Windows 10/8/7でTime Machineのようなバックアップソフトを使う

なぜWindows Time Machineのようなソフトは必要である?

災害復旧とバックアップ機能として、MacのTime Machineは確かに役割を果たします。現在、Time MachineがMacコンピュータに付属しています。過去24時間の1時間ごとのバックアップ、過去1ヶ月の一日ごとのバックアップ、過去のすべての月の1週間ごとのバックアップをサポートします。ディスクがいっぱいになった場合、一番古いバックアップは削除されます。

Time Machineを使用すると、数時間前または数日前の時点に簡単に戻って、その時点のファイルや文書がまた表示されることができます。それが「Time Machine」(タイムマシン)と呼ばれる理由です。上述の操作は、外付けHDDまたはネットワーク接続ストレージ(NAS)経由で実行されます。

Time Machineバックアップ

Time Machineはアップルパソコンに付属するMacOSに適用しかできません。Windowsパソコンを使用するユーザーにとっては、Windows 7、8または10をサポートし、Time Machineのようなソフトウェアが必要になります。Windows搭載のバックアップツールは機能制限を持っているため、「Windowsバックアップと復元」の代替方法を探しているユーザーが多いです。ファイル履歴にも同様です。その結果、サードパーティ製のバックアップソフトを使用する必要があります。しかし、市場でTimeMachineのようなバックアップソフトウェアはどちらですか?では、以下の機能から比較しましょう!

Windows Time Machineのようなソフトウェア- AOMEI Backupper Professional

前使ったソフトウェアと似ているかどうかを知るには、使ったソフトウェアの重要機能が代替ソフトに組み込まれているかどうかを確認してください。ここでは、AOMEI Backupperプロ版(Windows 10、8/8.1、7、XPやVistaをサポート)を推奨するのは、Time Machineのほとんどの重要機能が含まれているからです。その他に、AOMEI Backupperプロ版はTime Machineが備えてない機能も持っています。さて、これらの機能を一つ一つ知りましょう!

Backupper pro

スケジュールバックアップ

我々が知っているように、Time Machineは毎時バックアップ、毎日バックアップ、毎週バックアップをサポートします。バックアップが自動的に実行されるので、設定してから忘れてもよろしいです。忙しい人や記憶力が悪い人にとっては、非常に役に立ちます。 その同様に、AOMEI Backupperのスケジュール機能もこんなバックアップを提供します。つまり、デイリー/ウイークリー/マンスリー/イベントトリガバックアップ/リアルタイム同期を提供します。

また、デイリーバックアップの「インターバル」オプションを使用すると、1/2/3/4/6時間ごとにバックアップします。そして、「ホーム」>「詳細」>「スケジュールバックアップ」>「詳細」というパス経由でフルバックアップ、増分スキーム、差分スキームを簡単に変更することができます。

スケジュールバックアップ

増分バックアップと差分バックアップ

Time Machineを使用すると、ファイルの増分バックアップを作成できます。これにより、ユーザーはRecovery HDまたはmacOS インストール DVDからシステム全体または特定のファイルを復元できます。また、使用される容量も、かかる時間も多くないです。AOMEI Backupperを使用すると、フルバックアップ、増分バックアップまたは差分バック アップを作成してパソコンを保護すると同時に、ストレージ領域の使用量を最小限に抑えることができます。外部ストレージを一時的に取り外す場合は、「ミスされたバックアップを次のシステム起動時に実行する」という機能は重要な役割を果たします。

増分バックアップまたは差分バック アップを作成

古いバックアップファイルを自動削除する

Time Machineは、パソコンの1時間ごとのバックアップ、1日ごとのバックアップ、1週間ごとのバックアップを保存します。間違いなく、バックアップが多く作成されます。それ以上のバックアップファイルを保存する容量がない場合、最初作成したバックアップが削除されます。AOMEI Backupperのスキー機能は、古いバックアップの削除をもサポートします。実際には、外付けHDDに十分な容量があっても古いバックアップファイルを削除することもできます。

AOMEI Backupperのスキーム機能

バックアップの暗号化

Time Machineを使用してバックアップを暗号化することができます。そうすると、バックアップファイルにアクセスするためのパスワードが必要になります。AOMEI Backupperは同じ機能を備えています。バックアップオプションでは、バックアップを開始する前にイメージのパスワードを設定できます。

Password encryption

特定のファイルを指定して復元する

削除した特定のファイルを探す場合は、そのファイルが保存された場所に移動し、Time Machineを起動し、右側でマウスを上下に動かしてバックアップポイントが見つけます。市場のほとんどのバックアップツールでは、1つまたは2つの特定のファイルを取得するためにバックアップイメージ全体を復元する必要があるので、Time Machineのこの機能は絶賛されています。幸いなことに、Time Machineのようなバックアップソフト--AOMEI Backupper Professionalは、同じ機能(特定のファイルを指定して復元する)を提供します。イメージを調べることによって、バックアップファイルをプレビューできます。

イメージファイルを検索

上述以外、AOMEI Backupperはバックアップと復元以外の機能をも備えています:

  • 操作を中断することなく、ボリュームシャドウコピーサービス (VSS) を使って、バックアップを実行します(ホットバックアップとも呼ばれます)。
  • システムが壊れていて起動できなくなる場合に備えて、起動可能なメディアを作成します。
  • NAS、ネットワーク共有、USBフラッシュドライブ、サムドライブ、SSHDや外部ディスクなどがサポートされています。
  • MBRとGPT、FAT/FAT32とNTFSがサポートされています。
  • ディスクからディスクへのクローン、システムクローンおよびパーティションクローンが利用可能です。

ヒント:上述の機能は、AOMEI Backupperプロ版のシステムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップやファイルバックアップに適用されます。

結論

Windows用のTime Machineはありませんが、同じ機能を備えているバックアップソフトがあります。AOMEI Backupperプロ版は、Windows 10およびWindows 7などのWindows OSをサポートし、Time Machineの代わりになるバックアップソフトです。このTime Machineの代替ソフトを使用してパソコンをバックアップする具体的な手順については、PC全体のバックアップを外付けHDDに作成するという文章をご覧下さい!ただいま、そんなに絶賛されたソフトを楽しんでください~