Wbadmin Start Systemstatebackupを使ってコンピュータをバックアップします

システム状態のバックアップとは

システム状態のバックアップは全てのOS構成ファイルを含み、同じサーバーまたは同じハードウェアを搭載する他のサーバーのディザスタリカバリに使用されることができます。Microsoftから見てシステム状態のバックアップは起動ファイル、Active Directory、Sysvol、証明書サービス、クラスタデータベース、レジストリー、パフォーマンスカウンタの構成情報、コンポーネントサービスの登録データベースを含みます。これらのコンポーネントを手動で選択する必要がありません。システム状態のバックアップを実行するならWindows Server バックアップ/Wbadminは自動的にこれを行います。システム状態のバックアップを実行する簡単な方法はWbadminを使用することで、start systemstatebackupコマンドだけが必要です。

Wbadminでシステム状態のバックアップをどのように開始しますか

Wbadmin.exeコマンドラインユーティリティでシステム状態のバックアップを作成するために、最初お使いのサーバー上のサーバーマネージャーにWindows Server バックアップをインストールする必要があります。管理者として管理者権限のコマンドプロンプトからWbadmin.exeを実行しなければなりません。管理者権限のコマンドプロンプトを開くために、検索ボックスに「CMD」を入力します。表示された結果でコマンドプロンプトを右クリックし、そして管理者として実行します。

システム状態のバックアップを実行するために、次のWbadminコマンド構文を入力できます:

wbadmin start systemstatebackup -backuptarget:X: -quiet

Systemstate

このコマンドでXをシステム状態のバックアップイメージを保存するパーティションのドライブ文字に置き換える必要があります。一般的に-quietパラメータが必要ではありません。でも、バックアップを開始する前にYを押してこの操作を確認するプロンプトを表示させたくない場合、このパラメータが含まれたことを確認してください。例えば、システム状態をE:ドライブにバックアップするために次のコマンドを使用できます:

wbadmin start systemstatebackup -backuptarget:E:

システム状態のバックアップコマンドはWindows Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2/2016だけに適用できます。Windows 10/8/7システム状態をバックアップしたい場合、Wbadmin start backupコマンドを使用できます。例えば、システムドライブを含む全ての重要なボリュームをD:ドライブにバックアップするために、次のコマンドを使用できます: Wbadmin start backup -backupTarget:D: -allcritical -include:C: -quiet

Wbadminでシステム状態をバックアップするのはとても便利です。システムがクラッシュする時、それはいかにも役立ちます。しかし、システム状態のバックアップはNTFSでフォーマットされたボリュームだけにバックアップできます。時にはそれが理解しにくいエラーメッセージで失敗しました。この状況で他の方法を試してコマンドラインからバックアップを作成したいかもしれません。

コマンドラインからシステムをバックアップする他の方法

AOMEI Backupper ServerはWindows Server OS向けのバックアップおよび復元の専門ツールです。それはグラフィカルユーザインタフェース(GUI)またはコマンドプロンプトからシステムバックアップを作成できます。AOMEI Backupperを使用してコマンドラインからシステムバックアップを作成します:

1. このソフトウェアをダウンロードしてインストールします。

2. 管理者権限で管理者権限のコマンドプロンプトを開きます。

3. AOMEI Backupper Serverのインストールディレクトリのパスを入力してEnterを押します。一般的にこのパスは「cd C:\Program Files (x86)\AOMEI Backupper」です。

AB Command

4. AOMEI Backupperの正しいコマンドを入力してEnterを押します。例えば、システムバックアップをF:ドライブ上の「システムバックアップ」フォルダに作成する時、次のコマンドを使用します:

AMBackup.exe /b new /t system /d “f:\system backup”

バックアップファイルを「システムバックアップ」として命名したい場合、次のコマンドを実行できます: AMBackup.exe /b new /t system /d “f: \system backup” /n “system backup”

System Backup

バックアップを構成する時、AOMEI Backupperはより多いオプションを提供するし、より効率的に実行できます。AOMEI Backupperを使用するとstart systemstatebackupより多いタイプのバックアップを作成できます。ファイルエクスプローラが検出できるパスにフル/増分/差分タスクでスケジュールされたバックアップを沢山作成できます。ディスクスペースの管理を有効にして前のバックアップを自動的に削除できます。また、Serverは機能しない時、AOMEI PXEやブータブルメディアを介してそれを楽に復元できます。コマンドラインに精通していないユーザーのためにAOMEI Backupperは直感的なインターフェースを提供します。

AOMEI Backupper