HP PC-Windows 10 リカバリメディア(ディスク)の作成方法

Windows 10が搭載されたHPパソコンに再インストールまたは復元を実行して、以前の状態に戻すため、リカバリメディア作成を作成する必要があります。この記事では、Windows 10にHPリカバリディスクを作成する方法を紹介します。

リカバリディスクについて

リカバリメディアには、リカバリCD、DVD、またはUSBドライブが含まれます。 HPリカバリメディアは、問題が発生した場合にコンピュータを起動するために使用されます。また、重大なエラーからWindowsを回復したり、システムイメージからコンピュータを復元するためのWindowsシステム回復ツールが含まれています。これで、HPリカバリメディアの重要性が分かりました。次に、USB/CD/DVDにHPリカバリメディアを作成する方法は?

Windows 10にHPリカバリディスクを作成する方法

Windows 10でHPリカバリメディアを作成するには、3つの方法があります。これは、お勧めしたいものです。例としてUSBでHPリカバリメディアを作成します。以下の詳細な手順をご覧ください:

方法 1: HP リカバリマネージャでHPリカバリメディアを作成する

1. USBドライブをコンピュータに接続します。HP リカバリマネージャを検索して開きます。

2. リカバリマネージャで、「リカバリメディアの作成」をクリックします。

3. 1組のリカバリメディアしか作成できないという通知が表示されたら「同意する」をクリックし、「続行」をクリックします。

4. リカバリメディアとして「USBフラッシュドライブ」を選択し、「続行」をクリックします。画面の指示に従って作成プロセスを完了します。

ヒント:

  • HPリカバリソフトウェアでは、リカバリバックアップを1回だけ作成できます。以前に一連のリカバリディスクを作成していた場合は、USBドライブにシステムイメージを作成することはできません。

  • USBフラッシュドライブはデータを格納するのに十分な大きさである必要がありますが、32GBを超えないようにしてください。Windows 8と互換性のあるブランドとしてはなりません。

方法 2: WindowsツールでHPリカバリメディアを作成する

Windows 10のリカバリドライブは、組み込みツールでも簡単に作成できます。

1. USBドライブをコンピュータに接続します。検索ボックスに「リカバリドライブ」と入力し、表示された結果から「リカバリドライブを作成する」を選択します。

2. ポップアウトウィンドウで、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」オプションにチェックを入れ、「次へ」を押します。

リカバリドライブを作成

3. 準備したUSBフラッシュドライブを選択し、「次へ」をクリックして続行します。

ドライブを選択

ヒント:HPリカバリパーティションをコピーするには16 GBを超えるスペースが必要なため、大容量のUSBドライブを準備する必要があります。

4. 次の画面で、「作成」をクリックしてリカバリドライブの作成を開始します。

作成を開始

方法 3: 使いやすいフリーでHPリカバリメディアを作成する

一部の人は、HP Recovery Managerの制限により、1組のリカバリメディアしか作成できないということに不満を抱いています。さらに、Windows 10でリカバリドライブを作成できないことがあるユーザーもいます。Windows 10でHPリカバリメディアを作成する優れたソリューションはありますか?

使いやすい、無料のバックアップと復元ソフト--AOMEI Backupper Standardがリカバリメディアを作成することができます。他には、システムバックアップ、ディスクバックアップ、ファイルバックアップなど、複数のバックアップを作成することもできます。深刻なエラーのためにコンピュータの起動に失敗した場合は、起動可能なメディアから起動し、AOMEI Backupperが作成したバックアップからコンピュータを復元することができます。以下のガイダンスに従って、USBでHPリカバリメディアを作成してください。

手順 1. AOMEI Backupperをダウンロード、インストール、起動します。「ユーティリティ」の「ブータブルメーディアの作成」を選択します。

ブータブルメーディアの作成

手順 2. 左ペインの「バックアップ」をクリックし、「システムバックアップ」を選択して、起動可能なUSB上のシステムをバックアップします。

システムバックアップ

手順 3. 必要なシステムパーティションは、デフォルトで選択されています。バックアップファイルを格納する目標パスとしてUSBドライブを選択します。

目標パス

手順 4. 操作を確認し、「開始」をクリックします。

開始

ヒント:システムバックアップの代わりにシステムクローンを実行する場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。

まとめ

Windows 10でのHPリカバリメディア作成の3つの効率的な方法を紹介しました。これらの方法でもWindows 8でHPリカバリディスクを作成できます。AOMEI Backupperは、USBでHPリカバリメディアを作成するだけでなく、PS4を外付けHDDにバックアップ>し、新しいコンピュータにクローンを修正するのにも役立ちます。このツールを手に入れよう!