Windows 7のシステムイメージをVirtualboxに復元/移動する

Windows 7のシステムイメージをVitualboxに移動することについて

通常、Vitualboxはある特別な環境でオペレーティングシステムを実行するために使用されます。Vitualboxの場合、ユーザーはWindows 7のイメージをVitualboxにバックアップしてから、システムイメージを同じVitualboxに復元することができます。しかし、この記事ではWindows 7システムイメージをVitualboxに移動することは、任意のパソコンからWindows 7システムイメージを作成し、システムイメージをVitualboxに復元することを意味します。Windowsの内蔵ツールによる復元とは異なります。

Windows 7のシステムイメージをVitualboxに復元する 方法

上記のように、配置が異なるため、Windows 7のシステムイメージを1台のコンピュータからVitualboxに移動することはできません。幸いなことに、AOMEI Backupper StandardはAOMEI会社から開発された無料のサードパーティ製ソフトウェアです。このツールには、ユーザーがWindows 7システムイメージを別のハードウェアに復元できるユニバーサル復元と呼ばれる新機能があります。

このツールの[ユニバーサル復元]機能を使用してVitualbox上の現在のシステムをWindows 7またはより高級のシステムにアップグレードすると、お金を節約できます。 一方、ハードウェアの故障、間違った操作または磨耗によって、Vitualbox上のハードディスクが損傷した場合は、古いディスクを新しいものに代わった後、Windows 7システムの再インストールを心配する必要はありません。なぜなら、[ユニバーサル復元]で新しいハードウェアにシステムイメージを復元できるからです。

VitualboxにWindows 7のシステムイメージを復元するための詳細手順

その前:

  • 事前にシステムイメージを作成し、イメージファイルが保存される場所を知ってください。
  • この操作の前に、Vitualboxを開く必要があります。AOMEI Backupper StandardはVituralを起動する方法を2つ提供し、一つはブータブルメディアブートで、もう一つはPXE ブートです。二つ以上のVitualboxesがある場合は、PXEブートをおすすめします。

ステップ1:ブータブルメディアを使用してVitualboxを開きます。

ステップ2:開いた後で、[復元]をクリックしてパスをクリックしてシステムイメージファイルを見つけます 。

ステップ3:ポップアップウィンドウでは、保存先からイメージファイルを見つけます。

ステップ4:バックアップポイントを選択して、[次へ]をクリックし続けます。

Restore System Image

ステップ5:システムイメージファイルを復元するために、宛先ディスクを選択し、[次へ]をクリックします 。

Select Disk

ステップ6:[開始]をクリックし、[ユニバーサル復元]を開始します。

Windows7のシステムイメージをVitualboxに移動する機能の以外に、AOMEI Backupper Standardはパーティションクローン、ファイルバックアップ、ディスククローン などの機能も提供します。