BIOSベースのシステムの復元ポイントをUEFIベースのコンピューターに復元します

UEFIとBIOSについて

UEFIモードとBIOSモードは今コンピューターが使用している2つの異なるファームウェアです。最近のハードウェアはデフォルトでUEFIモードを使用して起動します。それはBIOSベースのシステムがインストールされることを防ぎます。UEFIモードを使用する場合、システムはGPT(GUIDパーティションテーブル)パーティションスタイルのディスクにインストールされないといけません。BIOSである場合、MBR(マスターブートレコード)パーティションスタイルが必要です。バックアップされたシステムを別のコンピューターに復元したいユーザーにとって、この2つの起動モードを混ぜることがダメです。一部のUEFIベースのPCはBIOS互換モードでWindowsを実行する能力を備えます。それは、UEFIベースのコンピューターにBIOSベースのシステムの回復ポイントを復元することを許可します。

UEFIコンピューターにBIOSベースのバックアップを復元する通常の方法

UEFIベースのコンピューターはレガシーモードで起動できる場合、以下の手順に従って、BIOSからUEFIのコンピューターへWindowsインストールを復元または移動できます。

1. BIOSベースのコンピューターのベアメタルバックアップを作成し、Windowsインストールディスクまたはリカバリーディスクを準備します。

2. GPTディスクをMBRディスクに変換します。

3. レガシーブートモードを有効にします。システムをレガシーモードで起動する方法について、メーカーのサポートを参照できます。

4. インストールディスクまたはリカバリーディスクを挿入して、ベアメタルのシステム復元を実行します。

これは正常に他のコンピューターにWindowsインストールを移動できますが、UEFIブートとGPTディスクの利点を失っています。2TBを超える宛先ディスクの容量は使用できなくなります。もし、この方法はとても面倒だと思い、あるいはUEFIの利点を諦めない場合、他のよりシンプルな方法を試すことができます。

BIOSベースのバックアップからUEFIのコンピューターへ復元する高度な方法

AOMEI Backupper StandardはWindows 10/8.1/8/7のためにデザインされた無料バックアップソフトウェアです。それはMBRディスクからGPTディスクへ、GPTディスクからMBRディスクへシステムを簡単に復元できます。同時に、バックアップを受けた宛先ディスクは起動可能に保つことを保証できます。パーティションスタイルを変換したり、ブートモードを変更したりする必要がないので、それは便利です。更に、UEFIの利点を保持できます。例えば、より速い起動、安全な起動、 マルチキャスト展開です。復元を開始する前に、システムはUEFIブートコンピューターでサポートされることを確認してください。

UEFIコンピューターにBIOSベースのシステムバックアップを復元します:

1. AOMEI Backupperをダウンロードして、それでブータブルメディアおよびシステムバックアップを作成します。

2. ブータブルメディアを使用して、UEFIコンピューターを起動します。一方で、作成されたシステムバックアップはターゲットコンピューターによってアクセスできることを保証します。

Backupper

3. 「復元」タブをクリックします。パスをクリックして、イメージバックアップファイルを選択します。

パス

4. バックアップを受けるパーティションを選択します。復元が始まると、選択されたパーティション上のデータがすべて削除されることに注意してください。

宛先選択

5. 「ユニバーサル復元を有効にする」がチェックされることを確認してください。「開始」をクリックして、復元を実行します。

開始

AOMEI Backupperを使用して、異なるファームウェアを持っている他のコンピューターにシステムを移動するために、UEFIベースのコンピューターにBIOSベースのシステム回復ポイントを復元する必要がありません。システムクローンも使用できます。