーザー:MI \Jack-パスワード:123456

これは、ネットワーク上の場所のSHARE1フォルダのバックアップにボリュームEのダウンロードフォルダを毎日の午後2時にバックアップすることを意味します。また、MIグループのメンバーJackは、パスワード123456を使用して共有ネットワークにアクセスすることができます。

確かに、この方法を使用してスケジュールバックアップを作成することは少し難しくて面倒です。また、大きいバグがあります。その前、一度共有フォルダにデータをバックアップした場合、今、同じフォルダに新しいデータをバックアップしたら、前回のバックアップが書き込まれます。しかし、新しいフォルダにバックアップする場合、それは無効になります。

自動バックアップする特別なソフトウェア

Wbadminスケジュールバックアップのデメリットのせいで、あなたはどうしますか?バックアップを終了するには、サード製のソフトウェアを選択するのが賢明です。 AOMEI Backupper Serverは最高のチョイスです。それは、ファイル/フォルダのバックアップ、システムのバックアップ、ディスクとパーティションのバックアップ、増分および差分バックアップなどを作成することができます。データをバックアップしている時に、ニーズに基づいて、毎日、毎週、毎月などのスケジュールバックアップを設定することができます。それでは、スケジュールバックアップをどのように設定しますか?ここには、スケジュールバックアップを設定するウィザードがあります。それは非常に簡単です。

main-interface

格納先としてデータをネットワーク、外付けまたは内部デバイス、USB、DVD / CDそれにNASにバックアップすることができます。

他の言葉では、スケジュールバックアップは、ユーザーのデータを保護することができます。ニーズに基づいて、操作を実行する良い方法を選択することは特に重要です。それを ダウンロードして試してしましょう。