見逃せない3つのSSDシステムバックアップ方法

3つのSSDのOSをバックアップする方法を学びます。新しいSSDで全ての初期化設定をうまく完成したら、バックアップを取る必要があります。

バックアップを欠かせない

オペレーティングシステムとよく利用するアプリケーションをSSDにインストールした後、予期しない問題が発生した場合に備えて、OSバックアップを作成することを強くお勧めします。ご存知のように、ウイルス攻撃、誤って削除、ハードウェア障害などの多くの事態がデータ損失を引き起こしかねません。システムをバックアップしておけば、Windowsとプログラムを再インストールする時間を費やしなく、全てのものをすぐに回復させられます。

SSDバックアップのソリューション

SSDのミラーリングを作成します

RAID 1はSSDのミラーリングのように、二本のディスクに同じデータを同時に書き込みすることで障害に強いです。一本のディスクに障害が発生してもデータが損失しくてシステムが正常に動作します。必要となるものはもう一本のHDDまたはSSDだけです。ただし、プライマリディスクのSSDのサイズに超えることです。

RAID 1

SSDに発生した変更は同時にもう一つのディスクに書き込まれたから、RAID 1は確かに最も万全な安全対策ですが、別のハードウェアが必要し、一度に2つのディスクにデータの書き込みを行うので速度がやや低下します。もちろん、データの安全を非常に注意する人はこの方法をとるのは当然のことです。

システムドライブをクローンします

OSのクローニングを作成してもいいアイディアです。SSDに故障があったら、クローンしたディスクで取り替えて回復できます。SSDをクローンするため、とても使いやすくて無料のAOMEI Backupper Standardを利用することをお勧めします。

SSDをクローンする前、HDD、SSDや外付けHDDなどをクローン先としてパソコンに接続します。

1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードしてインストールし、開きます。クローンディスククローンをクリックします。

ディスククローン

2. ディスクのセルにクリックしてソースディスクターゲットディスク指定します。

ソースディスクとターゲットディスクを指定します

3. 開始をクリックしてクローニングを実行します。

クローンを開始します

ディスククローンはSSDのOSをバックアップするのに迅速かつ便利です。しかし、増分バックアップのようなものはありません。SSD上のデータを編集した場合は、改めてクローンを作成する必要があります。クローン作成プロセスの途中でクローンが失敗した場合、バックアップは全く完成しないこともあります。従って、OSのバックアップイメージを作成することが最善の方法です。

バックアップイメージを作成します

SSDのシステムパーティションをバックアップして、バックアップイメージファイルを他のディスク、NAS、クラウドストレージと外付けドライブに保存できます。Windows内蔵のバックアップと復元ツールまたはサードパーティ製のソフトウェアを使ってバックアップできます。Windowsは現時点でまだファイルレベルのバックアップしか実行できません。バックアップイメージの圧縮も対応していないし、最も不便なのは、NTFSのパーティションのみをバックアップできます

ちょっと使いにくくて、自分の必要に合わないでしょう。無料のバックアップソフトウェアAOMEI Backupper Standardを試してやろう。ほとんどのファイルシステムを対応し、異なる圧縮レベルも選べます。セクター単位のバックアップですから、安全かつ快速です。

AOMEI Backupper Standardを使ってSSDのシステムパーティションをバックアップします:

1. このフリーウェアをダウンロードします。パソコンにインストールしてから開きます。バックアップシステムバックアップをクリックします。一つのパーティションしかない場合はディスクバックアップをクリックします。

システムバックアップ

2. システムバックアップを行う時に、完全なシステム復元に必要なパーティションが自動に認識され、指定されました。「2」をクリックしてイメージを保存する場所を指定します。

バックアップターゲット

3. 自動バックアップの必要があれば、スケジュールをクリックして設定し、増分バックアップと差分バックアップのオプションもあります。オプションをクリックして、圧縮など設定できます。最後に、開始をクリックして、バックアップを実行します。

オプション

バックアップが完了したら、USBフラッシュドライブでブータブルメディアを作成するほうがいいです。システムを起動できない場合でもこのブータブルメディアでシステムを復元できます。