マザーボードとCPUを交換してもOSを再インストールしなくて済む方法

OSを再インストールせずに、マザーボードとCPUを交換できる?

パソコンのハードウェアのアップグレードは興奮させることですが、WindowsOSのインストレーションを維持したい場合は問題が発生する可能性があります。新規クリーンインストールはあんまり時間がかかりませんが、インストールされているプログラムを再インストールし、データを転送し、システム設定を構成する必要があります。

だから、ほとんどの人のように、あなたはマザーボードとCPUを交換してもOSを再インストールしなくて済む方法を探しているかもしれません。副次的な部分をアップグレードする場合、対応古いドライバーをアンインストールし、交換後に新しいドライバーをインストールするだけでいいです。

マザーボードやCPUのような主要なハードウェアを交換すると、Windowsには一般的なドライバーが含まれているため、Windows 8/7/Windows XP(OS)が起動しなくなる可能性が非常に高いです。ただし、Windows 10はハードウェアの交換後に正常に起動できます。

Windows OSを再インストールせずにマザーボードとCPUを交換するには、ハードウェアアップグレードを準備する方法があります。操作を正確にしたら、マザーボードとCPUを交換した後、WindowsOSを起動することができます。

マザーボードの交換後にWindows 10/8/7がアクティブになる?

Windowsバージョンによって、ライセンスキーも異なる

Windowsライセンスキーには、OEM、リテール、ボリュームの3種類があります。ライセンスキーがリテールまたはボリュームである場合、インターネットに接続するとWindowsが自動的にアクティブになります。ただし、OEMキーなら、元のハードウェアにロックされています。

こんな場合、Windowsをアクティブにするには電話をかける必要があります。番号を送信するのは数分かかります。

Windows 10/8/7がOEMかリテールかを見分ける方法

[マイコンピュータ](Windows 10の場合はこのPC)を右クリックし、[プロパティ]を選択します。画面の一番下までスクロールして、プロダクトキー/プロダクトIDを確認します。2番目のグループにOEMが表示されている場合は、プロダクトキーはOEMライセンスキーです。それ以外の場合は、リテールまたはボリュームです。

OEMライセンスキー

通常、お使いのパソコンにWindows 10/8/7がプリインストールされている場合、プロダクトキーはOEMキーです。マイクロソフトからライセンスを購入した場合、プロダクトキーはリテールキーです。ボリュームキーは大企業または組織に購入されます。

マザーボードまたはCPUをを交換してもOSを再インストールしなくて済む方法

マザーボードまたはCPUを交換する前に、レジストリを少し変更する必要があります。ご存知のように、レジストリを不適切に変更すると深刻な問題が発生する可能性があるので、予めシステムイメージを作成し、パソコンを完全バックアップすることをお勧めします。

レジストリを変更するには、次の手順を実行します:

1. [Windows]キー+[R]キーを押して[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスが開きます。「regedit」と入力して[Enter]キーを押します。

レジストリ エディタ(Regedit32.exe) を起動 

2. レジストリ エディタ(Regedit32.exe) を起動し、次のキーに移動します:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\msahci

services msahci

3. 右ペインには、[Start]をダブルクリックし、値を「0」に変更します。

レジストリ エディタ

4. また、次のキーに移動し、[Start]をダブルクリックし、「値のデータ」のテキストボックスにDWORD値を「0」に変更します:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\pciide

services pciide

5. 変更を保存し、レジストリエディタを終了します。

変更を保存

6. パソコンをシャットダウンし、ハードウェアを交換します。その後、Windowsを正常に起動できるはずです。

この方法は、Windows OSを再インストールせずにHDDを他の(PC)パソコンに移動する場合にも役立ちます。

どんな場合にも役立つ方法を紹介

上記の方法がうまくいかなかったり、非常に危険であったりすると思われる場合は、マザーボードとCPUを交換した後にユニバーサル復元を実行できます。ユニバーサル復元は、バックアップソフトウェア ― AOMEI Backupperの機能です。この機能を使用すると、異なるハードウェアを搭載する別のPCにWindowsシステムを復元できます。

こうして設定を変更する必要はなくなりません。元のシステムをバックアップし、CUPとマザーボードの交換後にシステムを復元するだけで済みます。上述した方法(パソコン内蔵機能)との最大の違いは、AOMEI Universal Restoreは制限なしでより便利だということです。

ユニバーサル復元のためにまずシステムバックアップを実行する:

1. AOMEI Backupper PRO版をダウンロードし、インストールし、実行します。

2. [バックアップ]タブの[システムバックアップ]をクリックします。必要な項目がバックアップソースとして自動的に選択されます。

システムバックアップ

3. [ステップ2]をクリックして、フォルダまたはドライブをバックアップ先として1つ指定します。ちなみに、外付けHDDまたは元のHDDにバックアップできます。

フォルダまたはドライブをバックアップ先として1つ指定

4. [開始]をクリックしてシステムバックアップを開始します。

5. システムバックアップが完了したら、[ユーティリティ]をクリックして[ブータブルメディアの作成]を選択し、ウィザードに従ってブータブルUSBまたはCD/DVDを作成します。

ブータブルメディアの作成

DVDを例とします:

ブータブルメディアの作成

その後、マザーボードとCPUを交換するようになります。

ユニバーサル復元を実行する

1. 起動時にDELまたはF2を繰り返し押して起動デバイスの優先順位を変更します。先作成した起動ディスクを一番トップの起動オプションとして設定します。

2. 次に、AOMEI Backupperのメインインターフェースがロードされます。[復元]をクリックし、前に作成したバックアップを選択します。

バックアップを復元

3. 復元を開始する前に、[ユニバーサル復元]オプションが選択されていることを確認します。

ユニバーサル復元

異なるハードウェアを搭載した別のデスクトップまたはノートパソコンにWindowsを転送する場合にも、この方法を使用できます。

つまり、上述した2つの方法を使用すると、Windows OSを再インストールせずにマザーボードとCPUを交換することができます。どの方法が好きですか?または、OSはそのままでクリーンインストールはしていないでパソコンのハードウェアを交換したことがあるならば、下にコメントを残してください。

簡単でしょう~この機能を利用すると、問題をすぐ解決してしまう!時間を節約できるし、安全だ~

以上で、ご参考になれば幸いです。

関連記事

USBからUSBメモリにデータをコピーする方法-初心者までやれる

Windows XP/Vista/7/8/10|外付けHDDからシステムイメージを復元する方法

Windows 10で回復ドライブの作成中に問題が発生しました!必要ないくつかのファイルが見つかりません!

Windows 10で回復パーティションを作成する方法